シルバーバーチの霊訓 4巻

Pocket

—–

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻
※当時の僕が記述したコメントがそのまま掲載されています。とても削除し切れませんのでその部分は読み流して下さい(祈)†

シルバーバーチの霊訓 4巻

シルバーバーチに捧げる詩 シルビア・バーバネル
まえがき(編者)
1章 絶対不変の摂理
2章 苦の哲学
3章 再生の原理
4章 シルバーバーチ霊団の使命
5章 死んだらどうなるか
6章 潜在意識の機能
7章 霊媒を励ます
8章 質問に答える
9章 宗教の本質と子供の宗教教育のあり方
10章 シルバーバーチの祈り
解説(訳者) 霊的教訓と心霊現象

—–


2章 苦の哲学

『シルバーバーチの霊訓④』
摂理であるが故に摂理であるところのもの―永遠の心すなわち神の働きであるが故にこれまで絶え間なく機能し、これからも絶え間なく機能し続けるところの摂理の存在を指摘しているのです。その摂理に則って生きれば内にも外にも調和と安らぎが得られます。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―逆らって生きれば内にも外にも不和と混沌が生じます。あなた方人間は霊的存在です。これは誰もがいつの日か直面する事になる厳粛な事実です。が、“いつの日か”ではなく“今すぐに”認めて、これから先の何十年ものムダな困難を省いた方がどれだけ賢明でしょうか。

『シルバーバーチの霊訓④』
神は無限なる愛です。そしてこの全宇宙のいかなる出来事も神の認知なしに生じる事はありません。全ての苦はそれが魂の琴線に触れる事によって自動的に報いをもたらし、それが宇宙の“より高い”“より深い”実相について“より大きな悟り”を得させる事になるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上の人類はまだ痛みと苦しみ、困難と苦難の意義を理解しておりません。が、そうしたもの全てが霊的進化の道程で大切な役割を果たしているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
過去を振り返ってごらんなさい。往々にして最大の危機に直面した時、最大の難問に遭遇した時、人生で最も暗かった時期がより大きな悟りへの踏み台になっている事を発見されるはずです。

『シルバーバーチの霊訓④』
いつも日向で暮らし、不幸も心配も悩みもなく、困難が生じても自動的に解決されてあなたには何の影響も及ぼさず、通る道に石ころ一つ転がっておらず、征服すべきものが何一つないようでは、あなたは少しも進歩しません。

『シルバーバーチの霊訓④』
向上進化は困難と正面から取り組み、それを一つ一つ克服していく中にこそ得られるのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
一つ一つの体験があなたの人生模様を織りなしています。あなた方はとかく一時の出来事でもって永遠を裁こうとされます。つまり目先の矛盾撞着にとらわれ、人生全体を通して神の叡智の糸が織りなされている事を理解しません。

『シルバーバーチの霊訓④』
調和を基調とするこの大宇宙の中であなた方一人一人が神の計画の推進に貢献しております。人生での出来事―時には辛く絶望的であり時には悲劇的であったりしますが―その一つ一つがこれから辿りゆく道のために魂を鍛える役割を果たしているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
光と闇、日向と陰、こうしたものは唯一絶対の実在の反映にすぎません。陰なくして光はなく、光なくして陰はありません。人生の困難は魂が向上していくための階段です。困難、障害、不利な条件、これらみな魂の試練なのです。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それを一つ克服した時、魂は一層充実し向上して一段と強くそして純粋になってまいります。一体無限の可能性を秘めた魂の潜在力が、困難も苦痛もなく、陰もなく悲しみもなく、苦難も悲劇も体験せずに発揮されると思われますか。もちろん思われないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
人生の喜び、楽しい笑いの味は、人生の辛酸をなめつくして始めて分ります。なぜなら深く沈んだだけ、それだけ高く上がれるからです。地上生活の陰を体験するほど、それだけ日向の喜びを味わう事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
体験の全てが霊的進化の肥やしです。そのうちあなた方も肉体の束縛から解放されて曇りのない目で地上生活を振り返る時がまいります。そうすれば紆余曲折した一見とりとめのない出来事の絡み合いの中で、一つ一つがちゃんとした意味を持ち、あなたの魂を目覚めさせ、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―その可能性を引き出す上で意義があった事を、つぶさに理解されるはずです。地上のいかなる体験も、それに正しく対処し正しく理解すれば、人間の魂にとって必ずやプラスになるものをもっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
いったい何の困難も、何の試練も、何のトラブルも、何の苦痛も、何の悩みもない世界を想像できるでしょうか。そこにはもはや向上進化の可能性がない事になります。克服すべきものが何もない事になります。ただ朽ち果てるのみです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【こうして厳しい生き方を説きながらも他方では慰めの教説も忘れない。最近ご主人を失ったばかりの婦人にこう語って聞かせた―】あなたもそのうち物的な繋がりよりも霊的な繋がりの方が大きい事を理解し始める事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
ご主人はこの世にいた時よりも遥かにあなたにとって身近な存在となっておられます。地上人類が肉体的存在の消滅を大変な不幸として受止めるのは、地上世界の進化が物的バイブレーションの段階を超えていないからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
その段階を超えて進化すれば、物質というものがただの殻にすぎない事を理解するようになります。それを実在であるかに思い込むのは地上が影の世界だからです。霊的に向上していくと光とその光によって生じる影との区別ができるようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上的縁には拘束力はありません。霊的な縁こそ永遠に続くものです。ぜひ銘記して頂きたいのは、あなた自身にとって大変な悲しい出来事のように思える事も実は他の大勢の人たちのためにあなたを役立てようとする計画の一端である事がある、という事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなただけの個人的な見地からのみ眺めてはいけません。その体験を通じて大勢の人々の魂が鼓舞される事になれば、それがひいてはあなた自身の魂の成長を促す事になります。そしてあなた自身がこちらへお出でになりご主人と再会された時にも、それが大きな拠り所となります。

『シルバーバーチの霊訓④』
“死んだ人”はあなたのもとを去ってしまうのではなく死というドアを通り抜けて新しい生活へ入っていくだけです。その人たちにとって死は大きな解放です。決して苦しいものではありません。彼らにとって唯一の辛さは地上に残した人々が自分の事で嘆き悲しんでいる事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
いくら順調に進化していても、地上にいる限りは相変らず霊的なバイブレーションより物的バイブレーションの方が感応しやすいものです。縁故のある霊がすぐ身のまわりにいます。肉体に宿っていた時よりも一段と親近度を増しているのですが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―人間の方は鈍重なバイブレーションにしか反応しないために、すぐ近くにいても、その高いバイブレーションに感応しないだけです。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方は今この時点において立派に霊魂なのです。物的世界での教訓を身につけるために地上にやってきているところです。時としてそれが辛い教訓となる事がありますが、それはそれなりに価値ある事ではないでしょうか。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
皆さんはなぜ物的な出来事をもって永遠を判断しようとなさるのでしょう。皆さんは空の広さは計れません。地球の大きさすら計れません。なのにわずかな地上生活でもって永遠を計ろうとなさいます。

『シルバーバーチの霊訓④』
主人を失い、失意のあまり自殺まで考えた婦人が質問を寄せ、それがシルバーバーチに読んで聞かされた。―自らの行為によってそちらの世界へ行く事は許されるでしょうか。例えば最愛の伴侶を奪われた人の場合です。【シルバーバーチ霊】許されません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―あくまでも摂理に従って寿命を完うしなければなりません。神の摂理は常にその働きが完璧だからです。完全な愛によって、つまり全存在に宿り全存在を通じて働いている神の意思によって支配されているからです。その摂理の働きに干渉する権利は誰にもありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
もし干渉して与えられた寿命を自らの手で切り上げるような事をすれば、それに対する代償を支払わされます。例えばリンゴを熟さないうちにもぎ取れば、リンゴの美味しさは味わえません。それと同じで、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―霊的に熟さないうちに無理やり次の世界へ行くような事をすると地上での悲しく苦しい期間よりも永い期間に亘って辛い体験を支払わされる事になります。おまけにせっかく一緒になりたいと思った愛する人にも会えなくなります。摂理に背いた行為が一種の溝を拵えるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
このシルバーバーチの回答がサイクック・ニューズ紙に掲載されたのを読んだ婦人が次のような礼状を寄せてきた。―質問にお答えくださった事への私の感謝の気持をシルバーバーチ霊にお伝え頂けるものかどうか存じませんが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―もしお伝え頂けるのでしたら“残された者”の質問にこんなに明快に早く回答してくださった事に対する私の感謝の気持をお伝えください。そしてこうもお伝えください―お言葉に大変失望致しましたが、お訓えを信じ神からお呼びが掛るまで“生き続ける”覚悟を決めましたと。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】回復の見込みのない患者を死なせる特権を法律によって医師に与えるべきだという考えをどう思われますか。【シルバーバーチ霊】私は全ての生命は神のものと申上げております。肉体が滅び霊が解き放たれる時が来れば、自然の摂理でそうなります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】物的手段を講じて永生きさせる事は正しいとお考えでしょうか。【シルバーバーチ霊】はい。【問】たとえ永生きさせる事が苦しみまで永びかせる事になってもですか。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―【シルバーバーチ霊】そうです。ただこの問題に関して一つお忘れになっている事があります。霊は、肉体を去るべき時が至れば必ず去るもので、地上にはその理法を変える手段はないという事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】不治の患者を人為的に死なせた場合、それは死後その患者の霊にさらに苦痛をもたらしますか。【シルバーバーチ霊】それはありませんが死後に備えのできていない霊に一種のショックを与える事になり、そのショックが何かと良からぬ影響をもたらします。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―自然に死ねば必要でなかったはずの手間をかけて埋合せをしなければならなくなります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】医師にも寿命を永びかせる力がありますか。【シルバーバーチ霊】医師が肉体を生き続けさせようと努力なさる、それは結構ですが、霊にはその肉体を去るべき時というものがあり、その時が至れば地上の医師には為すべき手段はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】という事は生命を維持させようといくら医師が努力しても無駄という事でしょうか。【シルバーバーチ霊】そういう事です。もしあなたのおっしゃる通り医師に生命を維持させる力があるとすれば、なぜ最後はみんな死んでいくのでしょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】でも少しの間だけでも永生きさせてあげる事はできます。【シルバーバーチ霊】患者がその処置に反応すればの話です。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―たとえば酸素吸入ができます。しかしそれもある程度までの事でしょう。霊が私たちの世界へ来るべき準備が整ったら最期、医師に為す術がありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】もし寿命が定まっていて霊的に準備が整った状態で死ぬなら、なぜ平均寿命が延びているのですか。【シルバーバーチ霊】人類が進化しているからです。肉体的な事が霊的な事を決定づけるのではなく、霊的な事が肉体的な事を決定づけるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】産児制限をどう思われますか。【シルバーバーチ霊】人間には正しい事と間違った事とを見分ける道義的判断力と、それを選択する自由意志とが与えられております。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―つまるところ動機(意図、魂胆)の問題です。何のために?これを自らの良心に問いかけるのです。一度ならず何度でも問いかけてみるのです。その結果として選択したもの、それが何より大切です。他の事はどうでもよろしい。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】でも生命の誕生を阻止する事は神の摂理に反するのではないでしょうか。【シルバーバーチ霊】どうしても地上に誕生すべき宿命をもった霊は避妊しない夫婦を選んで誕生してきます。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―因果律は絶対です。一対の夫婦にとって新しい生命が誕生する事が進化のためのプランに組み込まれておれば、それを阻止する事はできません。本人(夫婦)自らがそれを要望するようになるものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】生まれてくる事になっていれば夫婦の方でそれを望むようになるという事でしょうか。【シルバーバーチ霊】そうです。その夫婦の進化の程度が新しい生命の誕生による影響を必要とする段階に達したという事もあるでしょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】当然それは“より高い”進化を意味する訳ですね。【シルバーバーチ霊】いえ必ずしも高いとは言えません。必ずしも低いとも言えません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―中には肉体的快楽だけを求めてその結果(妊娠)は避けようとする者もいますので、この種の人間は別に扱わなくてはいけません。むろん私はそうした生き方は感心しません。その意図が同じく利己的で程度が低いからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】でもそれがもし生まれてくる子供にとって不幸だという考えからだったらどうでしょうか(育児が面倒という事)【シルバーバーチ霊】それが動機という事になりませんか。何事も動機に帰着します。摂理をごまかす事はできません。摂理は各自の魂に入力されております―

『シルバーバーチの霊訓④』
―そしてあらゆる行為、思想、観念、願望が細大もらさず魂のオーラに印象づけられていきます。霊の目をもって見ればその全てが一目瞭然です。地上生活での行為がいかなる意図のもとに為されたかが明確に知れます。あなた方の魂は霊の目の前では裸も同然です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】霊は妊娠中のどの時期に宿るのでしょうか【シルバーバーチ霊】異議を唱える方が多い事と思いますが、私は精子と卵子が合体して、ミニチュアの形にせよ霊が機能するための媒体を提供した時、その時が地上生活の出発点であると申上げます。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】遺伝的に精神病を抱えた人の人生が、その肉体的欠陥のために地上体験から教訓が得られないという意味で無意味であるとした場合、その病気の遺伝を防ぐ目的で断種をするという考えをどう思われますか。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―【シルバーバーチ霊】私には、そして全宇宙のいかなる存在もみなそうですが、生命の法則を変える力はありません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―一個の魂が物質界に誕生する事になっている時は、それを阻止しようといかに努力しても、必ず誕生してきます。なぜかとお聞きになる事でしょう。そこで私は再生の事実の存在を説くのです。それが理由です。

↑トップへ↑

—–


3章 再生の原理

※文中に当時の僕のコメントが挿入されていますが、削除するのが面倒ですので(汗)ご参考までにそのまま掲載させて頂きます。

『シルバーバーチの霊訓④』
【“再生”―生まれ変わり―はスピリチュアリストの間でも論議の的となっている問題で、とかく意見が食い違う事がある。シルバーバーチはこれを全面的に肯定するスピリットの一人であるが、ただ従来の輪廻転生説に見られる機械的な生の繰返しではなく、】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―【進化のための“埋合せ”を目的とし、しかも生れ変るのは同一霊の別の意識層であるとする。次がその質問である―】【意識が部分的に分かれて機能する事が可能なのでしょうか―】“今のあなた”という意識とは別に同じく“あなた”といえる大きな意識体があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
それのホンの一部(分霊)が今地上という物質界で“そのあなた”を通じて表現されている訳です。そしてあなたの他にも同じ意識体を構成する分霊が別の世界で表現されております。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(訳者注―ここでいう“意識体”は次の質問に対する答の中に出てくる“内奥の霊的実在”と同じで、これを浅野和三郎氏に倣って“中心霊”と訳しておく)【個々が独立しているのでしょうか―】いいえ独立はしていません。あなたも他の分霊も一個の中心霊の側面です。

『シルバーバーチの霊訓④』
つまり全体を構成する一部であり、それぞれが様々な媒体を通して自我を表現しており、時おりその分霊同士が合体する事もあります。合体した事に互いが気づかない事もありますが、それは表現しはじめて間もない頃(霊的な幼児期)に限られます。

『シルバーバーチの霊訓④』
そのうち共通の合流点を見出して最終的には全体として一つに再統一されます(マイヤースはその部分的存在を“類魂(グループソウル)”と呼んでいる―訳者)【その分霊同士が地上で会っていながらそうと気づかない事があるのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―中心霊を一つの大きな円として想像して下さい。その円を構成する分霊が離れ離れなって中心核の周りを回転しています。

『シルバーバーチの霊訓④』
時おり分霊同士が会ってお互いが共通の円の中にいる事を認識し合います。そのうち回転しなくなり、各分霊がそれぞれの場を得て再びもとの円が完成されます。

皆さん、何よりも大切な霊的知識を得ましょう。因果律の働きを理解しましょう。こういう地上生活を送ったら霊界に行ってこういう状況になる、という事を得心していれば…自分勝手・無責任な生活を送っていると下層界へ落ちて悲惨な状況になると知っていれば、絶対に日常生活を律するはずなんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【二つの分霊が連絡し合う事ができますか―】必要があればできます。【二つの分霊が同時に地上に誕生する事がありますか―】ありません。全体の目的に反する事だからです。個々の意識であらゆる界層での体験を得るという事が本来の目的です。

『シルバーバーチの霊訓④』
同じ界層へもう一度戻る事があるのは、それなりに成就すべき(埋合せをすべき)事が残っている場合に限られます。【個々の意識は自らの進化に自らが責任を負い、他の分霊の体験による恩恵は受けないというのは本当ですか―】その通りです。

『シルバーバーチの霊訓④』
個々の霊は一つの中心霊の構成分子であり様々な形態で自我を表現している訳です。進化するにつれて小我が大我を意識していきます。(訳者注―マイヤースは“類魂”の説明の中で他の仲間の体験を自分のものとする事ができると述べている。ここでシルバーバーチは、)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(それを否定するかのような事を述べているが、マイヤースが喜怒哀楽を中心とした“体験”を言っているのに対し、シルバーバーチは例によって“因果律”の観点から述べているのであり、たとえ同じ類魂同士とはいえ、)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(他の仲間の苦難の体験によって罪業が中和されたりする事はないという意味に解釈すべきである)【そうして進化のある一点においてそれらの小我が一体となる訳ですね―】(理屈では)そうです。無限の時を経ての事ですが…。

『シルバーバーチの霊訓④』
【個々の小我の地上への誕生は一回きり、つまり大我としては再生の概念は当てはまっても小我には再生はないという事で正しいですか―】それは成就する目的如何に関わる問題です。同じ小我が二、三度再生する事があります。ただしそれは特殊な使命のある場合に限られます。

霊的知識の抜粋をご覧の方々、感謝です。僕の事はどうでもいいので本を手にしましょう。地上生活中に僕たちが学ばなければいけない大切な事があるからです。霊関連書籍はたくさんありますが、まずはシルバーバーチからスタートするのが一番いいと思います。どんな物よりも大切な知識を得ましょう(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【一つの意識体の個々の部分というのはどういうものですか―】これは説明の難しい問題です。あなた方には“生きている”という事の本当の意味が理解できないからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
実はあなた方にとっての生命は実質的には最も下等な形態で顕現しているのです。そのあなた方には生命の実体、あなた方に思いつく事のできるもの全てを超越した意識をもって生きる、その言語を絶した生命の実情はとても想像できないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
宗教家が豁然大悟したといい、芸術家が最高のインスピレーションに触れたといい、詩人が恍惚たる喜悦に浸ったといっても、私たち霊界の者から見ればそれは実在のかすかなカゲを見たにすぎません。

