シルバーバーチの霊訓 2巻

Pocket

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻
※当時の僕が記述したコメントがそのまま掲載されています。とても削除し切れませんのでその部分は読み流して下さい(祈)†

シルバーバーチの霊訓 2巻

1章 人のために役立つことを
2章 宿命と自由意志
3章 一教師の悩みに答える
4章 政治家とジャーナリストを招待して
5章 映画女優(スター)と語る
6章 霊媒現象の原理
7章 霊媒が入神しているとき
8章 背後霊の仕事
9章 この世、そしてあの世
10章 霊訓を必要とする時代
11章 新しい世界
12章 病気とカルマ(宿業)――エドワーズ夫妻を迎えて――
13章 質問に答える
14章 シルバーバーチの祈り
〝霊〟と〝魂〟――あとがきに代えて

—–


1章 人のために役立つことを

『シルバーバーチの霊訓②』
“新聞界の法王”の異名をもつ世界的ジャーナリスト、ハンネン・スワッハー氏がシルバーバーチの交霊会の様子を次のように紹介している【自分を人のために役立てる事―これが繰返し説かれ強調されてきたシルバーバーチの教訓の“粋”である】―

『シルバーバーチの霊訓②』
―【それを折ある毎に新たな譬えで説き、別の言葉で表現し、深い洞察力と眼識の光で照らし出して見せてくれる。我々レギュラーメンバーにとっては何年ものあいだ繰返し聞かされて来た事であるが、招待された新参者にとっては一種の啓示である】―

『シルバーバーチの霊訓②』
―【数日前、招待した三人は皆シルバーバーチの霊言に興味を抱く新参者である。そのうちの一人は爵位をもつ家柄の夫人でありながら庶民層への施しの必要性を説く仕事に身を投じて来られた。交霊会の当初からシルバーバーチが夫人の心を読取っている事を思い知らされた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたは私どもの説く教説の真実性をかねがね痛感しておられましたね(とシルバーバーチが語り始めた)あなたはこれまで宗教の名のもとに与えられて来た説教には不満を抱いておられました。これまで得た知識に加えてぜひスピリチュアリズムの知識が必要だと痛感されました。

『シルバーバーチの霊訓②』
そして何年か前に、残りの生涯をご自分より不幸な人々のために捧げようと密かに決意なさいました。「おっしゃる通りです」と夫人が続けると、続けてシルバーバーチは、しばしば困難に遭遇するその仕事についてこう述べて勇気づけた。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたが片時も一人ぽっちでいることはない事はご存知でしょう。人のために尽そうとされるその願望は自動的に私どもの世界で同じ願望を抱く博愛心に燃える霊を惹き寄せます。なぜなら双方に理解力における親和性があるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
永遠に変らぬものは“愛”です。人のために尽したいという願望から発する真実の愛です。私どもは肩書きも党派も教義も宗派も興味ありません。その人がその日常生活において何を為しているかにしか興味はないのです。

皆さん、何よりも大切な霊的知識を得ましょう。因果律の働きを理解しましょう。こういう地上生活を送ったら霊界に行ってこういう状況になる、という事を得心していれば…自分勝手・無責任な生活を送っていると下層界へ落ちて悲惨な状況になると知っていれば、絶対に日常生活を律するはずなんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
私どもにとっては“人のために尽す事”が宗教の全てなのです。人のために生きる者こそ最も神に近い存在なのです。そこに魂の存在価値があるのであり、人のためという願望を抱く者は自動的に霊界で同じ願望を抱いている霊を惹き寄せます。

『シルバーバーチの霊訓②』
その人間を介して自分を役立てたいと思う霊が寄って来るのです。霊界には地上で人類解放のために生涯を捧げた霊が無数におります。その気高い使命は墓場で終ったのではありません。霊の世界へ来てからの体験によってむしろその使命感を一層強烈に感じるようになります。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊界から地上世界を見ると悲劇と悪行が目に余ります。強欲と利己主義と略奪が横行し改めねばならない事が無数にある事が分ります。そこでそんな地上を少しでも良くし美しくするために自分を役立てるための媒体として同じ願望を抱く人間を求めるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
これが人のために役立てるという事の仕組み、自分を無にして霊力に委ねるのです。霊力を取り留めのないもののように想像してはいけません。実体があり直接的にあなたの心に触れる事ができ、それがあなたを通じてさらに他人へ働きかけより大きな悟りを開く助けとなります。

『シルバーバーチの霊訓②』
【ここで夫人が良い講演をするにはどうしたらよいかを尋ねた―】精神統一をなさる事です。時には煩雑なこの世の喧騒を離れて魂の静寂の中へお入りになる事です。静かで受身的で受容性のある心の状態こそ霊にとって最も近づき易い時です。

『シルバーバーチの霊訓②』
静寂の時こそ背後霊が働きかける絶好機なのです。片時も静寂を知らぬような魂は騒音のラッシュの中に置かれており、それが背後霊との通信を妨げ、近づく事を不可能にします。ですから少しの間でいいのです。精神を静かに統一するよう工夫する事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
すると次第に役に立つ良い考えが浮かんで来るようになります。背後霊のオーラとあなたのオーラとが融合する機会が多いほどそれだけ高度なインスピレーションが入ってきます。どれほど多くの愛があなたの周りを包んでいるか、それが判って頂けないのが残念です。

『シルバーバーチの霊訓②』
その様子を言葉でお伝えするのは容易ではありません。人間は目に見え耳に聞こえるものによって現実を判断します。お粗末な手段であるとはいえ止むを得ない事です。しかし本当は目に見えないところに同じ志を抱く霊が待機し堕落せる者を立ち上がらせ、心弱き者を元気づけ―

『シルバーバーチの霊訓②』
―困窮せる者を救い、病人を癒し、肉親に先立たれた人を慰め、道に迷える者、疲れ果て煩悶する者たちに知識と叡智と悟りを授けんとしてその好機を窺っております。あなたには為すべき事があります。そしていずれおやりになる事でしょう。

本の内容を撃てば撃つほど僕がする事になってしまった霊的知識普及の使命の「重大性」を認識せずにいられません。霊的知識が地上に根づく事がいかに急務かつ重要である事か。イエス様の怒涛の連続顕現の意味、そしてご意志をひしひしと感じるのです。僕はこんな器じゃないけどやるしかないんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【もう一人の招待客は出版業を営む男性で、ヨーロッパ中に洪水の如く良書を行き亘らせる事が夢である。というのは知的水準の高い良書という良書がヒトラー政権のナチ党員によって焼却されてしまい、今その失われた知識を求める声がしきりに聞かれるからである】―

『シルバーバーチの霊訓②』
―【シルバーバーチはこの男性に対し、これまでも霊が陰から援助して来ている事実を語り、のっぴきならぬ状態に差し掛かるたびに霊の救いの手が差しのべられてきた事実を指摘した。そして書物を出版する仕事はただの商売と呼ぶ人がいるかも知れないが、】―

『シルバーバーチの霊訓②』
―【立派に神の計画の一翼を担っている事、そして彼の動機の崇高さ故に何物も阻止し得ない事を説いてからこう語る―】私には人生に疲れ切った人間の数々―生活は暗く、あたかも霧と靄の中で暮しているような人間、肉体的、知的、霊的にがんじがらめにされた人間が見えます。