『シルバーバーチの霊訓④』
鈍重なる物質によってその表現が制限されているあなた方に、その真実の相、生命の実相が理解できない以上、意識とは何か、なぜ自分を意識できるのか、といった問いにどうして答えられましょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
私の苦労を察してください。譬えるものがあればどんなにか楽でしょうが、地上にはそれが無い。あなた方にはせいぜい光と影、日向と日陰の比較ぐらいしかできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
虹の色は確かに美しい。ですが地上の言語で説明できないほどの美しい霊界の色彩を虹に譬えてみても、美しいものだという観念は伝えられても、その本当の美しさは理解してもらえないのです。

皆さん、本を読みましょう。知識を得ましょう。無知の暗闇を突き破りましょう。僕たちは大切な事を悟るために地上という修行場に降下して来ているのです。霊界こそ僕たちの本来の住処であり、地上は霊界の光によってできた影にすぎません。どうか、どうか皆さんにも霊的知識を得て頂きたいのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生は自発的なものでしょうか、それとも果たすべき目的があってやむを得ず再生するのでしょうか―】そのいずれの場合もあります。【という事は、つまりは強制的という事ですね―】強制的という言葉の意味が問題です。

『シルバーバーチの霊訓④』
誰かに再生しろと命令されるのであれば強制的と言ってもいいでしょうが、別にそういう命令が下る訳ではありません。ただ地上で学ばねばならない教訓、果たすべき仕事、償うべき前世での過ち、施すべきでありながら施さなかった親切、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―こうしたものを明確に自覚するようになり、今こそ実行するのが自分にとっての最良の道だと判断するのです。【死後は愛の絆のある者同士が生活をともにすると聞いておりますが、愛する者が再生していったら残ったものとの間はどうなるのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―別に問題はありません。物的な尺度で物事を考えるからそれが問題であるかに思えてくるのです。何度も言っている事ですが、地上で見せる個性は個体全体からすればホンの一部分にすぎません。私はそれを大きなダイヤモンドに譬えています。

『シルバーバーチの霊訓④』
一つのダイヤモンドには幾つかの面がありそのうちの幾つかが地上に誕生し、確かに一時的な隔絶が生じます。つまりダイヤモンドの一面と他の面との間に物質という壁ができて一時的な分離状態になる事は確かですが、愛の絆のあるところにそんな別れは問題ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊魂は一体どこから来るのですか。どこかに魂の貯蔵庫のようなものがあるのでしょうか。地上では近頃産児制限が叫ばれていますが、作ろうと思えば子供はいくらでも作れます。でもその場合、魂はどこから来るのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―あなたのご質問には誤解があるようです。あなた方人間が霊魂を拵えるのではありません。人間がする事は霊魂が自我を表現するための器官を提供する事だけです。生命の根源である“霊”は無限です。無限なるものに個性はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
その一部が個体としての表現期間を得て地上に現れる。その表現器官を提供するのが人間の役目です。霊は永遠の存在ですからあなたも個体に宿る以前からずっと存在していた訳です。しかし個性を具えた存在、つまり個体としては受胎の瞬間から存在を得る事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊界には既に地上生活を体験した人間が大勢おり、その中にはもう一度地上へ行って果たさねばならない責任、やり直さねばならない用事、達成せねばならない仕事といったものを抱えている者が沢山います。その目的の為のチャンスを与えてくれる最適の身体を求めているのです。

僕が頻繁に浴させて頂いてる霊的現象は、法悦状態・霊聴・幽体離脱・インスピレーションで、僕は霊視能力は殆ど無いようです。離脱中に様々な方とお会いして霊界でのコミュニケーション方法も知る事ができました。思念対思念の直接的会話は瞬間的で美しいです。皆さんにも知って頂きたいです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【人間の霊も原始的段階から徐々に進化してきたものと思っていましたが…―】そうではありません。それは身体については言えますが霊は無始無終です。【古い霊魂と新しい霊魂との本質的な違いはどこにありますか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―本質的な違いは年輪の差でしょう。当然の事ながら古い霊魂は新しい霊魂より年上という事です。【類魂の一つ一つを中心霊の徳性の表現とみてもいいでしょうか―】それは全く違います。

『シルバーバーチの霊訓④』
どうも、こうした問にお答えするのはまるで生まれつき目の不自由な方に晴天の日のあの青く澄み切った空の美しさを説明するようなもので、譬えるものがないのですから困ります。【それはマイヤースの言う類魂と同じものですか―】全く同じものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
ただし単なる霊魂の寄せ集めとは違います。大きな意識体を構成する集団で、その全体の進化のために各自が体験を求めて物質界にやってくるのです。【その意識の本体に戻った時、各霊は個性を失ってしまうのではなかろうかと思われるのですが…】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―川が大海へ注ぎ込んだ時、その川の水は存在が消えてしまうのでしょうか。オーケストラが完全なハーモニーで演奏している時、たとえばバイオリンの音は消えてしまうのでしょうか。【なぜ霊界の方から再生の決定的な証拠を提供してくれないのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―霊言という手段によっても説明のしようのない問題に証拠などが有得るでしょうか。意識に受入れ態勢が整い、再生が摂理である事が明確になってはじめて事実として認識されるのです。再生はないと言う者が私の世界にもいるのはそのためです。

『シルバーバーチの霊訓④』
まだその事実を悟れる段階にまで達していないからそう言うにすぎません。宗教家がその神秘的体験をビジネスマンに語ってもしょうがないでしょう。芸術家がインスピレーションの体験話を芸術的センスのない人に聞かせてどうなります。意識の段階が違うのです。

僕が頻繁に浴させて頂いてる霊的現象のひとつ『法悦状態』これはものすんごいのです。高レベルの法悦の霊力に全身が包まれてる時に、八ヶ岳をスピードハイクしてた時があったのですが、はっきり言って身体が半分浮いてるような感じでした。鼻がキィィンって!身体がフワァァって!なるんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生するという事が自分で分るのでしょうか―】魂そのものは本能的に自覚します。しかし知的に意識するとは限りません。神の分霊であるところの魂は永遠の時の流れの中で一歩一歩、徐々に表現を求めています。

『シルバーバーチの霊訓④』
が、どの段階でどう表現してもその分量は僅かであり、表現されない部分が大半を占めています。【では無意識のまま再生するのでしょうか―】それも霊的進化の程度次第です。ちゃんと意識している霊もいれば意識しない霊もいます。

『シルバーバーチの霊訓④』
魂が自覚していても知覚的には意識しないまま再生する霊もいます。これは生命の神秘中の神秘に触れた問題で、とてもあなた方の言語では説明しかねます。

『シルバーバーチの霊訓④』
【生命がそのように変化と進歩を伴ったものであり、生まれ変わりが事実だとすると、霊界へ行っても必ずしも会いたい人に会えない事になり、地上で約束した天国での再会が果たせない事になりませんか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―愛は必ず成就されます。なぜなら愛こそ宇宙最大のエネルギーだからです。愛は必ず愛する者を引寄せ、また愛する者を探し当てます。愛する者同志を永久に引き裂く事はできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【でも再生を繰返せば互いに別れ別れの連続という事になりませんか。これでは天上の幸せの観念と一致しないように思うのですが―】一致しないのはあなたの天上の幸せの観念と私の天上の幸せの観念の方でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
宇宙及びその法則は神がこしらえたのであって、その子供であるあなた方がこしらえるのではありません。賢明なる人間は新しい事実を前にすると自己の考えを改めます。自己の考えに一致させるために事実を曲げようとしてみても所詮は徒労に終る事を知っているからです。

現在僕は『勘違いモード』禁止令を永遠発動中です。この意味は、現在僕が浴させて頂いている霊的状況があまりにも僕の身に余る光栄な事ばかりなので、それにのぼせ上がり自惚れて『勘違いモード』に突入しないようにしよう、常に最大級に謙虚の姿勢を貫こう、そういう意味が込められてます(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【これまで何回も地上生活を体験している事が事実だとすると、もう少しは“ましな”人間であってもいいと思うのですが…】物質界にあっても聖人は聖人ですし最下等の人間はいつまでも最下等のままです。体験を積めば即成長という訳にはいかず、要は魂の進化の問題です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【これからも無限に苦難の道が続くのでしょうか―】そうです。無限に続きます。なんとなれば苦難の試練を経てはじめて神性が開発されるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
ちょうど金塊がハンマーで砕かれ磨きをかけられて始めてその輝きを見せるように、神性も苦難の試練を受けて始めて強く逞しい輝きを見せるのです。【そうなると死後に天国があるという事が意味がないのではないでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
今日あなたには天国のように思える事が明日は天国とは思えなくなるものです。というのは真の幸福というものは今より少しでも高いものを目指して努力するところにあるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生する時は前世と同じ国に生まれるのでしょうか。たとえばインディアンはインディアンに、イギリス人はイギリス人に、という具合に―】そうとは限りません。目指している目的のために最も適当と思われる国、民族を選びます。

『シルバーバーチの霊訓④』
【男性か女性かの選択も同じですか―】同じです。必ずしも前世と同じ性に生まれるとは限りません。

シルバーバーチ霊が多大な犠牲を払って地上人類にもたらしてくれた“ダイヤモンドの輝き”に譬えられる珠玉の霊的真理。僕たちはその美しい霊言の数々に触れる事で、大切な知識を得るチャンスを与えて頂いたのです。人類の宝とも言える霊界通信の書籍は、すぐ手の届くところにあるのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【死後、霊界に行ってから地上生活の償いをさせられますが、さらに地上に再生してからまた同じ罪の償いをさせられるというのは本当ですか。神は同じ罪に対して二度も罰を与えるのですか―】償うとか罰するとかの問題ではなくて、要は進化の問題です。

『シルバーバーチの霊訓④』
つまり学ぶべき教訓が残されているという事であり、魂の教育と向上という一連の鎖の欠けている部分を補うという事です。生まれ変わるという事は必ずしも罪の償いのためとは限りません。欠けているギャップを埋める目的で再生する場合がよくあります。

『シルバーバーチの霊訓④』
もちろん償いをする場合もあり、前世で学ぶべきでありながらそれを果たせなかった事をもう一度学びに行くという場合もあります。罪の償いとばかり考えてはいけません。ましてや二度も罰せられるという事は決してありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
神の摂理を知れば、その完璧さに驚かされるはずです。決して片手落ちという事がないのです。完璧なのです。神そのものが完全だからです。【自分は地上生活を何回経験している、という事をはっきりと知っている霊がいますか―】います。

『シルバーバーチの霊訓④』
それが分るようになる段階まで成長すれば自然に分るようになります。光に耐えられるようになるまでは光を見る事ができないのと同じです。名前を幾つか挙げても結構ですがそれでは何の証拠にもなりません。何度も言ってきましたように再生の事実は説くだけで十分なはずです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私は神の摂理について私なりに理解した事実を述べているだけです。知っている通りを述べているのです。私の言う事に得心がいかない人がいてもそれは一向に構いません。私はあるがままの事実を述べているだけですから。

『シルバーバーチの霊訓④』
人が受入れないからといって、別に構いません。私と同じだけの年数を生きられたら、その人もきっと考えが変わる事でしょう。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「私の霊界紀行 驚異の幽体離脱体験記」です☆著者が離脱にて訪れた様々な界層について紹介されてます。著者の指導霊が離脱中の著者にイタズラするシーンなどが紹介されている部分もあって、単純に読み物としてもおもしろいと思います☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生問題は問題が多いからそれを避けて死後の存続という事だけに関心の的を絞るという考えは如何でしょう―】闇の中にいるよりは光の中にいる方がよろしい。無知のままでいるよりは摂理を少しでも多く知った方がよろしい。

『シルバーバーチの霊訓④』
何もしないでじっとしているよりは真面目に根気よく真理の探究に励む方がよろしい。向上を目指して奮闘するのが良いに決まっています。死後存続の事実は真理探究の終着駅ではありません。そこから始まるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
自分が神の分霊である事、それ故に何の苦も無く何の変化も無く“死”の関門を通過できるという事実を理解した時、それで全てがおしまいになるのではありません。そこから本当の意味で“生きる”という事が始まるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【新しい霊魂はどこから来るのですか―】その質問は表現の仕方に問題があります。霊魂はどこから来るというものではありません。霊としてはずっと存在していたしこれからも永遠に存在します。生命の根源であり、生命力そのものであり、神そのものなのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
聖書でも“神は霊なり”と言っております。ですからその質問を、個性を与えた霊魂はどこから来るのか、という意味に解釈するならば、それは受胎の瞬間に神の分霊が地上で個体としての表現を開始するのだ、とお答えしましょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
【という事は我々は神という全体の一部だという事ですか―】その通りです。だからこそあなた方は常に神とつながっていると言えるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなたという存在は決して切り捨てられる事は有得ないし、消される事も有得ないし、破門されるなどという事も有得ません。生命の根源である神とは切ろうにも切れない、絶対的な関係にあります。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「迷える霊との対話」です。この本は分厚いです(汗)しかし最高に考えさせられる内容です。霊的知識を持たず自分が地縛霊になっている事に気づいていない数多くの下層界のスピリットが登場します。僕たちはこうなってはいけないのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【でもそれ以前にも個体としての生活はあったのでしょう―】これまた用語の意味がやっかいです。あなたのおっしゃるのは受胎の瞬間から表現を開始した霊魂はそれ以前にも個体としての生活があったのではないか、という意味でしょうか。

『シルバーバーチの霊訓④』
その意味でしたらそれはよくある事です。但し、それはいま地上で表現し始めた個性と同じではありません。霊は無限です。無限を理解するには大変な時間を要します。

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生するに際して過ちのないように指導監督する官庁のようなものが存在するのでしょうか―】こうした問題は全て自然法則の働きによって解決されます。再生すべき人は自分でそう決心するのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
つまり意識が拡大し、今度再生したらこれだけの生長が得られるという事が分るようになり、それで再生を決意するのです。再生専門の機関や霊団がいる訳ではありません。全て魂自身が決めるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生するごとに進歩するのでしょうか。時には登りかけていた階段を踏み外して一番下まで落ちる事もあるのでしょうか―】全ての生命、特に霊的は生命に関する限り、常に進歩的です。今は根源的な霊性についてのみ述べています。それが一番大切だからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
いったん神の摂理に関する知識を獲得したら、それを実践するごとに霊性が生長し、進歩します。進歩は永遠に続きます。なぜなら完全なる霊性を成就するには永遠の時間を要するからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【先天性心臓疾患の子や知能障害児は地上生活を送っても何の教訓も得られないと言う人がいます。我々スピリチュアリストはこうした難しい事は神を信じていずれは真相を理解する時が来ると信じている訳ですが、疑い深い人間を説得するいい方法はないものでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―疑い深い人間につける薬はありません。何でも疑ってかかる人は自分が納得するまで疑ってかかればよろしい。納得すればその時初めて疑いが消えるでしょう。私は神学者ではありません。宗教論争で勝った負けたと言い争っている御仁とは違います。全ては悟りの問題です。

『シルバーバーチの霊訓④』
悟りが開ければ生命の神秘の理解がいきます。最も全てを悟る事はできません。全てを悟れるほどの人なら地上には来ないでしょう。地上は学校と同じで少しずつ勉強し知識を身につけるうちに徐々に霊性が目覚めていきます。すると更に次の段階の真理を理解する力がつく訳です。

『シルバーバーチの霊訓④』
それが人生の究極の目的なのです。激論し合ったり論争を求められたりするのは私はごめんこうむります。

『シルバーバーチの霊訓④』
私はただこれまで自分が知り得た限りの真理を説いて教えてさしあげるだけです。お聞きになられてそれはちょっと信じられないとおっしゃれば“そうですか。それは残念ですね”と申上げる他はありません。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「母と子の心霊教室」です☆この本は子供達に向けて書かれた書籍で非常に分りやすく、霊的知識に初めて触れる方にぴったり☆僕はこの本は小学校の教科書にすべきだと本気で思ってます。早く霊的知識が当り前になる時代が来るといいですね(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊に幾つかの側面がありそのうちの一つが地上に生まれ、残りは他の世界で生活する事も有り得るという風におっしゃいましたが、もう少し詳しく説明して頂けませんか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―私たち霊界の者は地上の言語を超越した事柄を、至ってお粗末な記号に過ぎない地上の言語でもって説明しなくてはならない宿命を背負っております。言語は地上的なものであり霊はそれを超越したものです。その超越したものをどうして地上的用語で説明できましょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
これは言語学でいう意味論の重大な問題でもあります。私に言わせれば霊とあなた方のいう神God、私のいう大霊Great Spirit、の一部分です。あなた方に理解のいく用語で表現しようにもこれ以上の言い方はできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
生命力Life Force、動力Dynamic、活力Vitality、本質Real Essence、神性Divinity、それが霊です。仮に私が“あなたはどなたですか”と尋ねたらどう答えますか。

『シルバーバーチの霊訓④』
“私は○○と申す者です”などと名前を教えてくれてもあなたがどんな方かは皆目分りません。個性があり、判断力をもち、思考力を具え、愛を知り、そして地上の人間的体験を織りなす数々の情緒を表現する事の出来る人―それがあなたでありあなたという霊です。

『シルバーバーチの霊訓④』
その霊があるからこそ肉体も地上生活を営めるのです。霊が引っ込めば肉体は死にます。霊そのものに名前はありません。神性を具えているが故に無限の可能性をもっています。無限ですから無限の表現も可能な訳です。その霊に幾つかの面があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
それを私はダイヤモンドに譬える訳です。それぞれの面が違った時期に地上に誕生して他の面の進化のために体験を求めるのです。もし二人の人間が格別相性がいい場合(滅多に無い事ですが)それは同じダイヤモンドの二つの面が同時期に地上に誕生したという事が考えられます。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうなると当然二人の間に完全なる親和性がある訳です。調和のとれた全体の中の二つの部分なのですから。これは再生の問題に発展していきます。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「スピリチュアリズムの真髄」です。この本は超超超上級者向けです。シルバーバーチ等を相当読み込んで基本レベルを突破してからでないと何が書いてあるのかさっぱり理解できないかも知れません。霊的知識に精通した自信のある方向けの本です(祈)

イエス様と対で顕現して下さった後白河天皇(陛下とお呼びすればよいでしょうか)の書籍到着。ダヴィンチ先生のとき同様、地上において入手できるデータは頭に叩き込んでおかないと失礼に当たりますのでしっかりと熟読させて頂きます。日本の歴史上の偉人の方に協力して頂けて最高に光栄です(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【あなたがダイヤモンドに譬えておられるその“類魂”についてもう少し説明して頂けませんか。それは家族関係のグループですか、同じ霊格を具えた霊の集団ですか、それとも同じ趣味をもつ霊の集まりですか。あるいはもっと他の種類のグループですか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―質問者がファミリーという言葉を文字通りに解釈しておられるとしたら、つまり血縁関係のある者の集団と考えておられるとすれば、私のいう類魂はそれとは全く異なります。肉体上の結婚に起因する地上的姻戚関係は必ずしも死後も続くとは限りません。

『シルバーバーチの霊訓④』
そもそも霊的関係というものはその最も崇高なものが親和性に起因するのであり、その次に血縁関係に起因するものが来ます。地上的血縁関係は永遠なる霊的原理に基くものではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
類魂というのは、人間性に関わった部分に限って言えば霊的血縁関係とも言うべきものに起因した霊によって構成されております。同じダイヤモンドを形作っている面々ですから、自動的に引き合い引かれ合って一体となっているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
その大きなダイヤモンド全体の進化のために個々の面々が地上に誕生する事は有得る事ですし現にどんどん誕生しております。【我々個々の人間は一つの大きな霊の一分子という事ですか―】そう言っても構いませんが、問題は用語の解釈です。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的には確かに一体ですが個々の霊はあくまでも個性を具えた存在です。その個々の霊が一体となって自我を失ってしまう事はありません。【では今ここに類魂の一団がいるとして、個々の霊が何百万年かの後に完全に進化しきって一個の霊になってしまう事は考えられませんか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―そういう事は有得ません。なぜなら進化の道程は永遠であり終りがないからです。完全というものは絶対に達成されません。一歩進めば更にその先に進むべき段階が開けます。聖書に、己れを忘れる者ほど己れを見出す、という言葉があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
これは個的存在の神秘を説いているのです。つまり進化すればするほど“個性的存在”が強くなり、一方“個人的存在”は薄れていくという事です。おわかりですか。

『シルバーバーチの霊訓④』
“個人的存在”というのは地上的生活において他の存在と区別するための特殊な表現形式を言うのであり“個性的存在”というのは霊魂に具わっている神的属性の表現形式を言うのです。進化するにつれて“利己性”が薄れ、一方“個性”はますます発揮されていく訳です。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「スピリチュアル・ストーリーズ」これは霊界の存在を当り前のものとして書かれた初めての児童向け童話です。僕はこの本、最高に大好きです。美しすぎるのです。この本を読むたび、センナちゃんもきっとこんな幼少期だったのだろうと思うのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【“双子霊”Twin Soulsというのはどういう場合ですか―】双子霊というのは一つの霊の半分ずつが同時に地上に生を享けた場合の事です。自分と同じ親和性をもった霊魂、いわゆるアフィニティAffinity、は宇宙にたくさんいるのですが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それが同じ時期に同じ天体に生を享けるとは限りません。双子霊のようにお互いが相補い合う関係にある霊同士が地上でめぐり合うという幸運に浴した場合は、まさに地上天国を達成する事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的に双子なのですから霊的進化の程度も同じで、従ってその後も手に手を取り合って生長していきます。私が時おり“あなたたちはアフィニティですね”と申上げる事がありますが、その場合がそれです。【双子霊でも片方が先に他界すれば別れ別れになる訳でしょう】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―肉体的にはその通りです。しかしそれもホンの束の間の事です。肝心なのは二人が霊的に一体関係にあるという事ですから、物質的な事情や出来事がその一体関係に決定的な影響を及ぼす事はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかも束の間とはいえ地上での何年かの一緒の生活は、霊界で一体となった時と同じく素晴らしい輝きに満ちた幸福を味わいます。【物質界に誕生する霊としない霊がいるのはなぜですか―】霊界の上層部、つまり神庁には一度も物質界に降りた事のない存在がいます。

『シルバーバーチの霊訓④』
その種の霊にはそれなりの宇宙での役割があるのです。物質器官を通しての表現を体験しなくても生長進化を遂げる事ができるのです。当初から高級界に所属している神霊であり、時としてその中から特殊な使命を帯びて地上に降りてくる事があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
歴史上の偉大なる霊的指導者の中には、そうした神霊の生まれ変わりである場合が幾つかあります。

「ペットは死後も生きている」ぜひこの書籍を手にとって“肉食”という食習慣について考えて頂きたいのです。そもそも僕達人間の身体は肉食動物として出来ておらず、植物食のみで全然普通に暮らしていけるよう出来てるのです。食肉用に“屠殺”された動物たちの霊界での様子を知って頂きたいです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【大きな業(カルマ)を背負って生まれてきた人間が何かのキッカケで愛と奉仕の生活に入った場合、その業がいっぺんに消えるという事は有得ますか―】自然法則の根本はあくまでも原因と結果の法則、つまり因果律です。

『シルバーバーチの霊訓④』
業もその法則の働きの中で消されていくのであって、途中の過程を飛び越えていっぺんに消える事はありません。原因があれば必ずそれ相当の結果が生じ、その結果の中に次の結果を生出す原因が宿されている訳で、これはほとんど機械的に作動します。

『シルバーバーチの霊訓④』
ある人が急に愛と奉仕の生活に入ったとすればそれはそれなりに業の消滅に寄与するでしょう。しかしいっぺんにという訳には行きません。愛と奉仕の生活を積み重ねていくうちに徐々に消えていき、やがて完全に消滅します。業という借金をすっかり返済した事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【戦争、事故、疾病等で何万もの人間が死亡した場合も業だったと考えるべきですか。もって生まれた寿命よりも早く死ぬ事はないのでしょうか。戦争は避けられないのでしょうか。もし避けられないとするとそれは国家的な業という事になるのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―業というのは詰まるところ因果律の事です。善因善果、悪因悪果というのも大自然の因果律の一部です。その働きには何者といえども介入を許されません。これは神の公正の証として神が用意した手段の一つです。もし介入が許されるとしたら神の公正は根底から崩れます。

『シルバーバーチの霊訓④』
因果律というのは行為者にそれ相当の報酬を与えるという趣旨であり多すぎる事もなく少なすぎる事もないよう配慮されています。それは当然個人だけでなく個人の集まりである国家についても当てはまります。

『シルバーバーチの霊訓④』
次に寿命についてですが寿命は本来、魂そのものが決定するものです。しかし個人には自由意志があり、また諸々の事情によって寿命を伸び縮みさせる事も不可能ではありません。戦争が不可避かとの問ですが、これはあなた方人間自身が解決すべき事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
自由意志によって勝手な事をしながら、その報酬は受けたくないというようなムシのいい話は許されません。戦争をするもしないも人間の自由です。がもし戦争の道を選んだら、それをモノサシとして責任問題が生じます。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「ベールの彼方の生活 1巻~4巻」です。人間全員が100%暮らす事になる次の生活の場、霊界における様々な界層での生活の様子を言語で説明できる限りトコトン紹介した書籍です。地上生活中に絶対に知っておくべき知識の宝庫なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【寿命は魂そのものが決定するとおっしゃいましたが全ての人間に当てはまる事でしょうか。たとえば幼児などはどうなるのでしょう。判断力や知識、教養などが具わっていないと思うのですが…】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―この世に再生する前の判断力と、再生してからの肉体器官を通じての判断力とでは大きな差があります。もちろん再生してからの方が肉体器官の機能の限界のために大きな制限を受けます。しかし大半の人間は地上で辿るべき道程について再生前からあらかじめ承知しています。

『シルバーバーチの霊訓④』
【地上で辿るべきコースが分っているとすると、その結果得られる成果についても分っているという事ですか―】その通りです。【そうなると前もって分っているものをわざわざ体験しに再生する事になりますが、そこにどんな意義があるのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―地上に再生する目的は、地上生活から戻って来て霊界で行うべき仕事があって、それを行うだけの霊的資格(実力)をつける事にあります。前もって分ったからといって霊的進化にとって必要な体験を身につけた事にはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
たとえば世界中の書物を全部読む事は出来てもその読書によって得た知識は体験によって強化されなければ身についたとは言えますまい。霊的生長というのは実際に物事を体験しそれにどう対処するかによって決まります。その辺に地上への再生の全目的があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【航空機事故などの惨事は犠牲者及びその親族が業を消すためなのだから前もって計画されているという考えは私にはまだ得心がいきませんが…】ご質問はいろいろな問題を含んであります。まず“計画されている”という言い方はよくありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
そういう言い方をするとまるで故意に計画的に惨事を引起こしているように聞こえます。全ての事故は因果律によって起こるべくして起きているのです。その犠牲者―用語が気に入りませんが取敢えずそう呼んでおきます―の問題ですがこれには別の見方がある事を知って下さい。

『シルバーバーチの霊訓④』
つまりあなたがたにとって死は確かに恐るべき事でしょう。が私たち霊界の者にとってはある意味で喜ぶべき出来事なのです。赤ちゃんが誕生すればあなた方は喜びますが霊界では泣き悲しんでいる人がいるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
反対に死んだ人は肉体の束縛から解放されたのですから、こちらは大喜びでお迎えしています。次に、これはあなた方には真相を理解する事は困難ですが、宿命というものが宇宙の大機構の中で重大な要素を占めているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
これは運命と自由意志という相反する二つの要素が絡み合った複雑な問題ですが二つとも真実です。つまり運命づけられた一定の枠の中で自由意志が許されている訳です。説明の難しい問題ですが、そう言い表すほかにいい方法が思い当たりません。

【イエスの少年時代 貧窮の中の小さな王者】【イエスの成年時代 神と人間のはざまで】【イエスの弟子達 パウロ回心の前後】この3冊はぜひ皆さんにも手にとって頂きたいです。こんな僕に何度も何度も顕現して下さっているイエス様の壮絶な地上時代が通信霊によって克明に記述されているのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【事故が予知できるのはなぜでしょう―】その人が一時的に三次元の物的感覚から脱して、ホンの瞬間ですが時間の本来の流れをキャッチするからです。大切な事は、本来時間というのは“永遠なる現在”だという事です。この事をよく理解してください。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間が現在と過去とを区別するのは地上という三次元の世界の特殊事情に起因するのであって、時間には本来過去も未来もないのです。三次元の障壁から脱して本来の時間に接した時、あなたにとって未来になる事が今現在において知る事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
最もそうやって未来を予知する事が当人にとってどういう意味をもつかは、これはまた別問題です。単に物的感覚の延長に過ぎない透視、透聴の類の心霊的能力(サイキック)によっても予知できますし、霊視・霊聴の類の霊感(スピリチュアル)によっても知る事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
サイキックとスピリチュアルは同じではありません。いわゆるESP(Extra Sensory Perception 超感覚的知覚)は人間の霊性には何の関わりもなく単なる五感の延長にすぎない事があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【占星術というのがありますが誕生日が人の生涯を支配するものでしょうか―】およそ生命あるものは生命をもつが故に何らかの放射を行っております。生命は常に表現を求めて活動するものです。その表現は昨今の用語で言えば波長とか振動によって行われます。

『シルバーバーチの霊訓④』
宇宙間の全ての存在が互いに影響し合っているのです。雷雨にも放射活動があり、人体にも何らかの影響を及ぼします。言うまでもなく太陽は光と熱を放射し地上の生命を育てます。木々も永年にわたって蓄えたエネルギーを放射しております。

『シルバーバーチの霊訓④』
要するに大自然全てが常に何らかのエネルギーを放射しております。従って当然他の惑星からの影響も受けます。

『シルバーバーチの霊訓④』
それはもちろん物的エネルギーですから肉体にも影響を及ぼします。しかしいかなるエネルギーもいかなる放射性物質も、霊魂にまで直接影響を及ぼす事はありません。影響するとすればそれは肉体が受けた影響が間接的に魂にまで及ぶという程度にすぎません。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「レッドマンのこころ」です。これを読んでインディアンの方々が超トレイルランナーだと知りました☆超人的体力で山野を爆走、馬も追いつけないほど足が強靭☆しょぼいトレイルランナーの僕にとってインディアンの方々は憧れの的なのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【今の質問者が言っているのは例えば二月一日に生まれた人間はみんな同じような影響を受けるのかという意味だと思うのですが…】そんな事は絶対にありません。なぜなら霊魂は物質に優るものだからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
肉体がいかなる物的影響下におかれても宿っている霊にとって征服できないものはありません。最もその時の条件にもよりますが。いずれにせよ肉体に関する限り全ての赤ん坊は進化の過程の一部として特殊な肉体的性格を背負って生まれてきます。

『シルバーバーチの霊訓④』
それは胎児として母胎に宿った日や地上に出た誕生日によっていささかも影響を受けるものではありません。しかしそうした肉体的性格や環境の如何にかかわらず人間はあくまでも霊魂なのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊魂は無限の可能性を秘めているのです。その霊魂の本来の力を発揮しさえすれば如何なる環境も克服し得ない事はありません。最も残念ながら大半の人間は物的条件によって霊魂の方が右往左往させられておりますが…。

『シルバーバーチの霊訓④』
【これから先の事はどの程度まで運命づけられているのでしょうか。それは自分の行いや心掛けによってどの程度まで変えられるのでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓④』
“なあブルータスよ。俺達がうだつが上がらんのは星のせいじゃない。俺達自身が悪いのさ(シェークスピア)”“門がいかに狭かろうがいかなる逆境が運命の巻物に記されていようと私は平気だ。なぜなら運命の主人公は私だからだ。私が魂の指揮者なのだ(W・E・ヘンリー)”

『シルバーバーチの霊訓④』
【この二つの詩文を引用してシルバーバーチはこう続けた―】惑星は物的存在です。それぞれに放射物を出しバイブレーションを発しております。しかしあなた方は物的存在であると同時に霊的存在です。内部には物的なものから受ける影響の全てを克服する力を具えております。

『シルバーバーチの霊訓④』
未来は過去が生んでいきます。自分の行為を思念によって創り出していくのです。大自然の法則については既にお話しました。その一つに因果律があります。自分が蒔いたタネは自分が刈り取るという法則です。ある花のタネを蒔けばその種の花が咲きそれ以外の花は咲きません。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方の未来も同じです。過去と現在によって決定されるのです。外部から与えられる罰ではありません。自分でこしらえていくのです。これから先どうなるのだろう―こうした不安の念を抱くという事それ自体が、それを本当に実現させる手助けをしている事になります。

“妖精”を扱った書籍もあります☆【妖精物語 実在する妖精世界】【妖精世界 霊視した妖精の姿】【妖精 妖精写真は物語る】の3冊です☆個人的に【妖精世界】の巻末に掲載されている「生命の進化」という図があるのですが、この図はすんごい図だと思います。全生命が繋がってると分ります(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【出席者がしきりに“災害”とか“悲劇”とかの言葉を使って語り合っているのを聞いていてこう述べた―】物的な側面だけを見つめてはいけません。物的尺度で無限なるものを計る事はできません。その事を常に念頭において物事を判断してください。

『シルバーバーチの霊訓④』
物的な目だけで見れば地上は不公平だらけです。しかし悪業に対する懲罰があるように善行に対する報酬も必ずあります。霊的な天秤はいつかは平衡を取戻すようになっているのです。地上生活は永遠なる生命のごく短い一時期にすぎません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間にとって悲劇に思える事が私どもにとって有難い事である場合があります。人間が有難がっている事が私どもにとって困った事である場合があります。人間は私たちから見てどうでもいい事、あるいは霊的に何の価値もないものを大切にしすぎます。

『シルバーバーチの霊訓④』
財産、この世的な富、権力、支配への欲望です。強欲と貪欲によって動かされている人間が多すぎます。【さらに霊的進化について聞かれて―】霊に関わる分野において進歩が容易に得られる事は有得ません。もし容易であれば成就する価値がない事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的進化は最も成就しがたいものです一歩一歩の向上が鍛練と努力と献身と自己滅却と忠誠心によってようやく克ち得られるものだからです。霊的褒章を手に入れるには奮闘努力がいるのです。もし簡単に手に入るものであれば価値は無い事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
価値が出るのは入手が困難だからです。それはいつまでも終る事のない道程です。霊的進化に終局というものはありません。水平線のようなものです。近づくほどに遠ざかっていきます。

シルバーバーチ霊だけでなく“ホワイトイーグル霊”も地上に珠玉の霊的知識をもたらしてくれています☆【ホワイト・イーグル霊言集】【霊性進化の道 ホワイト・イーグルの霊示】【天使と妖精 ホワイト・イーグルの霊示】の3冊です。僕たちが地上生活中に知るべき大切な知識の宝庫なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
それと同じで学べば学ぶほど更に学ぶべきものがある事を知ります。進歩は知識や真理や叡智と同じく限界というものがありません。ここまでという区切りがないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
一段よりも二段が上、二段よりも三段が上、三段よりも四段が上あるに決まっていますが、いずれもそこまでの到達度を示しているにすぎません。一段一段が人生の目的、真実、人生の拠って立つ永遠の原理をそれだけ多く理解したという指標で、その理解と共に調和が訪れます。

『シルバーバーチの霊訓④』
成就は調和を生みます。宇宙を支配する霊力を身につけるごとにそれだけその根源との調和が深まります。生活が豊かさを増します。本当の価値の識別力が身につきます。その識別力が正しく働くようになります。選択の優先順位がきちんと決められるようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
何が最も大切かが分るようになります。他の人たちが必死に追い求めるものがあほらしく思えるようになります。この世的な富への執着がすっかり無くなった時、霊の宝がいささかも色褪せる事なく傷つく事なく常に本来の純粋素朴な美しさを見せるものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私は物質面での進歩についてあれこれ申上げる立場にありませんが物的進歩にもそれなりの役割があります。身体にとって必須のものを無視する事は私どもの教えに反します。