『シルバーバーチの霊訓②』
そこで私どもはその束縛から解き放すための援助の手を差しのべようと願っているのです。あなたには今心で願っておられる事を成就するチャンスがあります。恐れる事なく立ち塞がる困難に惑わされる事なく、あなたがこれまで三度は試みられた事を今一度試みて頂きたい。

『シルバーバーチの霊訓②』
真一文字に突き進みなさい。障害と思える事も近づいて行けば雲散霧消します。忘れないで下さい。あなたに生命を賦与した力、息吹を与えたエネルギー、あなたに意識を与えた生命力は、この宇宙を創造し極大極小を問わず全存在に生命を与えたのと全く同じものなのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
心に唯一の目的を抱いて真一文字に進む事です。そうすれば必ずその力があなたを支えてくれます。

シルバーバーチ霊が多大な犠牲を払って地上人類にもたらしてくれた“ダイヤモンドの輝き”に譬えられる珠玉の霊的真理。僕たちはその美しい霊言の数々に触れる事で、大切な知識を得るチャンスを与えて頂いたのです。人類の宝とも言える霊界通信の書籍は、すぐ手の届くところにあるのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【三人目の招待客は先程の出版業者の秘書で、いきなりシルバーバーチにお褒めの言葉を頂戴して赤面した。見通しの真っ暗な時、出版による文化の普及がもはや絶望的と思えた時期にこの女性が社長を励まし続けてきた。これも人のためである。シルバーバーチは語りかけた】―

『シルバーバーチの霊訓②』
―あなたも細胞の寄せ集め以上のものを宿しておられるお一人です。黄金の心、純金の心、最高の金でできた心をお持ちです。これまで精錬と純化を重ねて今まさに最高の光沢をもって輝いております。そこに憎しみの念など一かけらもなく愛と哀れみの情が溢れております。

『シルバーバーチの霊訓②』
そのあなたに私が申上げる事は、まっしぐらにその道を進む事、それだけです。生命、愛、記憶、意識―こうしたものは墓場を超えて存続し、この世的な取越苦労、病気、苦痛から解放された霊が新たなエネルギーと生命力をもって心機一転あなた方を援助してくれます。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたのこれからの人生にも期待できる事が大いにあります。自信をもって邁進なさる事です。【その秘書が「私は本当に無力なのです」と述べると―】ご自分で思っておられるほど無力ではありません。女性は男性に比べて知性より情緒に支配されるため弱い面があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかしそれは決して悪い事ではありません。それだけ感受性が強いという事だからです。男性より繊細な属性を具えており、それだけ私たち霊界の者からの働きかけに敏感であり、影響を受けやすいという事になります。

『シルバーバーチの霊訓②』
その点男性はあまり情緒性がありません。その生活は心より頭によって支配されております。精妙な生命力の働きに女性ほど敏感でなく、ために情緒の自然な発露としての喜びの多くが感識できないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
むろん女性が情緒的である事にもマイナス面はあります。心の痛みを男性よりも強く感じてしまう事です。しかしそれも身体にはない魂の属性の一つである事に変りありません。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【交霊会を閉じる前にシルバーバーチはいま自分のそばにキア・ハーディ(英国の政治家で労働党の創設者の一人)が立っていたと言い、本日彼が来た理由は招待客の一人で最初に紹介した夫人がキア・ハーディの熱烈なファンであったからだと説明した。そしてこう語った―】

『シルバーバーチの霊訓②』
ハーディ氏は偉大な霊の一人です。氏には庶民一般に対する思いやりがあります。氏はこれまで社会事情の推移を残念に思っていないと言っておられます。というのは庶民の権利獲得の闘争は永くそして漸新的なものである事を覚悟しておられるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
氏は庶民が一段また一段と生得の権利の獲得を目指して梯子を昇っていく様子を見つめております。それを阻止できる者はないと氏は信じております。庶民の幸福を妨げようとする運動は決して永続きしません。

『シルバーバーチの霊訓②』
なぜならいかなる人間も、いかなる階級も、いかなる教義も、神の子を騙してその生得の権利を奪う事は許されないからです。一時的には神の計画を邪魔する事はできます。しかし霊的な力は人間の力より大きく、正義のために闘う者は必ずや勝利を収めます。

『シルバーバーチの霊訓②』
ハーディ氏もその正義の福音を信じておられるのです。ここで私たち全てが大いなる目的のための道具である事を銘記しましょう。【そう述べてから締めくくりの言葉に入った―】常に崇高なる目的のために我々を使用せんとする偉大なる力の存在を忘れぬように致しましょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
常に神と一体であるように生活に規律を与え、神の心を我が心と致しましょう。そうすれば我々が神の意図された通りに努力している事を自覚するでしょう。神の御恵みの多からん事を。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【かくして人のために尽くさんと心掛けている人々が心を新たにし勇気を新たにして会を後にする。以上がハンネン・スワッハーによるある日の交霊会の描写である。“人のため”という教えはシルバーバーチが繰返し説いているテーマであり、別の交霊会でもこう語っている―】

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちが説く全教説の基調は“人のために己を役立てる”という言葉に尽きます。地上世界のガンとも言うべき利己主義に対して私たちは永遠の宣戦を布告します。戦争を生み流血を呼び、混乱を招き破壊へ陥れる、かの物質万能主義を一掃しようと心を砕いております。

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちの説く福音は互助と協調と寛容と同情の精神です。お互いがお互いのために尽し合う。持てる者が持たざる者、足らざる者に分け与える。真理を悟った者が暗闇にいる者を啓発するために真理という名の財産を譲る。そうあって欲しいのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上にはその精神が欠けております。人間の一人一人が持ちつ持たれつの関係にある事、全ての人間に同じ神性が流れている事、故に神の目には全てが平等である事、霊的本性において完全に平等であるとの観念を広める必要があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
性格において生長において、進化においてそして悟りにおいて、一歩先んじている者が後れている者に分け与えるという行為の中に偉大さがあるのです。霊的な仕事に携わる人たち、己の霊的才能を真理探究のために捧げる霊媒は、自己を滅却する事によって―

『シルバーバーチの霊訓②』
―実は自分が救われている事を知るでしょう。なぜならその人たちは人間はかくあるべきという摂理に則った行為をしているからです。それは取引だの報酬だのといった類のものではなく、多くを与える者ほど多くを授かるという因果律の働きの結果に他なりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
こうして今あなた方と共に遂行している仕事においても、お互い一人一人が欠かせない役割を担っております。今私たちはいわば霊的戦争の兵籍に入り、あらゆる進歩の敵―

『シルバーバーチの霊訓②』
改革、改善、改良、人道主義、善意、奉仕の精神を阻止せんとする勢力と対抗した闘いにおいて霊界の軍団の指揮下に置かれております。私たちの仕事は何世紀にもわたって無視されてきた霊的真理を人類に理解させる事です。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
一部の人間だけに霊力の証を提供するだけでは満足できません。その豊かな霊的“宝”驚異的な霊力がひとりでも多くの人間に行きわたる事を望んでいます。無数の人間が普段の生活において真理と知識と叡智の恩恵に浴せるように、というのが私どもの願いなのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
神からの霊的遺産として当然味わうべき生命の優美さ、豊かさを全く知らない人間の数の多さに愕然とさせられます。餓死の一歩手前でようやく生きている人々、地上生活の最低限の必需品さえ恵まれずにいる人々を座視する訳にはまいりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
地球の富の分配の不公平さを見て平然とはしておれないのです。それは大変な仕事です。そしてあなた方はその実現への最短距離に位置しておられます。あなた方は新しい時代に入りつつあります。人類の新しい時代の夜明です。