『シルバーバーチの霊訓④』
身体がその正しい成長にとって必須のものをきちんと得ていないと霊も正しく機能を発揮する事ができません。大切なのは身体と精神と霊の調和です。この三者が一体となって機能し、その結果として健康と幸福と冷静さと自信と決断力と安らぎが得られるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的な事にばかり気を奪われて身体上の事をおろそかにする事は、身体の事にばかり気を奪われて霊的な事をなおざりにするのと同じく間違っております。心の修養にばかりこだわって他の側面を忘れるのもまた間違っております。

世界心霊宝典、全5巻【霊訓】【不滅への道(永遠の大道)】【スピリチュアリズムの真髄】【ジャック・ウェバーの霊現象】【人間個性を超えて(個人的存在の彼方)】これらも超オススメです☆が悲しいかな、絶版が多いです(涙)でも僕は古書で全巻揃え全部読みました☆人類の宝なのです(祈)

↑トップへ↑

—–


4章 シルバーバーチ霊団の使命

『シルバーバーチの霊訓④』
【自分自身についての単純・素朴な真理―これを本当に理解している人が何と少ない事であろう。ところがその自分みずからを知らない人間がとかく他人の事については、あたかも深い洞察力をもっている人間であるかのような口を利くものである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【曰く―“あいつも、もうそろそろ気づいてもよさそうなものだが…”“いつになったら目が覚めるのだろう”“あの人がもし側から見られるように自分で自分を見つめる事ができたら、さぞかし…”等々。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【他人についての単純な真理を表現したこうした言葉はよく耳にするが、それを口にする本人も自分自身についてはとかく何も知らないものである。こうした中にあって古来、その霊性の高さと説教の崇高さにおいて際立ったものを見せる存在がいる。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【人間それ自身についての彼らの説くところには永遠の真実味がある。ソクラテスがそれであり、イエスがそれであり、そしてシルバーバーチがそれである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【ロンドンの霊媒(バーバネル)の言語機能を借りて語る、三千年前に地上を去ったという古代霊シルバーバーチは、交霊現象にまつわるあらゆる障壁を乗りこえて、しかも稀にみる言語感覚の冴えをさりげなく発揮しながら、こう語る。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
私にできる事は永遠・不変の原理・原則を指摘する事だけです。地上世界の事が全て探求し尽され、説明し尽され、理解され尽した後に、なおかつ誰一人として完全に究める事も説明する事も出来ない永遠の摂理があります。それは構想においても適用性においても無限です。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間の全てが日々決断を迫られる問題に直面した時に自分が霊的存在である事、大切なのは物的なもの―それなりに存在意義はあっても―でなくて、それがあなたの本性、永遠の霊的本性に与える霊的な意義である事を自覚できるようになればどれだけ素晴らしい事でしょう。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「母と子の心霊教室」です☆この本は子供達に向けて書かれた書籍で非常に分りやすく、霊的知識に初めて触れる方にぴったり☆僕はこの本は小学校の教科書にすべきだと本気で思ってます。早く霊的知識が当り前になる時代が来るといいですね(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
物的なものはいずれ朽ち果て元のチリに帰ります。野心、欲望、富の蓄積、こうしたものは何の役にも立ちません。所詮はあなた方も霊的存在なのです。真の富はその本性に宿されているものだけであって、それ以上では有得ませんし、それ以下でも有得ません。

『シルバーバーチの霊訓④』
その事を生涯を通じて悟っていかなくてはいけません。それを悟った時、あなたは真の自分を見出した事になり、自分を見出したという事は神を見出したという事になり、そうなった時のあなたこそ真の意味での賢者と言えるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私の目には、あれこれと“大事な事”があって毎日あっちへ走りこっちへ走りして、忙しく暮しながらその実“一番大切な事”を見落し、なおざりにしているために心が絶望的でヤケになっている大勢の人々の姿が見えます。

『シルバーバーチの霊訓④』
この辺りに私どもが説く教えの核心があるのです。その人たちが日々の生活の中に生きる喜び―神の子として当然味わうべき充足感を見出してくれるようにと願って霊界から舞い戻ってくるそもそもの目的がそこにある事が判って頂けるでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓④』
それはいわゆる宗教、信条、教義といったものより大切です。人類を分裂させ戦争と混沌と騒乱の原因となってきた、その類のもののいずれにもまして大切です。が、それは自分という存在についての(霊的存在であるという)至って単純な事実にすぎないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
なのにそれを悟っているのはごく僅かな人たちだけで大多数の人は知らずにおります。【こうした霊的啓示を我々は“たまたま”良い霊媒がいたから得られた、気紛れで無計画なものと受止めがちである。―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【がシルバーバーチがこれから明かすように、その背後では幾重にも組織された霊団によって遠大な計画の下に推進されている※訳者注―シルバーバーチに限って言えば霊媒のバーバネルが誕生する以前から計画を立て英語の習得や心霊現象の研究と準備を重ねてきたというが―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【同じ事が各国・各民族において太古よりそれ独自の形で推進されて来ており、これから先には本格的なものが計画されている事であろう。地上人類は言わばケンカ遊びから学ぶ幼児期を終えて、やっと本格的な霊的真理を学ぶ時代に入りつつある―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【そんな程度の段階にあるのではなかろうか。シルバーバーチはこう語っている―】私たち霊団の使命はれっきとした目的ないし意義をもつ証拠を提供し、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それによって心霊的法則というものが存在する事を立証する一方、生きる喜びと霊的教訓を授けるという事です。物理的法則を超えた別の次元の存在を証明するだけでなく、霊についての真理を啓示するという事です。

スピリチュアリズム発祥の地、英国では現在スピリチュアリズムの活動が衰退の一途を辿っているそうです。そしてシルバーバーチが完訳されてるのは英語圏以外では日本だけだそうです。皆さん、日本からだって僕たちが地上生活中に知るべき大切な霊的知識の種を蒔きまくってやろうじゃありませんか(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
そうした使命をもつ私たちには真っ向から立向かわねばならない巨大な虚偽の組織が存在します。過去幾世紀にも亘って積み重ねられてきた誤りを改めなければなりません。人間が勝手に拵えた教義を基盤として築き上げられてきた虚飾の大機構を解体しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちの努力は常に、物質界の神の子等にいかにして魂の自由を見出し、いかにして霊的真理の陽光を浴び、いかにして教義の奴隷となっている状態から抜け出せるかをお教えする事に向けられております。これは容易な仕事ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜなら一たん宗教という名の足枷をはめられたが最期、迷信という名の厚い壁を突き破って霊的真理が浸透するには永い永い年月を要するからです。私たちは霊的真理の宗教的意義をたゆまず説き続けます。

『シルバーバーチの霊訓④』
その霊的な重要性に目覚めれば、戦争と流血による革命より遥かに強烈な革命が地上世界にもたらされるからです。それは魂の革命です。その暁には世界中の人々が受けて当り前のもの―霊的存在としての様々な自由を満喫する権利を我が物とする事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちが忠誠を捧げるのは教義でもなく書物でもなく教会でもありません。宇宙の大霊すなわち神とその永遠不変の摂理です。いずれ地上世界に強力な霊の力が注がれます。世界各地において霊的勢力の働きかけが認識されるようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
これまで蔓延ってきた利己主義と無知に歯止めをかけるための大きな仕事があるからです。それはいつか必ず成就されます。がその途中の段階においては大きな産みの苦しみを味わわなくてはならないでしょう。その仕事を支援せんとして霊界から大勢の霊が馳せ参じております。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方の顔見知りの人、血の繋がりのある人もいれば、愛の繋がりによって引かれて来る人もいます。背後霊というとあなた方はすぐに顔見知りの名前を思い浮かべがちですが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―一方には全くあなた方の知らない人たちで、ただ自分の力を役立てる事にのみ喜びを覚えて援助してくれている人たちがいる事も、どうか忘れないでください。

今日は一週間の中で唯一たっぷり眠れる日だったのでアラームもセットせず寝ていたのですが、睡眠と覚醒の中間状態に突入した時、何とまたしてもイエス様が顕現して下さり、寝ている僕の目の前にお立ちになっておられました。そして手を伸ばして僕の右胸あたりをつまむようにして、次の瞬間…→

→僕の霊体をグイッと引張って僕を布団から起こしました。僕が「わ、分りました。起きてテキスト撃ちます…」と心の中でつぶやくと、イエス様は笑みを浮かべられました。ここまでするほど、イエス様はじめ高級霊の方々は僕が使命遂行する事を望んでおられるのです。最高に責任重大すぎるのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
聖書にはサウロ(のちのパウロ)がダマスカスへ行く途中、天からの光に包まれ、目が眩んで倒れ、それがきっかけで改心する話がありますが(使徒行伝9・3、22・6)世の中はそんな具合に一気に改まるものではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
一人ずつ霊的真理に目覚め、一人ずつ神の道具となっていくという形で少しずつ光明が広がっていくのです。霊的なものは大事に育て慎重に広めていく必要がある事を銘記しなければなりません。急激な改心は得てして永続きしないものです。私たちの仕事は永続性が命です。

『シルバーバーチの霊訓④』
一個の魂が道具となった時、一個の魂が暗黒から光明へ、無知から知識へ、迷信から真実へと目覚めた時、その魂は世界の進歩に貢献している事になります。なぜならその一人一人が言わば物質万能主義の棺に打ち込まれるクギのようなものだからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
発達にも二つの種類がある事を知って下さい。霊そのものの発達と、霊が使用する媒体(※)の発達です。前者は魂そのものの進化であり、後者は単なる心霊的能力の開発に過ぎません。霊的進化を伴わない心霊能力だけの発達では低い次元のバイブレーションしか出せません。

『シルバーバーチの霊訓④』
両者が相携えて発達した時、その人は偉大な霊能者であると同時に偉大な人物である事になります。(※その働きを普段我々は精神あるいは潜在意識として捉えている。この中にいわゆる超能力が宿されている。)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(シルバーバーチは別の所でそれがいずれは人類の当り前の能力として日常茶飯に使用される事になると述べているが、ここではそれが即ち人格の向上を意味するもので無い事を指摘し、超能力者だからといってすぐに崇めたがる風潮を戒めている―訳者)

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちが携えてくるメッセージは地上人類にとって実に素晴らしい恩恵をもたらします。魂を解放し、神からの遺産(神的属性)の素晴らしさに目を開かせます。あらゆる足枷と束縛を棄てるように教えます。霊的真理の本当の有難さを教えます。

『シルバーバーチの霊訓④』
物的生活の生き方と同時に霊的生活の生き方も教えています。美と愛と叡智と理解力と幸福をもたらします。人のために、ひたすら人のために、と説くメッセージです。

『シルバーバーチの霊訓④』
ところが、そのメッセージを携えてくる私たちが、神を正しく理解していない人々、霊の働きかけの存在を信じない人たちによって拒絶されております。それはいつの時代にも“よくある話”です。

「ペットは死後も生きている」この書籍で是非「肉食」という食習慣について考えて頂きたいのです。食肉用に屠殺された動物たちの霊界での様子を知って頂きたいのです。僕たちの肉体は肉を食べなくても植物食のみで全然健康に生きて行けるのです。僕が生き証人です。野菜中心食でメチャ元気です☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
一方、現在の地上の状態はそうした私たちスピリットの働きかけをますます必要としております。流血につぐ流血、そしてその犠牲となった人々の涙の絶える事がありません。無明ゆえに地上人類は神の摂理に従った生き方をしておりません。暗黒と絶望の道を選択しております。

『シルバーバーチの霊訓④』
そこで私たちが希望と光明と平和と調和をもたらす知識を携えてきたのです。無明ゆえに私たちを軽蔑します。私たちのメッセージを拒絶します。私たちを背後から導いている強大な力の存在に気づいてくれません。しかし霊的実在を教える大真理は必ずや勝利を収めます。

『シルバーバーチの霊訓④』
摂理に逆らう者は自らその苦い実りを刈取る事になります。摂理に従って生きる者は物的・霊的の両面において豊かな幸せを刈取ります。

『シルバーバーチの霊訓④』
暗闇が蔓延する地上にあって、どうか希望を見失わず、あなた方と共に人類の高揚のために働いている多くの霊、物的世界を改善しようとしている霊の努力は必ず実る事を信じて頂きたいのです。その背後に控える霊力は宇宙で最も強大な力だからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
価値あるものは苦難と悲哀なしには達成できません。地上は地上なりの教訓の修得方法があるのです。それは避ける訳にはいきません。今、霊的勢力が地上全土に亘って活動を開始しつつあり、あらゆる地域の人々に霊的メッセージが届けられ、その心を明るく照らし、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―その光が広まるにつれて物質万能主義の闇を追い散らしていきます。私たちは罰の恐ろしさをチラつかせながら説得する事はしません。恐怖心から大人しく生きる、そんな卑屈な臆病者になって欲しくはありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
内部に宿る神性を自覚し、それを発揮する事によって霊性を高め、一段と崇高な真理と叡智を身につけて頂く事を目指しております。そのためにはまず、これまでに得たものに不満を抱くようにならなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜなら今の自分に満足できず、さらに何かを求めようとするところに、より高い知識を得る可能性が生まれるものだからです。満足する人間は進歩が停滞します。満足できない者はさらに大きな自由へ向けて突き進む事になります。

皆さん、イエス様は地上人類に霊的知識が広がる事を切に切に願っておられます。僕というしょぼいチャンネルを介して強烈に御意志を示されておられます。どうでしょう、シルバーバーチを始めとした霊関連書籍に目を通してみませんか?僕たちはそろそろ大切な霊的真理に目覚めてもいいと思うんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちは決してあなた方に“理知的に難しく考えず、ただ信じなさい”とは申しません。逆に“神から授かった理性を存分に駆使して私たちを試しなさい。徹底的に吟味しなさい。その結果もし私たちが述べる事の中に低俗な事、邪険な事、”―

『シルバーバーチの霊訓④』
―“道義に反する事があると思われたら、どうぞ拒絶してください”と申上げております。(訳者注―シルバーバーチがそう述べる時、自分の訓えを押付けるつもりはないという態度の表明であると同時に、次のような事実を踏まえている事も指摘しておきたい。)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(それは、シルバーバーチの名が広まるにつれてその名を騙る霊が出没している事である。これは霊媒のバーバネルの在世中にもあったが、他界後も世界各地であるようである。)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(シルバーバーチは自分が霊媒とは別個の存在であると証明するため他の霊媒、たとえばロバーツ女史を通してバーバネル夫妻に語った事はあるが、それもそう約束した上での事だった。そういう事実を踏まえて変だと思われたら遠慮なく拒絶して下さいと言う事にもなった)

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちはひたすらあなた方に“より高潔な生活”自己犠牲と理想主義を志向する生活を説いております。もしそれをお認め頂ければ、それは私たちの訓えの中身に神の極印が押されている事を証明するものと言えましょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
たった一個の魂でも目覚めさせる事ができれば、悲嘆に暮れる者をたった一人でも慰めてあげる事が出来れば、怖気づいた人の心を奮い立たせ人生に疲れた人に生きる勇気を与える事ができれば、それだけでも努力の甲斐があった事にならないでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちのメッセージを耳にして心に動揺を来し、困惑し、訳が分らなくなりながらも、先入主的信仰によって身動きが取れずにいる人が大勢おります。しかしその人たちも牢獄に閉じ込められた魂へ向けて呼びかける自由の声を耳にして煩悶しています。

『シルバーバーチの霊訓④』
そういう人たちにこそ私たちのメッセージを届けてあげるべきです。思いも寄らなかったものが存在する事を知ってそれを必死に求めようとする、そのきっかけとなります。真理とは全て踏み石の一つにすぎません。

皆さん、地上のどんな高価なものより何より大切な霊的知識を得ましょう☆人類の宝とも言える書籍は沢山あります(ブログ“「霊」関連書籍の総括”参照)地上は修行場です。僕たちはそれぞれ越えるべき課題を携えて地上に降下して来てるのです。それを知って暮すのと知らずに暮すのでは大違いです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
この霊媒の口をついて出る言葉にもしあなた方の理性に反撥を覚えさせるもの、神の愛の概念と矛盾するもの、愚かしく思えるもの、あなたの知性を侮辱するものがあるとすれば、それはもはや私の出る幕ではなくなった事を意味します。私の時代は終った事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
この交霊会もこれまで数え切れないほど催されておりますが、その間私が魂の崇高なる願望と相容れないものを述べた事は、ただの一度もないと確信しております。私たちは常にあなた方の魂の最高の意識に訴えているからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
地球人類は地球人類なりに、みずからの力で救済手段を講じなくてはなりません。出来合いの手段はないのです。前もって用意されたお決まりの救済手段というものはないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
そのためにはこれが生命現象だと思い込んでいる自然界の裏側に目に見えない霊的実在がある事、そして物質界に生活している人間は物的存在であると同時に霊的存在であり、物的身体を通して自我を表現しているという事実をまず理解しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
物的身体は神の意図された通りに生活上の必需品をきちんと揃える事によって常に完全な健康状態に保たねばなりません。一方、霊はあらゆるドグマと信条による足枷から解放されねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうする事によって実質的価値、つまり霊的に見て意味のないものに忠誠を捧げる事なく、真実なるもののためにのみ精を出す事になり、過去幾千年にも亘って束縛してきた信条やドグマを巡っての戦争、仲違い、闘争を無くす事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちは神を共通の親とする全民族の霊的同胞性を福音として説いております。その理解を妨げるものは地上的概念であり、虚偽の上に建てられた教会であり、特権の横領(※)であり、卑劣な圧制者の高慢と権力です。

『シルバーバーチの霊訓④』
(※宗教組織の発達に伴って内部において権力の構造が生まれる。それは人間的産物にすぎないが、それを宇宙の絶対者から授かったものと錯覚し主張しはじめる。それを“横領”と表現したのである―訳者)

今日も様々なインスピレーションに浴させて頂きましたが、あるお方のお顔のイメージが徐々に整えられ、僕はまたイエス様かと思いましたがそうではなく、お顔の雰囲気から察するにイエス様直属の天使様かも知れません。口を動かして何かを語っておられましたが僕には何と話されたか分りませんでした(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちの霊訓が理解されていくにつれて地上の民族間の離反性が消えていく事でしょう。各国間の障壁が取除かれていく事でしょう。民族的優劣の差、階級の差、肌色の違い、さらには教会や礼拝堂や寺院どうしの区別も無くなる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
それは宗教には絶対的宗教というものは無く世界の宗教の一つ一つが宇宙の真理の一部を包蔵しており、自分の宗教にとって基調この上ない真理が他の宗教の説く真理と少しも矛盾するものでない事を理解するようになるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうしていくうちに表面上の混乱の中から神の意図が少しずつ具体化し、調和と平和が訪れます。こう申上げるのもあなた方にその神のプランの一部、私たちが霊の世界から携わり、皆さん一人一人が地上において果たさねばならない役割を正しく理解して頂くためです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちが説いている事はかつて人類の進歩のために地上へ降りた各時代の革命家、聖者、霊覚者、理想主義者たちの説いた事と少しも矛盾するものではありません。彼らは霊的に偉大な人物でしたから、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―その霊眼によって死後の生命を予見し、その美しさが魂の支えとなって、あらゆる逆境と闘争を克服する事が出来たのでした。彼らは地上世界にいずれ実現される神のプランを読取り、その日のために物質界の子等の魂を高揚させるべく一身を擲ったのでした。

『シルバーバーチの霊訓④』
彼らも悪しざまに言われました。援助の手を差しのべんとしたその相手から反駁され嘲笑されました。しかしその仕事は生き続けました。それはちょうど、今日世界各地の小さな部屋で行われている、このサークルのような交霊会の仕事が、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―そのメンバーの名が忘れ去られたのちも末永く生き続けるのと同じです。強大な霊の力が再び地上世界へ注ぎ込まれはじめたのです。いかなる地上の勢力をもってしてもその潮流をせき止める事はできません。

僕たち地上人類は「死は恐ろしい事、悲しい事」という誤った概念を何としても払拭し正しい霊的知識に照らして判断できるようにならねばならないんです。僕たちは7、80年の地上生活を食べて飲んで寝て死んだら終りなんて存在ではありません。墓場の先に永遠に続く美しい向上の生活があるのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
人間は問題が生じるとすぐ流血の手段でカタをつけようとします。が、そんな方法で問題が解決したためしはありません。流血には何の効用もありませんし従って何の解決にもなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜ神から授かった理性が使えないのでしょう。なぜ相手を出来るだけ大勢殺す事以外に解決法が思いつかないのでしょう。なぜ一番多くの敵を殺した者が英雄となるのでしょう。地上というところは実に奇妙な世界です。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上にはぜひ私たちのメッセージが必要です。霊のメッセージ、霊的真理の理解、自分の心の内と外の双方に霊的法則と導きがあるという事実を知る必要があります。そうと知れば、迷った時の慰めと導きと援助をいずこに求めるべきかが判るでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
こうした仕事において私たちは自分自身の事は何一つ求めていません。栄光を求めているのではありません。地上の人たちのために役立てばという、その願いがあるだけです。永い間忘れられてきた霊的真理を改めて啓示し、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―新しい希望と生命とを吹き込んでくれるところの霊的なエネルギーを再発見してくれるようにと願っているだけです。今やこれまでの古い規範が廃棄され、あらゆる権威が疑問視され、その支配力が衰えつつある中で人類は戸惑っておりますが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―そんな中で私たちは絶対的権威者であるところの宇宙の大霊すなわち神の存在を、決して機能を停止する事も誤る事もない法則という形で啓示しようとしているのです。地上世界がその法則に順応した生活規範を整えていけば、きっと再び平和と調和が支配するようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうした仕事は、廃棄された信仰の瓦礫に中にいる人類が不信感と猜疑心からその全部を棄ててしまう事なく、真なるものと偽なるもの、事実と神話とを見分け、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―永い間人類の勝手な想像的産物の下に埋れてきた真に価値あるもの、全ての宗教の根底にあるもの、霊についての真理を見出すように指導するという、私ども霊団に課せられた大きな使命の一環なのです。

霊的知識の抜粋をご覧の方々、感謝です。僕の事はどうでもいいので本を手にしましょう。地上生活中に僕たちが学ばなければいけない大切な事があるからです。霊関連書籍はたくさんありますが、まずはシルバーバーチからスタートするのが一番いいと思います。どんな物よりも大切な知識を得ましょう(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
霊の力―太古において人類を鼓舞し、洞察力と勇気、同胞のためを思う情熱と願望を与えたその力は、今日においてもすぐ身近に発見できる法則の働きの中に求めようとする心掛け一つで我がものとする事ができるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
教会の権威、聖典の権威、教理の権威―こうしたものが今ことごとく支配力を失いつつあります。次第に廃棄されつつあります。しかし霊的真理の権威は永遠に生き続けます。

『シルバーバーチの霊訓④』
私がこうして戻ってくる地上世界は騒乱と混沌に満ちていますが、霊の光が隙間から洩れるようなささやかなものでなしに強力な光輝となって地上全土に行き渡れば、そうしたものは立ちどころに治まる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜ人間は光明が得られるのにわざわざ暗闇を求めるのでしょう。なぜ知識が得られるのに無知のままでいたがるのでしょう。叡智が得られるのになぜ迷信にしがみつくのでしょう。生きた霊的真理が得られるのに、なぜ死物と化した古い教義を後生大事にするのでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
単純・素朴な霊的叡智の泉があるのに、なぜ複雑怪奇な教学の埃の中で暮したがるのでしょう。外せるはずの足枷を外そうともせず、自由の身になれるはずなのに奴隷的状態のままでいながら、しかもその自ら選んだ暗闇の中で無益な模索を続けている魂がいるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
思うにそういう人はあまりに永い間鎖につながれてきたために、それを外す事に不安を覚えるようになってしまったのでしょう。永い間カゴの中で飼われた小鳥は、、カゴから放たれた時、果たして飛べるかどうか不安に思うものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
足枷を外すまではいいのです。が外した後に自ら歩むべき道がなくてはなりません。何の道しるべも無くて戸惑うまま放置されるような事になってはいけません。私たちは彼らの魂の解放を望みますが、その自由が手引きしてくれる方向も良く見極めてほしいのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
永い間束縛の中で生きていると、やっと自由を得た時にもう何の指図も受けたくないという気持を抱きます。そしてこう言います“もう指図を受けるのはご免です。疑問と迷いの年月でした。それを振り棄てた今、私はもう宗教と名のつくものとは一切関わりたくありません”と。

霊的知識に理解のある方、志をお持ちの方、もし良ければ霊関連書籍の抜粋内容をRTして頂けないでしょうか。イエス様はこの地上に大切な霊的知識の光が広まる事を切に切に望んでおられます。皆さんもRTでイエス様の御意志を遂行できるのです。皆さん、ぜひぜひRTよろしくお願い致します(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
足枷から解放され迷いが覚めると共に激しい反動が起きる事もあります(例えば神仏の化身として崇めた教祖がただの人間に過ぎなかったと知って―訳者)そこで私は私という一個人、ただのメッセンジャー(使いの者)にすぎない者に過度の関心を寄せられるのを好まないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私はメッセージそのものに全てを賭けております。地上の人間はあまりに永い間“教えを説く人物”に関心を寄せすぎ超人的地位に祭上げ肝心の“教えそのもの”を忘れてきました。私たちの使命はもはやそんな所詮人間にすぎない者を超人的地位に祭上げる事ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
真理と知識と叡智をお届けするだけです。私が地上で傑出した指導者であったか、それとも哀れな乞食であったかそんな事はどうでもよい事です。私の述べている事に真理の刻印が押されていればそれでよろしい。名前や権威や聖典に訴えようとは思いません。

『シルバーバーチの霊訓④』
訴えるのはあなた方の理性だけです。人間の知性に矛盾を感じさせるような事は何一つ要求いたしません。人間としての道義に反する事、尊厳に関わる事、屈辱感を覚えさせる事、人類を軽蔑するような事は決して説きません。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちは全人類の意識を高め、地上における一生命としての位置、宇宙における位置、創造神とのつながり、一つの家族としての地上人類同士の同胞関係を正しく理解する上で必要な霊的真理を明かそうとしているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
これまでのように何かというと聖典の文句を引用したり、宗教的指導者の名前を持ち出したり、宗教的権威をふりかざしたりする事はいたしません。私たちは神から授かっている理性を唯一の拠りどころとして、それに訴えます。

『シルバーバーチの霊訓④』
ただ単に聖書に書いてあるからというだけの理由で押付ける方法はとりません。理性が反撥を覚えたら拒否なさって結構です。ただ良く吟味してくだされば、私たちの説くところが霊的存在として最高にして最善の本能に訴えている事、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―その目標が間違った古い考えを洗い落とし、代って後できっと有難く思って下さるはずの大切な真理をお教えする事である事が分って頂けるものと確信します。地上のいわゆる宗教は真実を基盤とすべきであり理性の猛攻撃に抗し切れないようなものは全て廃棄すべきです。

現在「ベールの彼方の生活」も抜粋してますが、シルバーバーチは何巻から読み始めても全く問題ない書籍ですが、ベールの彼方の生活については「続き物」的なところがありますので、1巻から順に読み進めて知識を得つつ4巻に到達するという読み方が良いと思います。最高にオススメなのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちが霊的真理を説く時、それは霊的世界の摂理に関わる事としてのみ説いているのではありません。物的世界に関わる事でもあるのです。私たちの目から見れば物的世界は神の創造された宇宙の一側面であり、それを無視して、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―つまり絶望の淵に沈む人類の苦しみに無関心でいて“宗教的”では有得ません。そういう人たちのために援助の手を差しのべる人は全て偉大なる霊と言えます。真理を普及する事のみが人のための仕事ではありません。他にもいろいろあります。

『シルバーバーチの霊訓④』
ひんこんに喘いでいる人々への物的援助も、病に苦しむ人々の苦痛を取除いてあげる事も、不正と横暴を相手に闘う事もそうです。憎しみ合いの禍根を断ち、人間的煩悩を排除して内奥の霊性に神の意図された通りに発現するチャンスを与えてあげる仕事もそうです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私が残念に思うのは、本来霊的存在であるところの人間があまりに霊的な事から遠ざかり、霊的法則の存在を得心させるために私たちスピリットがテーブルを浮揚させたりコツコツと叩いてやらねばならなくなった事です。(巻末“解説”参照)

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方も一人の例外もなく神の分霊なのです。という事は、あたかも神があなた方にこう語りかけているようなものです―“私が全ての法則を用意し、あなた方一人一人に私の分霊を授けてあります。宇宙を完全なものにするための道具は全て用意してあります。”―

『シルバーバーチの霊訓④』
―“その全てを利用する事を許しますから自分にとって良いものと悪いものとを自ら選択しなさい。それを私の定めた法則に順応して活用しても宜しいし無視しても宜しい”と。そこで神の子等はそれぞれ好きなように選択してきました。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかし他方において霊界から地上の経綸に当っている者は神の計画を推進するために、地上において間違いなく神の御心に感応できる人材を送込まねばならないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上の神の子等はこれまで大きく脇道に外れてしまったために霊的な事にすっかり無関心となり、物的な事しか理解できなくなっております。しかし冷たい冬の風が吹きまくった後には必ず春の新しい生命が芽生えるものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
地面に雪が積もり全てが寒々とした感じを与える時は春の喜びは分りません。が春はきっと訪れるのです。そして生命の太陽はゆっくりと天界を回って、いつかは生命の壮観がその極みに達する時がまいります。

悩んでる方、苦しんでる方、シルバーバーチをはじめとした霊関連書籍をぜひ手に取って見て下さい。悩み苦しみの根本原因が分ります。僕たち人間の存在位置ならびに存在理由、そして地上に降下した意味が分ります。そして僕たち地上人類が地上で為さねばならない大切な霊的事実が分ります(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
今、地上全体を不満の暗雲が覆っています。が、その暗雲を払いのけて夢を抱かせる春、そしてそれを成就させる夏がきっと訪れます。その時期を速めるのも遅らせるのも、あなた方神の子の自由意志の使い方一つに掛っております。

『シルバーバーチの霊訓④』
一人の人間が他の一人を救おうと努力する時その背後に数多くのスピリットが群り寄って、その気高い心を何倍にも膨らませようと努めます。善行の努力が無駄にされる事は絶対にありません。奉仕の精神も決して無駄に終らせる事はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
誰かが先頭に立ってヤブを開き、あとに続く者が少しでもラクに通れるようにしてあげなければなりません。やがて新しい道が出来あがり通れば通るほど平坦になっていく事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
高級神霊界の神が目にいっぱい涙を浮かべて悲しんでおられる姿を時おり見かけます。今こそと思って見守っていたせっかくの善行のチャンスが踏みにじられていく人間の愚行を見て、いつかはその愚かさに目覚める日が来る事を祈りつつ眺めているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうかと思うと嬉しさに顔を思い切りほころばせておられるのを見かける事もあります。無名の平凡な人が善行を施し、それが暗い地上に新しい希望の灯をともしてくれたからです。私はすぐそこまで来ている新しい地上の夜明を少しでも早く招来せんがために、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―他の大勢の同志と共に波長を物質界に近づけて降りてまいりました。その目的は神の摂理を説く事です。その摂理に忠実に生きさえすれば神の恵みをふんだんに受ける事ができる事を教えてあげたいと思ったのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
物質界に降りてくるのは正直言ってあまり楽しいものではありません。光もなく活気もなく、うっとうしくて単調で生命力に欠けています。

『シルバーバーチの霊訓④』
例えてみれば弾力性の無くなったヨレヨレのクッションのような感じで、何もかもがだらしなく感じられます。どこもかしこも陰気でいけません。従って当然、生きる喜びに溢れている人は殆ど見当らず、どこを見渡しても絶望と無関心ばかりです。

皆さん、自分の日常生活に疑問を抱きましょう。なぜ私はこんな所でこんな事してるの?その答はこれらの書籍にあります(ブログ“「霊」関連書籍の総括”参照)地上生活中に霊的知識に触れず全くの無知で他界すると霊界で大変な苦労を味わいます。僕たちは何としても霊的知識を理解すべきなのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
私が住む世界は光と色彩にあふれ芸術の花咲く世界です。住民の心は真に生きる喜びがみなぎり、適材適所の仕事に忙しく携わり、奉仕の精神にあふれ、お互いに自分の足らざるところを補い合い、充実感と生命力と喜びと輝きに満ちた世界です。

『シルバーバーチの霊訓④』
それにひきかえ、この地上に見る世界は幸せがあるべきところに不幸があり、光があるべきところに暗闇があり、満たされるべき人々が飢えに苦しんでおります。なぜでしょう。神は必要なものは全て用意してくださっているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
問題はその公平な分配を妨げる者がいるという事です。取除かねばならない障害が存在するという事です。それを取除いてくれと言われても、それは私どもには許されないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私どもにできるのは物質に包まれたあなた方に神の摂理を訓え、どうすればその摂理が正しくあなた方を通じて運用されるかを教えて差上げるだけです。今日ここにおられる方にはぜひ、霊的真理を知れば知ればこんなに幸せになれるという事を身をもって示して頂きたいのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
もし私の努力によって神の摂理とその働きの一端でも教えて差上げる事ができたら、これにすぎる喜びはありません。これによって禍を転じて福となし、無知による過ちを一つでも防ぐ事ができれば、こうして地上に降りてきた苦労の一端が報われた事になりましょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たち霊団は決して本来あなた方人間が果たすべき義務を肩代りしようとするのではありません。なるほど神の摂理が働いているという事を身をもって悟って頂ける生き方をお教えしようとしているだけです。そう言うとある人はこんな事を言います―

『シルバーバーチの霊訓④』
―“おっしゃる通りです。だから私たちも施しをします。が施しを受ける者はまず神に感謝しなければいけません”と。施しをした後その相手がその事を神に感謝しようがすまいが、そんな事はどうでも良い事ではないでしょうか。お腹を空かした人がいれば食物を与えてあげる―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それだけで良いではありませんか。寝る所に困った人に一夜の宿りを提供してあげる。それは良い事ですが“どうぞウチで泊っていってください。ですがちゃんと神にお祈りをなさってくださいよ”などと余計なお説教をしてはいけません。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
スピリチュアリズムの真実を知ったあなた方は、その分だけを物的なもので差し引いて勘定してみた事がおありですか。つまりあなた方は地上的なものでは計れない貴重なものを手に入れられた。霊的真理という掛けがえのない高価なものをお持ちになっている。

『シルバーバーチの霊訓④』
自分が霊的に宇宙の大霊と直結している事を悟られた。神の分霊であるという事実を悟られた。その神から遣わされた使者の働きかけを受止める心得も会得された。そうした事に比べれば俗世的な宝はガラクタも同然です。あなた方はこれからも永遠に生き続けるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
すると、この地上で学んだ知識、体験から得た叡智が、俗世で追い求めている物的なものに比して、その永遠の魂にとっていかに大切であるかがお判りになるはずです。見かけの結果だけで物事を判断してはいけません。あなた方は“物”の目でしか見てないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
“霊”の目でご覧になれば一人一人の人間に完全に公正な配慮が為されている事を知るでしょう。私は時おりあなた方をはじめ他の多くの人間の祈りに耳を傾ける事があります。そしていつもこう思うのです―

『シルバーバーチの霊訓④』
―もし神がその全てを叶えてあげたら、ゆくゆくはあなた方にとって決して嬉しくない結果をもたらすであろう、と。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上を去って霊の世界へ来る人たちに私はよく質問してみる事があるのですが、霊となって自分の地上生活を振り返ってみて、そこに納得のいかない事があると文句を言う人は一人もいません。(訳者注―これは全てなるべくしてそうなっていた、)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(つまり自分が蒔いたタネだったという事で、“文句を言う人は一人もいない”というのは誰しもその事実関係は認めざるを得ない事を言っているのであるが、だからみんなすぐに反省して殊勝な心掛けに立ち帰るという意味ではない。)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(頭でそう認めても心が素直に従うとは限らないのは地上でも良くある事で、地上ならば片意地を張って通す事はできても霊界ではそうはいかない。)―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(そのかたくなな心の奥にある恨みや嫉妬などの悪感情がすぐさま身辺の雰囲気に漂い、環境にそぐわなくなり、親和作用によって同じような感情の中で生きる霊ばかりのいる境涯へと引きつけられていく。そこを地獄という。)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
地上世界には今三つの大きな問題があります。一つは無知であり、もう一つは悲劇であり、三つ目は貧困です。この三つは霊についての認識が政治と結びつき、みんながその新しい知識の指し示す方向で思考し、そして生きるようにならない限り、いつになっても無くならないでしょう。しかし勝利の潮流は着実に押寄せてきます。