『シルバーバーチの霊訓②』
その恩恵の全てに浴したければ、真理の受入れを邪魔してきた愚かな教義をかなぐり棄て無知の牢獄から脱け出て、自らの自由意志で歩み神が意図された通りに生きる事です。獲得した知識は着実に実生活に活かしていくように心掛けましょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
その知識全体に行き亘る霊的理念に沿って生活を律しましょう。人間の勝手な考えや言葉や行為で色付けせずその理念に忠実に生き、その行為を見た全ての人からなるほど神のメッセンジャー(使者)であり霊界からの朗報の運搬人であると認めてもらえるようになりましょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
そう努力する事がまた、より大きな叡智、より大きな愛を受けるに相応しい資質を身につける事になり、また宇宙間の全生命の宿命を担いつつ一切を懐に包んでいるところの、その驚異的な霊力とのいっそう緊密な繋がりを獲る事になるのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【別の交霊会でシルバーバーチは「お金は盗まれる事があっても知識は絶対に盗まれません。叡智も盗まれません。そうした貴重な真理は一たん身についたら永遠にあなたのものとなります」と述べている。続いてシルバーバーチはリラックスする事の効用を次のように説く―】

『シルバーバーチの霊訓②』
リラックスと言っても、足を暖炉の上にでも置いて椅子にふんぞり返る事とは違います。身体の活動を中止し、静かに休息して内なる自我を取戻し、その霊力が本来の威厳と力とを発揮し潜在力が目を覚ます機会を与える事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方の世界にはそういう機会がありませんね。目覚めている間にする事と言えばただ忙しくあっちへ走りこっちへ走り、その場限りの他愛ない楽しみを求めて“あたら”貴重な時間を費やしています。

『シルバーバーチの霊訓②』
そうした物的生活に心を奪われている魂のすぐ奥には永遠に錆びる事も色褪せる事もない貴重な知識と叡智と真理の宝が、あなた方によって存分に使用される事を待受けているのです。一度手に入れたら永遠にあなた方の所有物となるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【ここでかつてのメンバーの一人で理由あってしばらく欠席し、この度何年ぶりかで再びレギュラーとなった人が、シルバーバーチが以前と少しも変らず雄弁で魅力的で説くところも一貫して変っていない事を述べると―】

『シルバーバーチの霊訓②』
おっしゃる通り私はかつてと同じ霊であり説くところの真理も同じ真理です。ただそれを説く対象である地上の人間はかつてと同じではありません。常に変りつつあり、叡智の声に耳を傾け霊の力を受入れる者が次第に増えつつあります。真理は大いに進歩を遂げました。

『シルバーバーチの霊訓②』
【そう述べながらもシルバーバーチは真理普及の立役者は自分ではないと主張してこう述べる―】私の力でそうなったのではありません。そんな大それた事は私は申しません。

『シルバーバーチの霊訓②』
無論私も私なりに貢献しているでしょうが、それは無数の霊が参画している大いなる献身的事業のホンの小さな一部にすぎません。これまで成遂げた進歩は確かに驚異的なものがありますが、もっと大きな進歩が遂げられんとしております。何事も最初が肝心なのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【さてシルバーバーチは自分が霊界のマウスピースに過ぎない事をよく強調する―】私はこうした形で私にできる仕事の限界を十分承知しておりますが同時に自分の力の強さと豊富さに自信をもっております。自分が偉いと思っているというのではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
私自身はいつも謙虚な気持、本当の意味で謙虚なのです。というのは私自身はただの道具にすぎない―私をこの地上に派遣した神界のスピリット、全てのエネルギーとインスピレーションを授けて下さる高級霊の道具にすぎないからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
が私はその援助の全てを得て思う存分に仕事をさせてもらえる。その意味で私は自信に満ちていると言ってるのです。私一人では全く取るに足らぬ存在です。がそのつまらぬ存在もこうして霊団をバックにすると自信をもって語る事ができます。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊団が指図する事を安心して語っておればよいのです。威力と威厳にあふれたスピリットの集団なのです。進化の道程を遥かに高く登った光り輝く存在です。人類全体の進化の指導に当っている、真の意味で霊格の高いスピリットなのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【閉会に当りシルバーバーチは次のように語った―】私たちは深刻さの中に笑いの要素をもたらしました。他界した古き知友との再会を実現させました。死によって隔てられていた絆を取戻した事を嬉しく思います。人のために己を捧げる者は必ず報われます。

『シルバーバーチの霊訓②』
この集会には真剣な目的が託されている事を忘れてはなりません。人類の行く手に待つ危険な落し穴を教えてあげる重大な任務を帯びているのです。人生に疲れ迷う人々の心を軽やかにし精神を目覚めさせ指導と助言となるべき霊的な光を顕現してあげようと努力しているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
困難と懐疑と絶望の中にある者には魂の避難場所を提供してあげる事ができます。人間の歩むべき道つまり内在する崇高な精神を存分に発現させる方法を教える事ができます。

『シルバーバーチの霊訓②』
そして何にもまして、全ての光と全ての愛の大根源より発せられる荘厳な神的エネルギーの存在を自覚せしめます。それは決して遥か彼方の手の届かない場所にあるのではありません。全ての人間の魂に内在しているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
それは実にこの大宇宙を造り上げたエネルギーであり、自然界のすみずみまで流れているエネルギーであり、その存在を自覚する者が見棄てられる事は絶対にありません。

↑トップへ↑

—–


3章 一教師の悩みに答える

『シルバーバーチの霊訓②』
【ある日の交霊会に学校の教師が招かれた。スピリチュアリズムを信じ、それを若い学生に教えたいと思いながら、思うに任せない悩みを抱えている。普通なら招待客の質問を聞いてシルバーバーチが答えるのがパターンであるが、その日は意外な展開となった―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【開会早々まずシルバーバーチから語り出したのである―】あなたの質問をお受けする前に二、三私の方から述べさせて頂きたい事があります。あなたはこれまで数々の難問に直面し、悩みを抱え、あれこれと心の中で反問し、胸を焦がし、思想上の葛藤を繰返して来られましたが―

『シルバーバーチの霊訓②』
―それはあなたが自分の理性の指図による判断に基づいて自分なりに得心した道を歩む上でぜひとも必要な事でした。それは安易な道ではありませんでした。あなたがいい加減な事では済まされない性格であり、何事も全身全霊を打ち込むタイプであり、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―他人も同じであってくれる事を望まれる方だからです。私の言わんとする事がお判りですか【「全くおっしゃる通りです」とその教師が答えるとシルバーバーチはさらに続けた―】私がぜひとも指摘しておきたい事は、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―霊的知識の恩恵を受けた者はあくまでも理性の光に従わねばならないという事です。他界した霊がこうして再び戻ってくるそもそもの目的は、父なる神が子等に授けた全才能を発揮するように地上人類を促す事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
知識の探求、叡智と真理の追求において理性を無視したり道義の鏡を曇らせたり良識を踏みにじるような事があってはなりません。私たち霊もあなた方人間とよく似た存在です。まだまだ人間的なところがあり、過ちも犯せば失敗もします。