『シルバーバーチの霊訓④』
古い秩序が廃れ新しい秩序にその場を譲っていきます。新しい世界は近づいております。しかし新しい世界になったら地上から暗い場所が完全に無くなると思ってはいけません。相変らず涙を流す人がいる事でしょう。心を痛める人がいる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
大いなる犠牲が求められる事もあるでしょう。神の計画に関わる仕事は犠牲なしには成就されないのです。取壊しなしには建直しはできません。人間は大きな悲劇に遭遇して初めて霊的な事に関心を抱きはじめ、その拠って来る源を探ろうとします。

『シルバーバーチの霊訓④』
つまりあれこれと物的手段を試みてその全てが何の役にも立たない事を知ると、ワラをもつかむ気持でどこかの宗教団体にすがりつき、そしてやがて失望します。そうした事の繰返しの中で霊的真理が台頭し、新しい世界―神の摂理が正しく機能している世界の建設が始まります。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうなるまでは何かと大きな問題の絶える事はありません。が、いずれにしても何も言う事のない完全な世界にはなりません。なぜなら完全に近づけば近づくほど、その先により高い完全が存在する事を知るからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊界が地上のスピリチュアリズムの普及に関心があるのなら何故もっとマスコミに働きかけないのでしょうか―】これはこれは。どうやらあなたは(真理のあり方について)あまり理解がいっていないようですね。知識が普及する事自体は良い事に決まっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
でもいきなりマスコミを通じての宣伝効果の話をもち出されるとは驚きました。あなたは魂というものがいついかなる状態で真理に感動するものかをご存じないようです。私たちは私たちなりの手段を講じております。計画はちゃんと出来ているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
後はあなた方地上世界の協力を俟つのみなのです。忘れないで頂きたいのは私たちは“魔法の杖”は持合わせていないという事です。“魔法の呪文”をお教えするのではありません。宇宙の自然の理法を明かして差上げようとしているだけです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
その理法を知って魂が目を覚まし、自分も神の分霊である事、自分を通じて神が地上へ働きかける事も有得る事を理解してもらいたいと願っているのです。そのために私たちなりの普及活動は行っております。

『シルバーバーチの霊訓④』
が、地上の雑音(マスコミを通じての宣伝)によってそれを行ってみても必ずしも効果は期待できません。一個の魂、一つの心に感動を与えていく事、つまり霊とのより密接な一体化を体験させる事によって成就していく他はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【地上の体験、例えば戦争、苦難、精神的ならびに肉体的受難、病気、悲しみ、憎しみ等々は人類の進化と発達にとって不可欠のものとして神の計画の中に組込まれているのでしょうか―】いえ、そんな事はありません。戦争は神が計画されるのではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
病気は神が与えるのではありません。人類が自由意志の使用を誤って自ら招来しているのです。その中にも学ぶべき教訓がある事は確かです。しかしそれは、何も人類同士で野蛮な行為や恐ろしい残虐行為をし合わなくても学べる事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間が勝手にやり合っている事を神の行為と取違えてはなりません。【今は連邦となっている英国の“王室”の存続は有益であると思われますか―】そう思います。なぜなら何であれ国民を一つに結び合わせるものは大切にすべきだからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
世界人類が共存していくための団結の要素を求め、お互いに近づき合うようにならなければいけません。離反・孤立を求めて争う事を私がいけないと言うのはそこに理由があります。魂が一切の捉われを無くすと、世界中の誰とでも調和した一体化を求めるようになるものです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊界のプランがある事を何度も聞かされてますが、それらしい明確な証が見当らないのですが―】物的な目をもってご覧になるから見えないのです。あなた方は全体の進歩というものを自分一人の短い生涯との関連において判断されますが私たちは別の次元から眺めております。

『シルバーバーチの霊訓④』
その私たちの目には霊的真理の普及、霊的知識の理解、寛容的精神の向上、善意の増大、無知と迷信と恐怖心と霊的奴隷状態の障壁の破壊が着実に進行しているのが見えます。進歩は突発的な改革のような形で為されるものではありません。絶対に有得ません。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的成長はゆっくりとした歩調で為されねばならないからです。どうか失望なさらないでください。なるほど物質万能主義の風潮がはびこるのを見ていると失望の要素ばかりが目につきますが、他方では霊的真理がそうした物質万能的な利己主義のモヤに浸透していくにつれて、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―希望の光が射し込みつつあります。正しい認識が広まれば真理が勝利を収めます。だからこそ私たちのメッセージが大切なのです。私たちにとって大切なのではありません。あなた方にとって大切なのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たちは地上人類がその利己主義に対して、その理不尽な無知に対して、その計画的な残虐行為に対して払わねばならない代償の大きさを認識させるべく努力しているのです。あなた方のために努力しているのです。何とか力になってあげようとしているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
その動機はあなた方に対する私たちの愛に他なりません。私たちは人類を破滅の道へ追いやろうと画策している悪霊の集団ではありません。私たちはあなた方の品性を汚す事や残忍な行為、あるいは罪悪を犯させようとしているのではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
それどころか逆にあなた方の内部に宿る神性、神から授かっている霊的能力を認識させ、それを駆使して自分を他人のために役立てる方法を説き、そうする事によって神の計画の推進に役立たせてあげたいと望んでいるのです。(巻末“解説”参照)

↑トップへ↑

—–


6章 潜在意識の機能

『シルバーバーチの霊訓④』
【入神(トランス)状態における霊媒はどんな役割を演じているのか―ある日の交霊会でそれが問題となった事がある。そのきっかけはシルバーバーチが霊媒のバーバネルが入神状態から睡眠状態へ移りそうなのでコントロールがしにくくなったと述べた事にある―】

『シルバーバーチの霊訓④』
【そして“私にはそうなるとまずいのです”と言うとサークルの一人が“なぜですか”と尋ねた。すると“私はこの霊媒の身体の全体をコントロールしなければならないからです”と答えた】【霊媒が眠ってしまうとコントロールできないのですか―】できません。

『シルバーバーチの霊訓④』
身体を操るには潜在意識を使用しなければなりません。眠ってしまうと潜在意識が活動を停止します。【でもどっちにせよ霊媒はその身体から出るのではないでしょうか―】いえ霊媒自身が身体の中にいるか外にいるかの問題ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
潜在意識とその機能の問題であり、それは中でもなく外でもありません。【私は霊媒はワキヘ押しやられてると思ってました―】それはそうなのですが一時的に“身体からは”離れているというだけの事です(身体から離れていても意識状態には関係ないという事―訳者)

『シルバーバーチの霊訓④』
それは霊媒が自ら進んで身(潜在意識)を任せている状態で、潜在意識まで引っ込めてしまうのではありません。そうなると睡眠状態になってしまいます。霊媒現象は全て霊界と地上との間の意識的な協力関係で行われます。

『シルバーバーチの霊訓④』
無意識のうちに潜在能力が一時的に使用されるケースが無くはないですが支配霊と霊媒という関係で本格的な霊的交信の仕事をするとなるとその関係は意識的なものでなければなりません。つまり霊媒現象に関するあらゆる機構に霊媒が“進んで参加する”事が必要になります。

僕が蒔きまくっている霊的知識のタネが、どうか誰かの心に根づいて大切な事に気付くキッカケとなりますように。一人でも多くの人が霊的知識を得心し、物的事象で困難に遭遇した時、霊的真理に照らして正しい方向に自由意志を行使できるようになりますように。撃ちまくり、そして祈りまくります(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【睡眠中の霊媒が(支配霊以外の霊によって)使用されて通信が届けられたケースがあったように思いますが…】そういう事もあったかも知れませんが、それは通常行われるべきプロセスが逆転した状態です。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(訳者注―冒頭でシルバーバーチが霊媒が眠ってしまいそうなので通信しにくくなったと述べたが、逆に眠っていた潜在意識が引き戻されて通信を送るという事)【その場合、睡眠中にそういう形で使用される事を霊媒自身も同意していたという事が考えられますか―】

『シルバーバーチの霊訓④』
それは考えられます。ただご承知のように私どもは霊媒の望みはよほど下らぬ事でない限りは敬意を払い然るべき処置を取ります。しかし言うまでもなくこの身体は私どもの所有物ではありません。居住者であるバーバネルのものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
こうして私どもが少しの間お借りする事を許してくれれば結構で有難い事ですが、その許可もなしに勝手に使用する事は道義に反します。その身体を通じて働く様々な霊的エネルギーに対して霊媒と私たちの双方が敬意を払った上で気持よく明渡すというのが正しいやり方です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【その潜在意識がどのように使用されるかを聞かれて―】その事に関してずいぶん誤解があるようです。精神(大半が潜在意識)には様々な機能があります。人間というのは自我意識を表現している存在と言ってよろしい。意識が全てです。

『シルバーバーチの霊訓④』
意識そのものが“個”としての存在であり、個としての存在は意識の事です。意識のあるところには必ず個としての霊が存在し、個としての霊が存在するところには必ず意識が存在します。あなた方の物質界においては自我の全てを意識する事はできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
なぜなら―あなた方に分りやすい言い方をすれば―自我を表現しようとしている肉体(脳)よりも本来の自我の方が遥かに大きいからです。小は大を兼ねる事ができません。弱小なるものは強大なるものを収容する事ができないのが道理です。

僕たちの肉体は肉食動物として作られていません。植物食のみで全然健康に暮せるのです。野菜中心食の僕はメチャ元気です!動物たちが屠殺される時、何の恐怖も感じないと思われますか?僕たちに食べられるために地上に存在してると思われますか?「肉食」という習慣をどうか考えて頂きたいのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
人間は地上生活を通じて、より大きな自我のホンの一部しか表現しません。大きい自我は死んでこちらへ来てから自覚するようになります。死んですぐに全部を意識するようになるのではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
やはりこちらの生活でもそれなりの身体を通して霊的進化と共に少しずつ意識を広げていく事になります。意識的生活のディレクターであり個的生活の管理人である精神は肉体的機能の全てを意識的に操作している訳ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
日常生活において必要な機能の多くは自動的であり機械的です。筋肉、神経、細胞、繊維等々がいったん意識的指令を受け、さらに連鎖的に働く事を覚えたらその後の繰返し作業は潜在意識に委託されます。例えば物を食べる時皆さんは無意識のうちに口を開けています。

『シルバーバーチの霊訓④』
それはアゴが動く前にそれに関連した神経やエネルギーの相互作用があった事を意味します。すなわち精神の媒体である脳から神経的刺激が送られ、それから口を開け、物を入れ、そして噛むという一連の操作が行われます。全てが自動的に行われます。

『シルバーバーチの霊訓④』
一口ごとにその操作を意識的に行っている訳ではなく無意識のうちにやっております。潜在意識がやってくれているのです。赤ん坊の時はその一つ一つを意識的にやりながら記憶していかねばなりませんでした。しかし今はいちいち考えないで純粋に機械的に行っております。

『シルバーバーチの霊訓④』
こうして皆さんの身体上の、そしてかなりの程度まで精神的機能も大部分が潜在意識に委託されている事がお分りになるでしょう。潜在意識というのは言わば顕在意識の地下領域に相当します。例えば皆さんが読書中で、これはどういう事だろうと自問すると、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―即座に答がひらめく事があります。それは潜在意識が普段から顕在意識の思考パターンを知っているので、それに沿って答を生み出すからです。誰かの話を聞いている時でも同じです。“あなたはどう思いますか”と不意に聞かれても即座に潜在意識が答を出してくれます。

地上に蔓延る諸問題の数々は人類が霊的知識を理解し摂理に則って生活すればたちまち解決するものばかりなのです。僕たちは地上生活中に何としても霊的知識を獲得しなければならないのです。イエス様はじめ高級霊の方々の永年の悲願なのです。高級霊の方々の愛をこれ以上裏切ってはならないのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
ところが日常的体験の枠外の問題に直面すると、それは潜在意識が体験した事も、あるいは解決した事もない事ですので、そこで新たな意識操作が必要となります。新しい回線を使用する事になるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかしそうした例外つまりオリジナルな思考―という言い方が適切かどうかは別として―を必要とする場合を除いて人間の日常生活の大部分は潜在意識によって営まれております。言わば潜在意識は倉庫の管理人のようなものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
あらゆる記憶を管理し生きるための操作の大半をコントロールしています。その意味で人間の最も大切な部分という事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
その原理から霊媒現象を考えれば、そもそも霊媒現象というのはそれまで身体機能を通して表現してきた自分とは別の知的存在が代って操作する現象ですから、顕在意識の命令に従って機能する事に慣れている潜在意識を操作する方が楽であるに決っています。

『シルバーバーチの霊訓④』
命令を受ける事に慣れている訳です。仕事を割当てられ、それをよほどの事がない限り中断する事なく実行する事に慣れております。霊媒現象の殆ど全部に霊媒の潜在意識が使用されています。その中に霊媒の人物の本当の姿があるからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
貯蔵庫ともいうべき潜在意識の中にその人物のあらゆる側面が仕舞い込まれているのです。こうした入神現象において支配霊が絶対に避けなければならない事は、支配の仕方が一方的すぎて霊媒が普段の生活で行っている顕在意識と潜在意識の自動的連係関係が、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―いつものパターン通りに行かなくなってしまう事です。その連係パターンこそがこの種の現象の一番大切な基本となっているからです。

悩んでる方、苦しんでる方、シルバーバーチをはじめとした霊関連書籍をぜひ手に取って見て下さい。悩み苦しみの根本原因が分ります。僕たち人間の存在位置ならびに存在理由、そして地上に降下した意味が分ります。そして僕たち地上人類が地上で為さねばならない大切な霊的事実が分ります(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊媒の方が潜在意識をおとなしくさせる必要があるという事でしょうか―】そうではありません。支配霊の個性と霊媒の個性とが完全に調和し、その調和状態の中で支配霊自身の思念を働かせなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
同時に支配霊は他方において、ちょうどタイプライターのキーを押すと文字が打たれるような具合に霊媒の潜在意識の連係パターンをマスターして他の知的存在の指令にもすぐさま反応するように仕向けなければなりません。それが支配霊として要求される訓練です。

『シルバーバーチの霊訓④』
先程述べた事を絶対に避けるための訓練といってもよろしい。これで皆さんも容易に得心して頂ける事と思いますが、霊媒現象は霊媒という“生きた人間”を扱う仕事であり霊媒には霊媒としての考えがあり偏見があり好き嫌いがありますから、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―今も述べたように“支配する”といってもある程度はそうした特徴によって影響される事は免れません。霊媒を完全に抹殺する事はできません。どの程度までそうした影響が除去できるかは支配霊がどの程度まで霊媒との融合に成功するかに掛っています。

『シルバーバーチの霊訓④』
もし仮に百パーセント融合できたとしたら霊媒の潜在意識による影響はゼロという事になるでしょう。霊媒を抹殺するのではありません。それはできません。融合するのです。霊媒現象の発達とはそれを言うのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
サークル(円座―シルバーバーチの交霊会ではバーバネルが普段使っている書斎の椅子に座り、そこから左右にほぼ円形にメンバーが席を取る―訳者)の形を取るのはそのためです。出席した人たち全員から出るエネルギーがその融合を促進する上で利用されるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
調和が何より大切ですと申上げるのはそのためです。出席者の間に不協和音があるとそれが霊媒と支配霊の融合を妨げるのです。交霊会の進行中は絶え間なく精神的エネルギーが作用しているのです。

地上生活に必要なものは神は全て用意して下さっています。動物実験をして特殊な成分を抽出などしなくても人間の健康に必要なものは全て自然界に存在するそうです。麻酔もなしにメスを入れられる動物たちが何の苦痛も恐怖も感じてないと思われますか?動物実験は断じて間違いであり根絶すべきです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方の目にお見せできませんが出席者の想念、思念、意志、欲求、願望の全てが通信に何らかの影響を及ぼしています。支配霊が熟練しているほど、経験が豊富であるほどそれだけ霊媒との調和の程度が高く、それだけ潜在意識による着色が少なくなります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【その説からいうと霊媒はなるべく支配霊と似通った願望や性格の持ち主がよい事になりませんか―】一概にそうとも言い切れません。これは異論の多い問題の一つでして私どもの世界でも意見の相違があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
忘れないで頂きたいのは私たちスピリットも人間的存在であり、地上との霊的交信の方法について必ずしも全ての点で一致している訳ではありません。例えば無学文盲の霊媒の方が潜在意識による邪魔が少ないので成功率が高いと主張する者がいます。

『シルバーバーチの霊訓④』
それに対して、イヤその無知である事自体が障害となる、それが一種の壁を拵えるのでそれを崩さねばならなくなるのだ、と反論する者がいます。安物の楽器よりも名匠の作になる楽器の方が良い音楽を生むのと同じで霊媒は教養があるほどよい―

『シルバーバーチの霊訓④』
―良い道具ほど通信を受けやすいのだと主張するのです。私はこの意見の方が正しいと思います。【なぜ教養の有る無しが問題とされるのでしょう。人格の問題もあるのではないでしょうか―】私は今トランス状態での通信の話をしているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間性の問題はまた別の要素が絡んだ問題です。私は今霊言が送られる過程を述べているのです。通信のメカニズムと呼ばれても結構です。それを分りやすい譬えで言いますと、バイオリニストにとっては名器のストラドバリウスの方が安物よりも弾きやすいでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
楽器の質の良さが良い演奏を生むからです。安物では本当の腕が発揮できません。霊媒の人間性の問題ですが、これは霊言の場合ですと通信内容に、物理現象の場合ですと現象そのものに影響が出ます。