『シルバーバーチの霊訓②』
絶対的不謬性も完璧性も主張しません。人生の道において少し先を歩み、少しばかり多くの真理を学び、どういう地上生活を送ればこちらへ来てからどういう事になるかを、この目で見てきたというだけです。

アタック帰還。打撲で内出血のヒザで林道を走りまくってきました。一週間分の「モノ」を振捨ててきました(滝汗)さ、使命遂行再開です。僕の撃った霊的知識の抜粋をご覧の方々、感謝です☆これからも撃ちまくりますので見てやって下さい。そしてぜひ書籍を手にして実生活に反映して頂きたいです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
そこで私たちは人類のために何とかしてあげたい―霊的真理を教える事によって、これまで同胞が犯してきた過ちを二度と犯さないで済むようにしてあげたい。

『シルバーバーチの霊訓②』
私たち先輩の叡智を学び、宿された神性を活用する事によって地上をより良い、より自由な、そしてより豊かな生活の場としてあげたい。それがひいては霊界が地上から送られてくる未熟で準備不足で不用意な不適格者によって悩まされる事が無くなる事にもなります。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかし私たちに協力して下さる人々も自分なりの理性、自分なりの判断、自分なりの自由意志を放棄してはなりません。私たちはあくまでも協調による仕事に携わっております。専制君主のような態度は取りたくありません。あなた方をロボットのように扱いたくはありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
死の淵を挟んだそちらとこちらの関係において“同志”として手を握り合い、霊的知識の普及という共通の目的のために共に働き、何も知らない無数の地上の人々へ身体と精神と魂の自由をもたらしてあげたいと望んでおります。

『シルバーバーチの霊訓②』
いかに立派な霊であっても、高級な霊であっても、博学な霊であっても、その説くところがあなたの性分に合わない時、不合理あるいは不条理と思える時は遠慮なく拒否するがよろしい。あなたには自由意志があり自分で自分の生活を律していく責務があるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちがあなた方の人生を代わりに生きてあげる訳にはまいりません。手助けはできます。指導もできます。心の支えになってあげる事も出来ます。ですがあなた方自身が背負うべき責務を私たちが背負ってあげる訳には行かないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちの願いはあなた方に生き甲斐のある人生を送って頂く事、つまり内在する才覚と能力と資質とを存分に発揮して頂く事です。そうなる事が現在の地上生活の目的に適う事であると同時に、やがて死を迎えた時に次の段階の生活への備えもできている事になるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
これが私の基本的人生観です。そしてこれまで永い間私の訓えに耳を傾けて下さった方なら認めて下さると思いますが、そうした人生を最終的に判断を下すのは、あなた自身の“理性”であるというのが私の一貫した考えです。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「スピリチュアル・ストーリーズ」これは霊界の存在を当り前のものとして書かれた初めての児童向け童話です。僕はこの本、最高に大好きです。美しすぎるのです。この本を読むたび、センナちゃんもきっとこんな幼少期だったのだろうと思うのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【ここで教師はシルバーバーチの助言と勇気づけの言葉に礼を言い、ここ数年の間悩み続けて来たので身に沁みて有難く感じると述べ、さらにスピリチュアリズムの普及にどうすれば貢献できるかと尋ねた―】地上世界は今、他人のためになる行為なら何でも必要としております。

『シルバーバーチの霊訓②』
何でもよろしい。自分でこれならできると思われる事をやり始める事です。すると道が開け、進むにつれてどんどん広がっていくものです。他の大勢の人たちがそういう体験をしております。未来は過去から生まれます。これまでに起きた事は、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―その中から将来に役立つものを見出しさえすれば全て価値があった事になります。【(そこで教師が自分の考えをこう述べた)私の過去は霊的知識を幾らかでも獲得した事で有益だったと思っております。イザという時に役立つもの、―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【―現在の意識の段階に辿り着くために経なければならなかった貴重な体験を得させてくれました。それが言わば私の人生の第一章で、これから第二章へ進みたい。つまりささやかながらこれまで得た知識、これから得られるであろう知識を実生活で役立てたいと思っております―】

『シルバーバーチの霊訓②』
立派なお考えです。霊的知識の普及という仕事で私たちに協力して下さるお気持が無為に終る事は絶対に無いと思って下さい。それが私たちの仕事だからです。霊的知識によって地上人類を啓発し、無知の暗闇を照らし、明るい真理の光をもたらす事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方人類を救わんと志す霊団の導きに身を委ねて下されば、あなたに出来る仕事はいくらでもあります。【許されるなら小さな霊団と仕事をしたいと思っております。今霊界には他界するまで私の心霊仲間だったものが二人おり、三人でチームを結成できると思うのです―】

『シルバーバーチの霊訓②』
それは可能な範囲に限るのであれば結構な事です。二人も喜んで協力するでしょう。あなた方を結びつけているのは愛と親交だからです。その点は何のご心配もいりません。ただあなたも自由意志をもった一個の霊であり簡単に自分の考えを譲るような事をしてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓②』
能力の限りを尽くす心の準備を整えた上で、何を目標として進むかを明確に確認し合わなくてはいけません。それから、計画がうまく運ぶのは結構ですが、急いては事を仕損じる、という事があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
顕幽にまたがるこの種の仕事の難しさは、お互いの持ち場がきちんと定まらない微妙な状態で協力し合っているために、地上の人間の勝手な行動によって計画全体が台無しになる事がある事です。お判りですか。

睡眠と覚醒の中間状態にて、高級霊と思われる沢山の方々、本当に沢山の方々に顕現して頂きました。僕という小さなチャンネルを何としても活かそうとする皆さんの意気込みを感じずにはいられません。頭では分ってるんです。何としても使命を果たします、と。でもそんな単純な問題じゃないんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【なるほど。全てがいかに細かく配慮されているかが判ってきました。挫折の法則について私が抱いてきた疑問もこれで解けました―】私たちの全てが従わなければならない計画があり、それに向っての照合と再照合があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
それは法則によって支配されており、大枠において一人一人に割当てられております。地上においてはその計画達成に二つの方法があります。ひとつは近道とでも言うべきもので、大勢の人を目を見張らせる方法で手っ取り早く魅了してしまうやり方です。

『シルバーバーチの霊訓②』
これにも利点はあります。が結果として及ぼす影響力に永続性がありません。容易に得られるものは価値は無いものです。手に入れても価値が無ければ高い評価は得られません。もう一つの方法は個々の魂が困苦と闘争と困難、悲しみと悩み、病と悲哀を通して自ら学ぶ事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
自我に目覚めて神に必死に助けを求めます。その時こそ、すなわち魂が培われ土壌が耕された時こそ、真理のタネが芽を出す時です。こうして得られたものはそう易々と失われるものではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
【私は教師としての職業柄、青少年に大いに関心があります。あなたの霊訓のようなものを教える事ができたらと思います。私の手がけた若者の助けになる事をしたいのです。既に(第一次)大戦で死んだ者もおり、援助を必要としております。―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【また戦争のために社会復帰がうまく行っていない者もおります。そうした私の教え子の多くに人生思想と宗教を教える仲介役になれるのではないかと思うのです、また書く事によってさらに広い範囲の人々に思想を広め、同時に語り伝える事が出来ればと思っております―】

『シルバーバーチの霊訓②』
そうした奇特な望みは大いに叶えられるべきです。ただ最初にお述べになった事は慎重におやりにならないといけません。教師という立場上、難しい問題があるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
一般論としては若人にこうした霊的知識を教え込む事は可能です。が、あなたの場合は特殊なラベルは用いない方がよいでしょう。

僕が心の底から使命遂行に燃え切れないからなのでしょう。幽体離脱でどうしても下層界へ引張られて日々不愉快な思いをさせられています。今日も最低でした。明けても暮れても僕の心が望まないものが降って来ます。大嫌いなものを大好きになれと言うのですか。そんな超高度な心の操作をしろと…(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
しばしば申している通りあなた方はスピリチュアリズムと言われますがこれは地上でのラベルであって私にとっては自然の法則そのものなのです。スピリチュアリズムという用語を用いる人、特にその真意を知らない人にとっては何やら不気味な感じを与えます。

『シルバーバーチの霊訓②』
それよりも大自然の法則―宇宙の物質的・精神的・霊的法則、まだまだ未開拓のままである人間の潜在的能力、表面下に存在する活動の世界すなわち超自然界、人間のもつより繊細な能力―こうした広大な分野は“スピリチュアリズム”とか“霊媒現象”といった、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―誤解されやすい用語を用いなくても教える事が出来ます。詭弁を弄しなさいと言っているのではありません。真理には多くの側面があり、従って特別なラベルを貼らなくても表現できる事を言っているのです。既に他界した人にも、地上で幻滅を感じている人にも―

『シルバーバーチの霊訓②』
―霊的知識を普及するチャンスを与えてあげる事によって大いに助けになってあげられます。今夜のこうした集会は私たち霊界での真理普及のためにもよく利用されています。(別のところで“本日の交霊会には五千人もの霊が集まっている”と述べている―訳者)

『シルバーバーチの霊訓②』
そうした集会に集まる人々にあなた自身の体験―どのようにして死んだはずの人々と交信できたか、どんな事を聞かされたかを話してあげる事ができます。そして、あなたの想像以上の多くの方々が聞く耳をもっている事を知るでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
もちろん聞く耳をもたない人もいます。会をやめざるを得ない事になるかも知れません。あなたを変人と思う人もいる事でしょう。【耳を傾けた人は、あとになってそれが芽を出す事になるでしょう―】必ず役に立ちます。魂に備えが出来るまでは側から手の施しようがありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
魂みずからが自分を発見しなければならないものだからです。が実際にはちゃんと備えが出来ている場合が多いものです。そういう人が啓発を求めてあなたのもとに連れて来られます。

皆さん、僕たち人間の知性など遥か遥か超える崇高な叡智によって紡がれた霊界通信の書籍に触れてみませんか☆イエス様は僕たち地上人類が霊的真理を得心する事を心から望んでおられます。高級霊の方々は地上人類のために犠牲的活動を続けて下さっているのです。僕たちはその愛に応えるべきです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【(ここで別の列席者が発言した)確かに若者というのは何かを耳にすれば遅かれ早かれ必ず何らかの反応が生じるものです―】おっしゃる通りです。たとえその時は反発を覚えても、それが潜在意識に印象づけられ、ずっと存在し続け、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―本当にそれを必要とする時機が到来した時に呼び醒まされて活動を開始します。【(そこで教師が質問した)私の場合はスピリチュアリスト教会との関係になるのでしょうか。それとも他の分野での仕事になるのでしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓②』
私の見た限りで判断した意見を申上げれば、あなたの場合は特定の組織内での仕事よりは、もっと広い範囲に向けるべきでしょう。教会とか協会とか団体との関係をもってはいけないと言っているのではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
機会があれば時にはそうした組織のために活動して別に悪いとは申しませんが、私の見る限りでは、そこはあなたの本来の舞台ではないという事です。あなたの場合はその種の教会に近づく事のない人々へ手を伸ばす事が可能です。

『シルバーバーチの霊訓②』
その範囲内においてあなた自身も影響を受け、あなたの方から影響を与える事もできます。その世界は教会関係とは縁がなさそうですね。【全くありません―】あなたは今日、私が(霊界から)ここへ来る前に出席者に話しておられましたね―

『シルバーバーチの霊訓②』
―あなたの家で催される交霊会の支配霊はアフィニティ(※)とだけ仕事をしたがる、と。(※同じ霊系に属する類魂で、霊的血縁関係とでもいうべきもの―訳者)【実は私が今日真っ先に書きとめておいた質問はその事でした―】

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたのアフィニティは教会関係ではないと思います。アフィニティというものは、それ以外に結びつける要素のない関係においては強力な縁となりますが、縁というものは他にもさまざまな形態をとりますし、私たちはその全てを利用するようにしています。

『シルバーバーチの霊訓②』
【このあと、それに関連して教師から出された質問に対してシルバーバーチは「全ての出来事は因果律の絡み合いです」と述べてから、さらにこう続けた―】

霊的知識に理解のある方、志をお持ちの方、もし良ければ霊関連書籍の抜粋内容をRTして頂けないでしょうか。イエス様はこの地上に大切な霊的知識の光が広まる事を切に切に望んでおられます。皆さんもRTでイエス様の御意志を遂行できるのです。皆さん、ぜひぜひRTよろしくお願い致します(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
人生にはその二つの力が作用しております。原因に対し寸分の狂いもない正確さをもってそれ相当の結果が生じます。結果は原因に従うほかはないのです。その原因もまたそれ以前の原因の結果でありその関係が人生のありとあらゆる側面に途切れる事なく無限に続いております。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかしあなたにとって何一つ無駄というものはありません。真理は真理です。どうけなしても真実なものは真実です。ニセモノは早晩消えていきます。が真理はどうケチをつけてもその真実性が損なわれる事はありません。それが真理というものなのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
真理というものは一度手に入れたら二度と失う事はありません。他のあらゆるものを失い、取逃がし、人生が底なし沼のように思われる時でも真理だけは必ずあなたの味方になってくれます。不動の決意をもって泰然としていられる堅固な土台を提供してくれます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【ここで教師が一つの疑問を提示した。いつも良い証拠を提供してくれる霊媒が金銭問題のような俗世的問題になると頼りにならないという事だった。すかさず他の出席者が「それはその霊媒がそうした問題には不得手なのですよ」と言うと―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【シルバーバーチは霊媒を通じて霊にアドバイスを求める際の重大な問題点を指摘した―】それにもう一つ、交霊関係における法則の一つに、霊の側から自発的に述べる情報の方が人間の側からの質問に応じて述べるアドバイスよりも霊的要素が大きいという事があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
今のあなたにとって重大と思える純粋に俗世的な問題―五十年後には何でもなかったと思えるでしょうが―を霊にもちかけるという事は、その霊媒にとってはいわば不意打ちを食らわされるようなもので、霊媒能力が慌てます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【潜在意識にある能力でしょうか―】そうです。霊媒現象は全て霊媒の潜在意識を使用していますから。【私は仕事の事でいろんな霊媒に質問した事があります。すると動物問題に興味をもっている霊媒は動物愛護の仕事をしろと言います―】