書籍の内容を抜粋中、シルバーバーチ霊に「自分の何かを犠牲にする覚悟のない人間にはロクな仕事は出来ません」と言われちゃいました。僕は当分の間、芸術的創作活動を我慢しなきゃならないようです。厳しい試練ですが僕が今してる使命の重大性を認識して何とか前向きな姿勢を維持しようと奮闘中(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
物理霊媒の場合、霊格が低いほど―程度の問題として述べているだけですが―例えばエクトプラズムの質が落ちます。物質的にでなく霊的観点から見てです。霊側と霊媒とをつなぐ霊力の質は霊媒の人間性が決定づけるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
例えば地上ならさしずめ聖者とでも言われそうな高級霊が人間性の低い霊媒を通じて出ようとしても(※)その霊格の差のために出られません。接点が得られないからです。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(※ここでいう“出る”とはエクトプラズムで拵えた発声器官(ボイスボックス)でしゃべる場合―直接談話現象―と、同じくエクトプラズムを身にまとって姿を現す場合―物質化現象―とがある―訳者)

『シルバーバーチの霊訓④』
【物理現象においても霊媒の潜在意識が影響を及ぼすように思えるのですが、その点についてご説明願えませんか―】交霊会のカギを握っているのは霊媒です。霊媒は電話機ではありません。電信柱ではありません。モールス信号のキーではありません。生きた器械です。

『シルバーバーチの霊訓④』
その生命体のもつ資質の全てが通信に影響を及ぼします。それで良いのです。もし霊界と地上との交信のための純粋の通信器械ができたら―そういうものは作れませんが―それによって得られる通信は美しさと崇厳さが失われるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
いかなる交霊会においてもカギを握るのは霊媒です。霊媒なしでは交霊会はできません。霊媒の全資質が使用されるのです。例えばメガホン一本が浮揚するのも、物質化像が出現するのも、その源は霊媒にあります。そして霊媒のもつ資質が何らかの形でその成果に現れます。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊が憑ってくると霊媒の脈拍が変化するのはなぜでしょうか。その脈拍は霊の脈拍なのでしょうか―】霊が霊媒を支配している時は霊媒の潜在意識を使用しています。すると当然霊媒の基本的な機能つまり心臓、脈拍、体温、血液の循環等々を支配する事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
入神すると呼吸が変化するのはそのためです。一時的な事です。ですが一時的にせよその間は支配霊は物質界と接触して自分の個性を物的身体を通して再現している訳です。例えば私は元アメリカ・インディアンの幽体を使用しています。

『シルバーバーチの霊訓④』
そのインディアンが霊媒の潜在意識を支配していますから、その間の脈拍はその幽体の脈拍です。このような形(※)で行う方が一から始めるよりも手間が省けます。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(※地上の霊媒と霊界の霊媒を使用して通信を送っており、これであの肖像画に見るインディアンがシルバーバーチその人でない事は明白である―訳者)あなた方の住む物質界は活気がなくどんよりしています。

『シルバーバーチの霊訓④』
あまりにうっとうしく且つ重苦しいために、私たちがそれに合わせようと波長を下げていく途中で高級界との連絡が切れてしまう事があります。私の住む光の世界とは対照的に、あなた方の世界は暗くて冷たい、じとじとした世界です。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方は太陽の本当の姿、目も眩まんばかりの(太陽の霊体の)光輝をご覧になった事がありません。あなた方が見ておられるのはその粗末な模造にすぎません。

『シルバーバーチの霊訓④』
ちょうど月が太陽の光を反射して輝くようにあなた方の目に映っている太陽は私たちの太陽の微かな反射程度にすぎません。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
譬えてみれば、地上に降りてきた私はカゴに入れられた小鳥のようなものです。用事を済ませて地上から去っていく時の私は、鳥カゴから放たれた小鳥のように果てしない宇宙の彼方へ喜び勇んで飛び去って行きます。死ぬという事は鳥カゴという牢獄から解放される事なのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
さて私があなた方と縁のある霊からのメッセージを頼まれる時は、それなりのバイブレーションに切換えてメッセージを待ちます。その時の私は単なるマウスピースにすぎません。状態が良い時は連絡は容易にできますがこの部屋の近所で何かコトが起きると混乱が生じます。

『シルバーバーチの霊訓④』
突如として連絡網が途切れてしまい、私は急いで別のメッセージに代えます。バイブレーションを切換えなくてはなりません。そうした個人的なメッセージの時は霊の言っている事が一語一語聞き取れます。

『シルバーバーチの霊訓④』
それはこうして私が霊媒を通じてしゃべっている時のバイブレーションと同じバイブレーションで霊がしゃべっている事を意味します。しかし高級界からのメッセージを伝えるとなると私は別の意識にスイッチを切換えなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
シンボルや映像、直感等の形で印象を受取り、それを言葉で表現しなくてはなりません。それは霊媒が霊からの通信を受けるのと非常に良く似ております。その時の私はシルバーバーチとして親しんで下さっている意識よりもさらに高い次元の意識を表現しなければならないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
例えば画家がインスピレーションを受ける時は普段使用しているのとは別のバイブレーションに反応しています。その状態の中で画家はある霊力の作用を受け、それを映像に転換してキャンバスの上に画きます。インスピレーションが去るとそれができなくなります。

『シルバーバーチの霊訓④』
それと同じで私が皆さんに霊的真理をお伝えしようとすると、私の意識の中でも高等なバイブレーションに反応できる回線を開き、高級霊がそれを通路として通信を送ってくる。それを私が地上の言語で表現する訳です。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
とは言え私は所詮この霊媒(バーバネル)の頭にある用語数の制限を受けるだけでなく、この霊媒の霊的発達程度による制約も受けます。霊媒が霊的に成長してくれれば、その分だけそれまで表現できなかった部分が表現できるようになるのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
今ではこの霊媒の脳のどこにどの単語があるかという事まで分っていますから、私の思う事、というよりはここに来る前に用意した思想を全部表現する事ができます。

『シルバーバーチの霊訓④』
この霊媒を通じて語り始めた初期の頃は、一つの単語を使おうとすると、それとつながった他の要らない単語まで一緒に出て来て困りました。必要な単語だけを取り出すためには脳神経全体に目を配らなくてはなりませんでした。

『シルバーバーチの霊訓④』
現在でも霊媒の影響を全く受けていないとは言えません。用語そのものは霊媒のものですから、その意味では少し着色されていると言わざるを得ないでしょう。が私の言わんとする思想が変えられるような事は決してありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなた方西洋人の精神構造は私たちインディアンとはだいぶ違います。うまく使いこなせるようになるまでに、かなりの年数がいります。まずその仕組を勉強した後、霊媒的素質をもった人々の睡眠中を狙って、その霊体を使って試してみます。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうした訓練の末にようやくこうしてしゃべれるようになるのです。他人の身体を使ってみると人間の身体がいかに複雑に出来ているかがよく分ります。

『シルバーバーチの霊訓④』
一方でいつものように心臓を鼓動させ、血液を循環させ、肺を伸縮させ、脳の全神経を適度に刺激しながら、他方では潜在意識の流れを止めて、こちらの考えを送り込みます。容易な事ではありません。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
初めのうちはそうした操作を“意識的”にやらなくてはならないのです。それが上達の常道というものです。赤ん坊が歩けるようになるには一歩一歩に全意識を集中します。そのうち意識しなくても自然に足が出るようになります。

『シルバーバーチの霊訓④』
私がこの霊媒をコントロールするようになるまで、やはり同じ経過を辿りました。一つ一つの操作を意識的にやりました。今では自動的に働きます。最近他界したばかりの霊がしゃべる時はそこまでする必要はありません。霊媒の潜在意識に思念を印象づけるだけでよろしい。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかしそれにもかなりの練習がいります。それをこちらの世界の者同士で行います。そう易々とできる事ではないのです。こうして霊媒の口を使って思う事を伝えるよりはメガホンを使ってしゃべる方がずっと楽です。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―(訳者注―メガホンの中に発声器官をこしらえてしゃべる。詳しくは「ジャック・ウェバーの霊現象」国書刊行会―を参照されたい)人間の潜在意識はそれまでの生活によって働き方に一つの習性が出来ており一定の方向に一定の考えを一定のパターンで送っています。

『シルバーバーチの霊訓④』
その潜在意識を使ってこちらの思想なりアイデアなり単語なりを伝えるためには、その流れを一たん止めて新しい流れを作らなくてはなりません。もし似たような考えが潜在意識にあれば、その流れに切換えます。レコードのようなものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
その流れに乗せれば自動的にその考えが出てきます。新しい考えを述べようと思えば新しいレコードに代えなくてはならない訳です。この部屋に入ってくるのに壁は別に障害になりません。私のバイブレーションにとって壁は物質ではないのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
むしろ霊媒のオーラの方が固い壁のように感じられます。私のバイブレーションに感応するからです。最も私の方はバイブレーションを下げ、霊媒の方はバイブレーションを高めています。それがうまくいくようになるまで十五年も掛りました。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
霊媒のオーラの中にいる間、私は暗くて何も見えません。この身体によって私の能力が制限を受けています。この霊媒が赤ん坊の頃から身につけていく事を私がいかに使用するかを一つ一つ勉強しなければなりませんでした。最も足の使い方は知る必要がありませんでした。

『シルバーバーチの霊訓④』
私は足には用事がないからです。必要なのは脳と手だけです。この霊媒を支配している時に別の霊からのメッセージを口移しに伝える事がありますが、その時は霊媒の耳を使うのではなく私自身の霊耳を使います。全ては霊媒のオーラと私のオーラの問題です。

『シルバーバーチの霊訓④』
私のオーラは霊媒のオーラほど濃密でなく霊媒のオーラの中にいる時でも他の霊が私のオーラに思念を印象づける事ができます。言ってみれば電話で話をしながら同じ部屋の人の話を聞くのと同じです。二つのバイブレーションを利用しているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
同時にはできませんが切換える事は出来る訳です。【霊言現象は霊が霊媒の身体の中に入ってしゃべるのですか―】必ずしもそうではありません。大抵の場合オーラを通じて操作します。【霊媒の発声器官を使いますか―】使う事もあります。

『シルバーバーチの霊訓④』
現に今の私はこの霊媒の発声器官を使っています。拵えようと思えば私自身の発声器官を(エクトプラズムで)拵える事も出来ますが、そんな事をするのは私の場合はエネルギーの無駄です。

『シルバーバーチの霊訓④』
私の場合はこの霊媒の潜在意識を私自身のものにしてしまっていますから全身の器官をコントロール出来ます。言わば霊媒の意志まで私が代行し―霊媒の同意を得た上での話ですが―しばらく身体をあずかる訳です。終って私が退くと霊媒の意識が戻っていつもの状態に復します。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊媒の霊体を使う事もありますか―】ありますが、その霊体も常に肉体につながっています。【仕事を邪魔しようとする霊から守るために列席者にも心の準備がいりますか―】いります。一番大切な事は身も心も愛の一つになり切る事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうすれば愛の念に満たされた霊以外は近づきません。【霊界側でもそのための配慮をされるのですか―】もちろんです。常に邪魔を排除していなくてはいけません。あなた方出席者との調和も計らなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
最高の成果をあげるために全ての要素を考慮しなければなりません。こちらにはそのために組織された素晴しい霊団がおります。

『シルバーバーチの霊訓④』
【霊媒は本をよく読んで勉強し少しでも多くの知識をもった方がいいですか。それともそんな事をしないで自分の霊媒能力に自信をもって、それ一つで勝負した方がいいでしょうか―】それは霊能の種類にもよりますが霊媒は何も知らない方がいいという考えには賛成できません。

『シルバーバーチの霊訓④』
知らないよりは知ってる方がいいに決っています。知識というのは自分より先に歩んだ人の経験の蓄積ですから勉強してそれを自分のものにするよう努力した方がいいでしょう。私はそう思います。

『シルバーバーチの霊訓④』
【立派な霊能者となるには生活面でも立派でなくてはいけませんか―】生活態度が立派であれば、それだけ神の道具として立派という事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
という事は、生活態度が高度であればあるほど内部に宿された神性がより多く発揮されている事になるのです。日常生活において発揮されている人間性そのものが霊能者としての程度を決めます。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【という事は霊格が高まるほど霊能者としても向上すると言っていいのでしょうか―】決り切った事です。生活面で立派であればあるほど霊能も立派になります。自分の何かを犠牲にする覚悟の出来ていない人間にはロクな仕事はできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
この事はこうして霊界での生活を犠牲にして地上に戻ってくる私たちが身をもって学ばされた教訓と言ってもいいでしょう。【他界した肉親や先祖霊からの援助を受けるにはどうすればいいでしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓④』
あなたが愛し、あなたを愛してくれた人々は決してあなたを見捨てる事はありません。言わば愛情の届く距離を半径とした円の範囲内で常にあなたを見守っています。時には近くもなり時には遠くもなりましょう。が決して去ってしまう事はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
その人たちの念があなた方を動かしています。必要な時は強く作用する事もありますが反対にあなた方が恐怖感や悩み、心配等の念で壁を拵えてしまい外部から近づけなくしている事があります。

『シルバーバーチの霊訓④』
悲しみに涙を流せば、その涙が霊まで遠く流してしまいます。穏やかな心、安らかな気持、希望と信念と自信に満ちた明るい雰囲気に包まれている時は、そこにきっと多くの霊が寄ってまいります。

『シルバーバーチの霊訓④』
私たち霊界の者はできるだけ人間との接触を求めて近づこうとするのですが、どれだけ接近できるかは、その人間の雰囲気、成長の度合、進化の程度に掛っています。霊的なものに一切反応しない人間とは接触できません。

『シルバーバーチの霊訓④』
霊的自覚、悟り、ないしは霊的活気のある人とはすぐに接触がとれ、一体関係が保てます。そういう人はスピリチュアリストばかりとは限りません。

『シルバーバーチの霊訓④』
知識としてスピリチュアリズムの事を知らなくても、霊的な事を理解できる人であればそれでいいのです。とにかく冷静で受容的な心を保つ事です。取越苦労、悩み、心配の念が一番いけません。それらがモヤを拵えて私たちを近づけなくするのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【そういう霊にこちらからの念が通じますか―】一概にイエスともノーとも言いかねます。魂の進化の程度、波長の問題になるからです。もし双方がほぼ同程度の段階にあれば通じるでしょうが、あまりに距離がありすぎれば全く波長が反応し合いませんから通じないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
【他界した人の事をあまり心配すると霊界での向上の妨げになるのでしょうか―】地上の人間に霊界の人間の進歩を妨げる力はありません。霊は霊自身の行為によって向上進化します。人間の行為とは関係ありません。(絶対的拘束力はないという意味で述べている―訳者)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【世俗から隔絶した場所で瞑想の生活を送っている人がいますが、あれで良いのでしょうか―】“良い”という言葉の意味次第です。世俗から離れた生活は心霊能力の発達には好都合で、その意味では良いと言えるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
が私の考えでは、世俗の中で生活しつつ、しかも世俗から超然とした生活の方がはるかに上です。つまり霊的自覚に基いた努力と忍耐と向上を通じて同胞のために尽くす事が人間本来のあるべき姿だと思います。

『シルバーバーチの霊訓④』
【世俗から離れた生活は自分のためでしかないという事でしょうか―】一番偉大な事は他人のために己れを忘れる事です。自分の能力を発達させる事自体は結構な事です。が開発した才能を他人のために活用する事の方がもっと大切です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【これからホームサークルを作りたいと思っている人たちへのアドバイスを…】イヤな思いをする事のない本当に心の通い合える人々が同じ目的をもって一つのグループを拵えます。

『シルバーバーチの霊訓④』
週一回、同じ時刻に同じ部屋に集まり、一時間ばかり、あるいはもう少し長くてもよろしい、祈りから始めてそのまま瞑想に入ります。目的、動機が一番大切です。面白半分にやってはいけません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人のために役立たせるために霊能を開発したいという一念で忍耐強く、粘り強くコンスタントに会合を重ねていく事です。そのうち同じ一念に燃えた霊と感応し、必要な霊能を発揮すべく援助してくれる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
言っておきますが私どもは何かと目を引く事ばかりしたがる見栄っ張りの連中には用はありません。使われずに居眠りをしている貴重な能力を引き出し、同胞のため人類全体のために有効に使う事を目的とした人の集まりには大いに援助します。

『シルバーバーチの霊訓④』
【どうすれば霊媒や霊視能力者になれますか―】神のために自分を役立てようとする人はみな神の霊媒です。いかにして霊を向上させるか、これはもう改めて説く必要はないでしょう。これまで何回となく繰返し説いてきた事だからです。自分を愛する如く隣人を愛する事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
人の為に役立つ事をする事です。自分を高める事をする事です。何でも宜しい、内部に宿る神性を発揮させる事をする事です。それが最高の霊媒現象なのです。霊視能力者になる方法よりは神の光が見えるように魂の眼を開く方法をお教えしましょう。それも今述べたのと同じです。

↑トップへ↑

—–


8章 質問に答える

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】動物実験は正しい事でしょうか間違った事でしょうか。これによって人類の益になるものが得られるのでしょうか【シルバーバーチ霊】私はかねがね動物を使っての実験の全てに反対しております。そこに何一つ正当化すべきものは見出せません。

『シルバーバーチの霊訓④』
動物はあなた方人間が保護し世話すべきものとして地上に存在しているのです。その成長と進化を促進する責任が全面的にとは言えませんが、人間に託されております。その無力な動物に苦痛を与える事は、動物が人間に示す愛情と献身と忠誠に対するあまりに酷い報復です。

『シルバーバーチの霊訓④』
治癒力は自然界にさまざまな形で存在し、使用されるのを待っております。動物界の創造と進化をそんな形で邪魔しなくてもよいように必要なものは創造主がちゃんと用意してくださっております。私たちの世界から援助する霊は苦痛を軽減したり、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―不治と宣告された病すら治してしまう技術を身につけておりますが決して生体実験はいたしません。薬草を使う事があります。霊波を使う事があります。いずれも動物に対する残酷な行為は伴いません。宇宙には道義的な意図が行きわたっており非道義的なものは摂理に反します。

『シルバーバーチの霊訓④』
【問】スピリチュアリストの中にはスピリチュアリズムを占星術と同類と見ている人がいます。そういう人たちは地上の出来事は星によって宿命づけられ操られていると考えています【シルバーバーチ霊】生命現象は一連のバイブレーション、放射性物質、放散物から成っており―