『シルバーバーチの霊訓②』
そんな場合でも、意識的にせよ無意識的にせよ、霊媒自身には“ごまかそう”という意図は全くありません。あなたの方から質問をする。それが大気中へ放射される。内容が地上レベルですから、それが(支配霊でなく)霊媒自身の潜在意識を刺戟する訳です。

現在、イエス様の御意志に従い、霊的知識普及の使命を遂行中。明けても暮れてもテキストを撃ちまくり、霊的知識のタネを蒔いて蒔いて蒔きまくってます。地上のどんな事象より大切な霊的真理の光が人々に広まる事を、イエス様は僕という小さなチャンネルを通して痛烈に訴え、願っておられるのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
霊の方から自発的に俗世的な問題に関するメッセージを送ってきた場合は、それはその時のあなたの霊的発達程度がそうさせたのです。霊からの自発的なアドバイスと、人間側からの質問に対する返答とを区別しなさいと私が言ったのはそういう理由からです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そういう訳で、日常的な悩みについて質問する事は感心しませんが、霊の方から日常的な問題についてアドバイスしてきた時は素直に受取って結構です。最も私の場合はそれとは全く別の要素がありますが。

『シルバーバーチの霊訓②』
いずれにしても霊媒の言った事がその通りにならなかったからといって、すぐにそれを“ごまかし”と決めつけてはいけません。支配霊が憑っている時は霊媒の潜在意識が活発に働いています。

『シルバーバーチの霊訓②』
そこへ俗世的な質問をすると、たちまち意識の焦点が地上次元へと下がり、その次元での回答が出されます。最も、そうやって低次元の考えを吐き出させた方が思念の通路が掃除されてサッパリする事がよくあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
それがウヤムヤに終ると動揺した潜在意識がその状態のまま最後まで続く事になりかねません。このように二つの世界の交信の過程は実に複雑で入り組んでいる事を知っておく必要があります。【(話が一転して教育問題になった)現代の教育に欠けているものは何でしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓②』
人間それ自身についての真理を教える用意が為されていない事です。人間が霊的な宿命を背負っている霊的存在であるという事実へ指向された教育が無い事です。根本的にどの教育も人間は本来が肉体的存在で、それに精神、そして魂と思しきものが宿っていると教えています。

『シルバーバーチの霊訓②』
本来が霊的存在で、それが肉体に宿っている事、今この地上において既に“霊”なのでありそれが自我を発揮し霊性に磨きをかけている事、日々が霊性を豊かにする為の教訓を学ぶ好機であり死後に待ち構えるより大きな生活への準備をしているという事実を教えておりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
子供の潜在的能力についての理解、宗教についての理解―これが欠けております。そして大して必要でもない知識を教え込む事に関心が向けられすぎております。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【肝に銘ずべき事だと思います(と教育一筋に生きてきたその教師は真剣な面持ちで述べた)大半の教師は異論の多い問題を敬遠します。味気ない、ただの歴史的叙術でお茶をにごしています。教師としては卑怯な態度だと思うのです―】

『シルバーバーチの霊訓②』
学校においてこうした霊的真理が教えられる事は大いに望ましい事です。ですが教師自らがそれを真理である事を確信しない事には学校で教えられるようになる事は期待できないでしょう。まだまだ先の長い仕事です。しかし長くても着実です。

『シルバーバーチの霊訓②』
そしてそれは、必要とするところに真理のタネを植える事のできる指導者にまず私たちが働きかける事によって成就される事です。【時間の掛る仕事なのですね(と別の出席者が言うと)―】宇宙の創造自体がそう短い時間で終った訳ではありません。生命は永遠です。

『シルバーバーチの霊訓②』
今あなたを悩ませている問題の多くは百年後にはすっかり忘れられている事でしょう。【私たちも少しは進歩していると思うのですが…(と教師が言うと)―】少しではありません。大いに進歩しておられます。夜の帳が上がり明るさが増していくのが見えます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【スワッハー氏はこの運動(スピリチュアリズム)は一般庶民から始まって上の階層へ進まねばならないと言った事があります。私は上層から始めるべきだと思い違いをしておりました―】真理というものは一人一人が納得する事によって広がっていくものです。

『シルバーバーチの霊訓②』
一度に大勢の者を目覚めさせる方法はありません。またそれは“知的探求”によって成就されるものでもありません。無私の行いと、訓えを語って聞かせる事によって人の心を捉える―それしかありません。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【その後の交霊会で女性の出席者が「私はこれまで困難から逃げよう逃げようとしてきた事が分りました。これからは正面から取組み決して逃げないようにしようと思っています」と述べ続けてこう尋ねた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【お聞きしたいのは私がすぐにパニック状態になったり塞ぎ込んだりするのは、その逃げ腰の心の姿勢のせいでしょうか、それとも私の知らない原因が別にあるのでしょうか―】私から見れば、あなたが心に画いておられるほど事態は深刻ではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたの性格はご自分で築いてこられたまま―そっくりそのままです。私から見たあなたは困難を克服し普通の人なら挫けたかも知れない事態でも勇気を出し難問にも正直さと最善を尽そうとする意欲で対処してこられた方とお見受けします。

『シルバーバーチの霊訓②』
確かに過去においては独力ですべきところを依頼心が強すぎた事があったのは事実のようです。あなたがおっしゃるのはその事ですか。【そうです。ですがこれからは自分の足でしっかりと踏ん張る拠りどころができました。それを決して失う事の無いようにしたいと思います―】

『シルバーバーチの霊訓②』
逃げ腰になるとおっしゃったのはその事ですか。【そうです。そう思われませんか―】思いません。それに次の事を忘れてはいけません。他の全ての人と同じように、あなたの人生もあなたの個性をあなた自身で発達させるための手段だという事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたの代わりにそれをやってくれる人はいないという事です。魂の成長は個人的な問題です。いかなる人間にも必ず試練と困難すなわち人生の悩みが訪れます。いつも日向ばかりを歩いて蔭を知らないという人は一人もいません。

『シルバーバーチの霊訓②』
その人生の難問がどの程度まであなたに影響を及ぼすかは、あなたの霊的進化の程度に掛っています。ある人には何でもない事のように思える事が、あなたには大変な事である場合があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
反対に、ある人には大変な問題に思える事が、あなたには些細な事に思える事もあります。各自が自分なりの運命を築いていくのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたに一個の荷が背負わされる。それをどう扱うかはあなた次第です。“よし、担ぎ通して見せるぞ。これは自分の荷物なのだから”という気持になれば軽く感じられるものです。

『シルバーバーチの霊訓②』
それだけ魂が成長するからであり、その成長の過程において内部のある力が魂を癒してくれます。困難に際して真っ正直さと勇気とをもって臨んで、霊的に損をする人は絶対にいません。何一つ怖がる事はないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【物的な事に関してはそういう事が言えると思いますけど―】私は物的な事を述べているのではありません魂と霊と精神について述べているのです。私は物的な事に言及した事を述べた事はありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
この点があなた方を指導する上での私の泣きどころなのです。魂を照らす光明へ向けて順調に頑張っておられるのに、自分では精神的に暗闇にいるように思っておられる。それで私が、怖がらずに突き進みなさい、とハッパをかけるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【(すると別の出席者がこう弁明した)私たち人間は自分の物的な立場からしか自分が見えないのです。自分はやるべき事をやっていないのではないか、と思い始めたら、もう現実にやっていないという事になってしまうのです―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【あなたから見れば私たちは立派にやっていて、素晴らしい純真な光り輝く存在であっても、私たち自身はそうは認識していません。欠点ばかりが目につくのです―】そんな事はありません。あなた方はご自分で認識しておられる以上に立派な方ばかりです。

『シルバーバーチの霊訓②』
高い知識を身につけた方はとかく自分を惨めに思いがちなものです。その知識が謙虚さ、真の意味での謙虚さを生むからです。人間は困難の最中にある時は自分の置かれた状況について必ずしも明確な判断が出来ません。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
また、これでよかったかという動機づけについても穏やかな精神状態の時ほど明確な自信がもてないものです。興奮と衝突と不協和音の中にあっては冷静な反省は容易に得られるものではありません。その上あなた方は“全体像が掴めない”という宿命的な立場に置かれております。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方に見えるのはホンの一部だけです。【人間が自由意志を行使できるといっても獲得した知識に相当した範囲においてだけという事になります(と教師が述べると)―】おっしゃる通りです。でも私はいつもこう申上げております。自分の良心の命ずるまま行動しなさい、と。

『シルバーバーチの霊訓②』
【そう言われると私は困るのです。良心がある事を命じてもしそれに従わないとペナルティ(報い・罰・罰金)を受けるという事ですね―】そういう事です。結局はじめの問題に戻ってきた訳です。【それが私の悩みのタネなのです―】人生は螺旋階段のようなものです。

『シルバーバーチの霊訓②』
単純であってしかも複雑です。一つのプランのもとに展開しております。難問の一つ一つにはちゃんとそれを解く合カギがあるのです。が必ずしもその合カギが手に入るとは限りません。それでドアがいつまでも開かないという事になります。

『シルバーバーチの霊訓②』
だからこそ人生の闘いの中にあっては理解力や真理の探究心といったものが要請される訳です。それが私どもの世界から見守っている霊からの援助を呼寄せる事になるからです。それがあなた方自身の内部に宿されている資質と相まって困難を克服する十分な力を発揮させます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【すると未亡人が「失敗を失敗として自覚する限り、その失敗は大して苦にする必要はないという事になるように思います」と述べると―】あなた方には全体像が見えないのです。こちらへ来て霊眼をもって見れば、全てが明らかとなります。

『シルバーバーチの霊訓②』
ある人が成功と思っている事が実は失敗である事があり、失敗したと思っている事が実は成功だったりするものです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【そこで教師が本当に成功だったか失敗だったかは自分で分るものである事を述べると―】その通りです。いわゆる“良心の声”に従えるほど冷静になれば分ります。良心はいつも見つめております。それで私は問題に対する回答は必ず自分で得る事が出来ますと申上げるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【「私もそう思います」と未亡人が相づちを打つとシルバーバーチは続けて―】でもそれは容易にできる事ではありません。地上の人間の大きな問題点は、自我を鎮め内部に安らぎを見出し波長を整えて調和を取戻す方法を知らない事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
ほんの僅かの間でもよろしい“この世”から(物的な意味でなく)精神的・霊的に身を引き、代ってとかく抑えられている内的自我を表面に出すようにすれば人生の悩みに対する回答を見出します。時には日常生活を離れて田園なり海岸なりに足を運んでみるのもよいでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
精神状態が変って、ふと良い解決方法を思いつく事にもなるでしょう。しかし本来はコツさえ身につければそんな遠くまで旅行しなくても出来るものです。【「でもそれは大変な努力を要する事です」と教師が言うと―】むろん、とても難しい事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかし霊的な宝は容易に得られるものではありません。もっとも望ましい事はもっとも成就しにくいものです。努力せずして手に入るものは大して価値はありません。あなたに申上げます。迷わず前進なさい。

『シルバーバーチの霊訓②』
これまでのあなたの人生で今日ほど魂が生き生きと目覚めておられる日はありません。その魂に手綱を預けてしまうのですその魂に煩悶を鎮めさせるのです。全ては佳きに計らわれている事を知って下さい。その安堵感の中にあってこそ、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―あなたの求めておられる魂の安らぎと静寂を見出される事でしょう。魂の中でも時に嵐が吹きすさぶ事を自覚している人は僅かしかいません。あなたはその数少ないお一人です。私にはあなたの気持ちがよく理解できます。

『シルバーバーチの霊訓②』
私からも手をお貸ししましょう。私たちの世界からの愛をもってすれば決して挫ける事はありません。信じて頑張るのです。頑張り抜くのです。真実であると信じるものにしがみつき通すのです。神はあなた方から見捨てない限り絶対にあなたをお見捨てになりません。

↑トップへ↑

—–


4章 政治家とジャーナリストを招待して

『シルバーバーチの霊訓②』
【シルバーバーチの交霊会にはありとあらゆる階層の人々が“叡智の言葉”を聞きに訪れる。ある日の交霊会に英国労働党の下院議員が招待された。まずシルバーバーチがこう語る―】私が地上へ戻ってきたのは基本的な霊的真理をほんのわずかだけ述べるためです。

『シルバーバーチの霊訓②』
私から見れば―地上の年令で言えば私は大変な年寄りですが―あなた方の世界が必要としているのは神学という名の仰々しい抽象的な教義の寄集めではなくて、霊の力に動かされた古の賢聖によって説かれた宗教の根幹であるところの二、三の単純な心理、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―すなわち人類はお互いがお互いの一部である事、そして肌の色の違いの内側には全てを結び付ける共通の霊的な絆があるという事、これだけです。お互いの血管を同じ血液が流れている―つまり同じ霊が各自の本性に潜んでいるという事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
宇宙の大霊が私たちを一つの家族にしたのです。子供である人間が互いに差別をつけ潜在する一体性に気づかず、かくして私どもが戻ってきて地上のいかなる組織・団体もそこに霊的実在の認識が無い限り真の進歩は得られない事を教えてあげなければならない事になるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
四海同胞、協調、奉仕、寛容―こうした精神こそ人生の基本であり、これを基礎としない限り真の平和は有得ません。持てる者が持たざる者に分け与える事によって互いに奉仕し合い、睦み合い、援助し合う事―この単純な真理は繰返し繰返し強調しなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
これを個人としての日常生活において、民族としての生活において、そして国家としての在り方において実践する者こそ人間としての本来の生き方をしている事になる―これだけは断言できます。【ここでその議員が公僕としての選ぶべき道を尋ねると―】

『シルバーバーチの霊訓②』
要求された事が正しいと思われればおやりになればよろしい。いけない事だと思われれば私が述べた事にはお構いなく、おやりにならない事です。ただし間口は広いものです。辿って行けばさらに大きなものへと導かれていく事でしょう。