『シルバーバーチの霊訓④』
―従って人間も自然界のあらゆる存在ないしは生命体によって影響されている事は確かです。そういったものが影響を及ぼしている事は事実ですが、どれ一つとしてどうしようもない宿命的な力をもってはおりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
あなたの誕生日にある星が地平線上にあったからといって、その星によってあなたの生涯が運命づけられていると考えるのは間違いです。全ての惑星、全ての自然、宇宙間のあらゆる存在、あらゆる生命体が何らかの影響を及ぼします。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかしあなたはあなたの魂の支配者です。あなたには自分で背負わねばならない責任があり、あなたの霊的進歩に応じて自分が運命を定めていくのです。

シルバーバーチ霊が多大な犠牲を払って地上人類にもたらしてくれた“ダイヤモンドの輝き”に譬えられる珠玉の霊的真理。僕たちはその美しい霊言の数々に触れる事で、大切な知識を得るチャンスを与えて頂いたのです。人類の宝とも言える霊界通信の書籍は、すぐ手の届くところにあるのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
占星術でいう惑星には確かに人体に影響を及ぼす放射性物質がありますし人体に影響を及ぼせば霊にも影響を及ぼす事になります。しかし霊は絶対です。全てに優るものです。いかなる恒星も惑星も星座も星雲も、人体に及ぶ影響を克服するその霊の威力を妨げる力はありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
私が言いたいのは要するにあなた方は神の一部である事、そして神性を宿すが故に、創造力を宿すが故に、この宇宙を創造した力の一部であるが故に、あなた方はその身体を牛耳ろうとする力に打ち克つ事ができるという事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
分りやすく言えば私も影響力の一つです。あなた方が付き合う人たちも何らかの影響を与えます。お読みになる本も影響力をもっております。しかしあくまで影響力にすぎません。それによってあなたが圧倒される事もないし、絶対的に支配される事もないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓④』
【再生は本当にあるのでしょうか―】再生は事実です。私はかつて地上へ再生した事のある霊に何人か会っております。特殊な使命を託された人、預けた質を取り戻したい人が自らの意思で行うものです。ただし再生するのは個的存在の別の側面です。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―同じ人格がそっくり再生するのではありません。ここに一個の意識的存在があって、そのごく小さな一部が丁度氷山のように地上に顔を出します。それが誕生です。残りの大きい部分は顕現しておりません。次の誕生つまり再生の時にはその水面下の別の一部分が顔を出します。

『シルバーバーチの霊訓④』
二つの部分に分れても個的存在全体としては一つです。これが霊界において進化を重ねていくと、その潜在している部分全体が顕現した状態となります。(表現する身体が精妙となっていき、それだけ神性が発揮しやすくなっていく―訳者)

『シルバーバーチの霊訓④』
【最近、一方で若者による犯罪が激増し、他方では体罰が禁じられている事に大いに考えさせられております。暴力以外に青春のはけ口を知らず、獣同然となってしまっている若者をどう扱ったらよいでしょうか。何かよい処罰の方法はないものでしょうか―】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―戦争が起きると気高い人間精神(愛国心)が昂揚される反面、敵を殺そうとする人類の最も残忍な性質が発揮されます。人間精神の極致ともいうべき英雄的行為を生むと同時に、むごたらしい野蛮性も生みます。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【両極性が発揮される訳ですね―】そういう事です。しかも暴力の方は戦争の必然性として大いに奨励される事になります。では戦争が終れば暴力と残虐性がすぐに引っ込むかといえば、そう簡単にはまいりません。既に無数の人間が獣性をむき出しにした状態になっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
そうした事態にどう対処すべきかをお尋ねですが、それには二つの方法があります。いずれも地上で敬々しく読まれている本(新旧聖書)にはっきりと述べられているものです。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―古い方は“目には目を、歯には歯を”(出エジプト記)と説き、新しい方には“己を愛するごとく隣人を愛せよ”(マタイ)と説きます。どちらが良いかは分り切った事です。前者の方法を取れば解決は得られません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―一時しのぎの荒療治にはなっても、罪悪ないし蛮行を根本から無くした事にはなりません。後者の方法を取りそうした邪悪が精神と肉体と霊との不調和から生まれている事を認識し、それを矯正する為の適切な手段を講ずれば彼らもまともな市民になっていくでしょう。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―私は後者の方法をお勧めします。【それは解るのですが問題はそうした暴徒にどう近づくか、彼らの従順な側面をどう捉えるかです―】従順な側面を捉えるかどうかの問題ではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
彼らの野獣性を鎮め、本来の姿である霊性を発揮させるような精神的治療を、さらに必要であれば霊的治療をいかに施すかの問題です。言ってみれば彼らは一種の病人であり、肉体と魂とが本来のつながりを失っているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
病気を治すにはいろんな方法がありますが、一番望ましい方法は身体と精神と霊の狂った関係に終止符を打ち、協調関係を取り戻させる事です。すると自動的に健康状態になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
それと同じで、秀れた心理学の専門家の協力、さらには心霊治療家の参加を得る事ができれば、きっとうまく行くでしょう。しかし残念ながら、地上はまだその段階まで来ておりません。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【これは非常に考えさせられる問題です。そういう若者はしっかりと体罰を課せば一応おとなしくなると思うのですが…】恐怖心を吹き込むばかりで、病弊の治療にはなりません。【でも、おとなしくさせる事は出来るでしょう―】できます。ですが、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―一個の人間としての問題の解決にはなりません。あなた方は極めて限られた視野で見ておられます。それはちょうど死刑にするのと同じです。その人間を地上から抹殺すれば問題は片付くじゃないかとおっしゃるようなものです。確かに一面から見れば片付いたと言えるでしょう―

『シルバーバーチの霊訓④』
―しかし本人はちゃんと(死後の世界で)生き続けているのです。(『霊訓』でインペレーターが死刑にされた人間の霊や戦死者の霊の怨念と激情が地上の犯罪や暴力沙汰に拍車をかけている事実を生々しく伝えている―訳者)

『シルバーバーチの霊訓④』
【一人の堕落者の更生の方が社会全体より大切でしょうか―】社会は個人が集まって出来あがっているのです。私が指摘しているのは“より良い方法”です。つまり暴力に暴力をもって対処するのではなく理解をもって臨み、凶暴性を鎮めて市民的意識を芽生えさせるという事です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【若者が暴徒と化してしまったのは我々にも責任があります―】私たちみんなに責任があります。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―なぜなら人類は一つであり、同胞へ及ぼす影響はこの私にも及びます。私たちが生活している宇宙は全生命があらゆる面において互いに依存し合っており、いかなる側面も他と隔絶する事はできません。

『シルバーバーチの霊訓④』
【ムチを使う事は一時しのぎであり、単に恐怖心でもっておとなしくさせるにすぎません―】現段階での地上人類はまだ社会悪に対する適切な矯正措置を生み出すところまで至っておりません。これは進化の問題です。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―かつては羊を一頭盗んだ者でも絞首刑にした時代がありました。死刑にしなかったら残りの羊はどうなるんだという理屈が大真面目でまかり通ったものです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【未熟な社会では未熟な処罰が許されるのだと思います―】“より良い”方法に目覚めた人が一人でもいる限りは許されません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―たとえば恐怖の監獄に放り込むのと、まじめな市民に更生させる目的をもった監獄の改善のために働かせるのと、どちらが“より良い”でしょうか。たった一人だけ更生に成功して九九人失敗に終ったとしても、何の更生手段も講じないでいるよりは“まし”です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【死刑制度は正しいとお考えですか―】いえ、私は正しいとは思いません。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―これは“二つの悪のうちの酷くない方”とは言えないからです。死刑制度は合法的殺人を許している事にしかなりません。個人が人を殺せば罪になり、国が人を殺すのは正当という理屈になりますが、これは不合理です。

『シルバーバーチの霊訓④』
【反対の理由は生命を奪うのは許されないからでしょうか。それとも国が死刑執行人を雇う事になり、その人にとって気の毒だからでしょうか―】両方とも強調したい事ですが、それにもう一つ強調したいのは、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―いつまでも死刑制度を続けているという事は、その社会がまだまだ進歩した社会とは言えないという事です。なぜなら死刑では問題の解決になっていない事を悟る段階に至っていないからです。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―それはもう一つの殺人を犯している事に他ならないのであり、これは社会全体の責任です。それは処罰にはなっておりません。ただ単に、別の世界へ突き落しただけです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【余暇の正しい使い方について教えてください―】余暇は精神と霊の開発・陶冶に当てるべきです。これはぜひとも必要な事です。なぜかと言えば身体に関した事は既に十分な時間が費やされているからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間は誰しも健康を維持し増進するための食生活には大変な関心を示します。最も必ずしも健康の法則に適っておりませんが…しかし精神と霊も発育が必要である事をご存知の方は殆どいません。

『シルバーバーチの霊訓④』
そういう人たちは霊的に見ると一生を耳を塞ぎ口をつぐみ目を閉じたままで生きているようなものです。自分の奥に汲めども尽きぬ霊的な宝の泉がある事を知りません。精神と霊が満喫できるはずの美しさを垣間見た事すらありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
誰にも霊的才覚が宿されている事を知らずにいます。それの開発は内的安らぎを生み人生のより大きい側面の素晴らしさを知らしめます。となれば霊性そのものの開発が何より大切である事は明らかでしょう。これは個々の人間のプライベートな静寂の中において為されるものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
その静寂の中で、まわりに瀰漫する霊力と一体となるのです。すると、より大きな世界の偉大な存在と波長が合い、インスピレーションと叡智、知識と真理、要するに神の無限の宝庫からありとあらゆるものを摂取する事が出来ます。その宝は使われるのを待受けているのです。

『シルバーバーチの霊訓④』
【直感について説明してください―】よろしい。一言で説明できます。“霊の即発”です。直感とは霊が自己を認識する手段です。普段の地上的推理の過程を飛躍します。―

『シルバーバーチの霊訓④』
―考えに考えた末に到達するような結論でも、電光石火の速さで到達します。同じ問題について多くの時間と思索ののちにやっと到達する事を“霊の即発”によって一気に我がものとしてしまう、一種の“一体化”の過程です。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【有色人種と白人とが結婚して子孫をこしらえる事は好ましくない事でしょうか―】私も有色人種です。これ以上申上げる必要があるでしょうか。地上では“色素”つまり肌の色で優劣が決まるかのように考えがちですが、これは断じて間違いです。

『シルバーバーチの霊訓④』
優劣の差はどれだけ自分を役立てるかによって決まる事です。他に基準はありません。肌の色が白いから、黄色いから、赤いから、あるいは黒いからといって、霊的に上でもなければ下でもありません。肌の色は魂の程度を反映するものではありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
地上世界ではとかく永遠なるものを物的基準で判断しようとしがちですが、永遠不変の基準は一つしかありません。すなわち“霊”です。全ての民族、あらゆる肌色の人間が神の子であり、全体として完全な調和を構成するようになっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
大自然の美事な“わざ”をご覧なさい。広大な花園で無数の色彩をした花が咲き乱れていても、そこには一かけらの不調和も不自然さも見られません。全ての肌色の人間が融合し合った時、そこに完璧な人種が生まれます。

『シルバーバーチの霊訓④』
【現段階の人間社会において、いわゆるハーフカースト(宗教または階級を異にする者同士の間の子孫、特にヨーロッパのキリスト教徒とヒンズー教徒またはイスラム教徒との間の混血児の事―訳者)の子孫も社会に受入れられるべきでしょうか―】―

『シルバーバーチの霊訓④』
―偏見を打ち崩し、誤った考えと闘わなければなりません。真理は、いかにその歩みはのろく苦痛を伴っても、真理であるがゆえに必ず前進するものです。価値あるものほど手に入れるのに困難が伴うものです。

『シルバーバーチの霊訓④』
成就は奮闘努力の末に得られるものです。勇気をもって挑戦しそして征服した者こそ賞賛に値します。恐怖心から尻込みし困難を避けようとする者に用はありません。人生とは学校です。刻苦と闘争、努力と困難、逆境と嵐の中をくぐってこそ魂は真の自我に目覚めるのです。

↑トップへ↑

—–


9章 宗教の本質と子供の宗教教育のあり方

『シルバーバーチの霊訓④』
【ある日の交霊会で“宗教”の定義を求められてシルバーバーチはこう述べた―】宗教とは同胞に奉仕する事によって互いの親である神に奉仕する事です。本来の宗教は地上の世俗的概念とはほとんど何の関係もありません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間の魂に内在する神性を地上生活において発揮させるものでなければなりません。自分と神とのつながり、そして自分と同胞とのつながりを大きくするものでなければなりません。宗教とは人のために自分を役立てる事であり、自分を役立てる事がすなわち宗教です。

『シルバーバーチの霊訓④』
その他の事とは何の関わりもありません。肉体が朽ちてしまえば、それまで永い間後生大事にしていたもの、そのために争う事までした教義の全てが空虚で無価値で無意味で無目的なものであった事を知ります。魂の成長を微塵も助長していないからです。

『シルバーバーチの霊訓④』
魂の成長は自分を役立てる事によってのみ促進されるものです。他人のために自分を忘れているうちに魂がその大きさと力を増すものだからです。地上にはこれまであまりに永い間あまりに多くの世俗的宗教が存在し、それぞれに異なった教えを説いております。

『シルバーバーチの霊訓④』
しかしその宗教が最も大事にしてきたものは実質的には何の価値もありません。過去において流血、虐待、手足の切断、火刑といった狂気の沙汰まで生んだ教義・信条への忠誠心は人間の霊性を一インチたりとも増しておりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
逆に、いたずらに人類を分裂させ、障壁をこしらえ、国家間、はては家族間にも無用の対立関係を生みました。論争の原因ともなっております。

『シルバーバーチの霊訓④』
分裂と不和を助長する事ばかりを行ってきました。神の子等を一つに結びつける事に失敗しております。私が宗教的建造物や俗にいう宗教に価値を認めない理由はそこにあります。主義・主張はどうでもよいのです。大切なのは何を為すかです。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
【続いて子供の宗教教育のあり方について聞かれて―】今日の子供は明日の大人であるというごく当り前の考え方でその問題と取組んでみましょう。当然それは学校教育を終えた後の社会生活において、その社会の重要な責務を担う上での備えとなるべきものでなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
意義ある社会の一員として、いかなる事態においても社会のため人類のために貢献できる人物に育てるための知識を授ける事が教育の根本義なのです。それには何よりもまず宇宙の摂理がいかなるものであるかを説いてやらねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
人間が有する偉大な可能性を教え、それを自分自身の生活と、自分の住む地域社会に役立てるために開発するよう指導してやらねばなりません。子供は感受性が強いものです。知能的にも、教えられた事が果たして真理であるかどうかを自分で判断する事ができません。

『シルバーバーチの霊訓④』
とても従順ですから教えられた事は何もかも本当の事と信じて、そのままを呑み込んでしまうのです。このように子供を教育する事は実に貴重でしかもデリケートな原料を扱っている事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
教え込んだ事がそのまま子供の性格のタテ糸となりヨコ糸となって織り込まれていくのですから教育者はまず教育というものの責任の重大さを自覚しなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
子供の潜在意識に関わる事であり教わった事はそのまま潜在意識に印象づけられ、それが子供のその後の思想を築いていく土台となるのです。その意味で、筋の通らぬ勝手な訓えを説く宗教家は動機がどうであろうと人類とその文明の将来に大きな障害を築いていく事になり、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―罪を犯している事になるのです。子供に種々様々な可能性が宿されている事を知らない、霊的真理に通じていない、子供が霊的存在であり神の子である事を知らない、宇宙に置ける人間の位置を理解していない人―こうした人に育てられた子供は健全な精神的発育を阻害されます。

—–

『シルバーバーチの霊訓④』
ここで子供の物的生活における必須の要素について語るのは私の領分ではありません。それについては既に十分な知識が普及しております。あらゆる分野の科学とあらゆる生命現象についての教育、地上なりの豊かな文学と芸術と教養の真価を味わえる精神を培う上で、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―役に立つもの全てを教えてやるべきである事は明白です。そこで宗教の問題に絞って申せば、宗教とは個々の魂が人生のあらゆる闘いに堂々と対処し、そして克服していく上での指導原理である以上、教育上極めて重大な意義を有する事は明らかです。

『シルバーバーチの霊訓④』
子供の一人一人が神の一部であり、本質的に霊的存在であるからには“自由”がもたらすところのあらゆる恵みを受けて生きるように意図されております。その魂を幼い時期に拘束し自由を奪うような事をすれば、それは魂の基本的権利を無視する事になります。

『シルバーバーチの霊訓④』
奴隷状態に陥らせる事です。霊的奴隷としてしまう事です。“自由”こそが教育の核心です。私の考えでは宗教についての正しい真理を教わった子供は自由闊達に成長します。教育に携わる人が子供に自由を与えてやりたいという意図からではなく、―

『シルバーバーチの霊訓④』
―古い神話や寓話への忠誠心を植えつけたいという願望から物事を教えていけば、それは子供の精神の泉を汚染する事になります。もし知性があれば拒絶するはずの間違った教義を教え込む事は、宗教的観点から見ても教育的観点から見てもその子にとって何の益にもなりません。

『シルバーバーチの霊訓④』
それだけでは済みません。いつかきっと反撥を覚える時期がまいります。無抵抗の幼い時期に間違った事を教え込んだ人たち皆に背を向けるようになります。幼い魂は若木のように逞しく真直ぐに生長するように意図されております。

『シルバーバーチの霊訓④』
それが間違った育て方をされるという事は存在の根をいじくり回される事であり生長が阻害されます。霊について、神とのつながりについて正しい真理を教えるのではなく倒れかかった教会を建直し空席を満たそうとする魂胆から誤った教義を押付けんとする者全てに対して―

『シルバーバーチの霊訓④』
―私は断固として異議を唱えます。宗教についての真実を申せば真理の全てを説いている宗教など有得ないという事です。どの宗教も真理の光のほんの一条しか見ておりません。しかも悲しい哉、その一条の光すら永い年月のうちに歪められ狂信者によって捏造されております。

『シルバーバーチの霊訓④』
子供には宗教とは人のために自分を役立てる事である事、ややこしい教義に捉われる事なく真面目で無欲の生活を送り、自分が生活している社会のために尽す事である事、それが神に対して真に忠実に生きるという意味である事を教えてやらねばなりません。

↑トップへ↑