先週のアタック前に霊聴で聴かせて頂いた「昼休みの~は~じ~ま~り~♪」のメロディがまだ脳内に残ってます。霊界の方々にとっては「アタック」イコール「昼休み」という事のようです。今週も行かせて頂きます、昼休み。山に行かなきゃ心がもちません。使命遂行にどうしても必要なんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【この議員は開会頭初に「私は今にっちもさっちも行かない板ばさみの状態なのです」と述べて政治上の問題での決断を迫られている事を告白していた。そこでシルバーバーチはこう続けた―】人間は無言のうちに苦しみ、悲哀と苦痛も味わわねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
これは人類の永年の伴侶なのです。遠い遠い昔、どう見ても何一つ苦労はなかったであろうと思われる昔からです。あなたはそれに勇敢に対処して来られました。いつも正面から取組み“これでいいのだろうか”という単純素朴な問いかけを忘れませんでした。

『シルバーバーチの霊訓②』
そして正しいと信じたら、ためらう事なくその方向へ突き進まれました。そうした中で一つだけあなたの人生で最大の悲しい出来事がありましたが、それはここで触れるのは適当ではないでしょう。あなたがこの地上に生を享けたのは果たすべき宿命があるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上を去るまでに成就すべき事があるからです。あなたは実に大きな貢献をなす立場におられます。多くの恵まれない人々が光明を見出す―つまり理解力を身につける一助となり、より大きな自由を獲得させてくれる霊的エネルギーの存在に目覚めさせる仲立ちとなるれるからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
その役目に徹する事です。そうすれば他の全ての事も自然にうまく行きます。あなたは何一つ心配なさる事はありません。あなたを包み導いてくれる愛が鉄壁の守りを固めており、あなた自身のわがままから間違った方向へ進まない限り、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―あなたほどの知識と理解力があれば決して道に迷われる事はないでしょう。いかがですか、自分を包み込む大きな愛の力を意識される事がありますか。【いつもかたじけなく思っております―】あなたは私どもの世界から大いなる愛を受けておられます。

『シルバーバーチの霊訓②』
かつて偉大なる奉仕の生活を送った霊で、私たちが“光り輝く存在”と呼んでいる人たちによって守られております。私が時折思う事は地上の人間―その中でもせめてこうした霊的知識を手にされた方々にその“光り輝く存在”を一目ご覧に入れてあげられたら、という事です。

僕が既に受取り済の「霊界行き帰幽チケット」は霊的知識普及の使命遂行という予想だにしない展開に突入した事で果てしなく「凍結」されてしまってます。何とか頑張ってある程度の成果が出せたら、今度こそ!チケットの凍結を解除して帰幽完了して頂きたいです。使命遂行頑張ります!帰幽カモン☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
人間の進歩を我が事のように喜び、挫折を我が事のように嘆き悲しみながらも、人間の霊的進化とその豊かな実りの時期の到来を確信して日夜守護し支援しております。あなたもコツコツと良く頑張って来られました。いろいろと苦労されました。涙を流された事もありました。

『シルバーバーチの霊訓②』
悩み苦しまれた事もありました。全てに見放され誰からも顧みられず絶望の状態に置かれた時の魂の孤独がいかなるものであるかも知っておられます。また一方、滅多に味わう人のない高い魂の高揚も味わって来られました。絶望の底ものぞかれました。

『シルバーバーチの霊訓②』
魂というものは“ゲッセマネの園”を耐え忍ぶまでは“変容の丘”に登り着く事はできないのです。【そう述べてから、かつての労働党創設者の一人キア・ハーディからのメッセージをこう伝えた―】あなたの事をとても誇りに思っているとおっしゃっていますよ。

『シルバーバーチの霊訓②』
正しいと信じた大義―人間にとって物的にも精神的にも霊的にも最善と信じた事のためには絶対に世間におもねずに身を捧げる人全てを誇りに思っておられます。彼は物的水準を高めるためだけでなく霊性の発達を促し精神のもつ芸術性を培うために、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―人間の全ての願望を叶えさせてあげたいという一念に徹している人を尊敬しておられます。それがあなたの唱道しておられる福音でもあるとおっしゃっていますが、そうなのでしょうね。【そうありたいものと願っております―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【この後シルバーバーチは司会者のハンネン・スワッハーに向ってこう語った―】今地上世界では物的身体を持つ人類としての基本的人権が次々と認められつつあります。しかし目に見える形にこそなっておりませんが霊的人間としての人権も徐々に認められつつあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
今あなた方は画期的な新しい時代―ひとりでも多くの人間がより大きな自由を享受する新しい時代の夜明に立っておられます。

アタック帰還。日の出後の草原地帯にトンボちゃんがイパーイ☆指を出すと普通に止まって口パクパク目キョロキョロ☆顔、羽、体、足、じーっと見つめるとつくづく超微細な構造・意匠。これぞ万物を創造した“神”のデザインだと改めて納得したのでした。この地上は神の創造物であふれてますね♪(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
死の境界を通過して私どもの霊の世界へ来られた方は、ある種のエネルギー、莫大なエネルギーを発揮するようになります。そのエネルギーが不幸に泣いている人々、物的生活の喜びを味わえずにいる人々のために役立ちたいと願う人々の活性剤となります。

『シルバーバーチの霊訓②』
人間はその本来の霊的属性を発揮しようとする行為が妨げられる事はありません。妨げとなるのは自分自身の貪欲であり強欲であり利己心です。それが霊の本来の権利であるところの自由を求めようとする怒涛のような魂のうねりを妨げるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
が今や霊力の莫大な威力の援助を得て、その霊的本性が地上界において発揮されつつあります。それは物的分野、政治的分野、経済的分野といった人間が取り分け関心の強い分野でのみ発揮されつつあるのではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
その霊力の奔流の影響を受けて私どもスピリットの道具となる新しい人材が次々と輩出される事でしょう。こうした人たちの手によって悲しみの底に沈んでいる人が慰められ病人が癒されるだけでなく、いわゆる霊的啓示(インスピレーション)が大規模にもたらされる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
スピリチュアリズムに関心を向ける人が増え、この訓えこそが悩みの時に導きを、困難にあっては慰めを、取越苦労と煩わしさの中にあっては安らぎと確信を与えてくれるものである事を知る事でしょう。【そして次の言葉をもってその日の交霊会を閉じた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
そういう次第ですから皆さんと共にほんの僅かな時だけでも精神の活動を止め周りに霊力の存在を意識し、より大きな仕事を成就せんとして私たちを援助し鼓舞して下さっている偉大なる存在を認識いたしましょう。そうした偉大なる存在にとって、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―神に仕える事は神の子のために働く事に他ならずしかもその多くが何処へ向うべきかも知らずにさ迷っているのです。願わくばあなた方と私たちとが一致協力して迷える人々を導き、苦難のさ中にある人々を勇気づけ、背負える荷物を重荷として感じないよう、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―物の観方を啓発してあげる事ができますように。そして又、私たちがなるほど神の使者である事を行為によって顕示し、神の一部としてその名に恥じない存在であらしめ給わん事を。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【別の日の交霊会に、さる大手の新聞社の編集長が招かれた。それが二度目だった。その編集長に対しシルバーバーチは終息したばかりの第二次世界大戦に言及して次のように述べた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
恐ろしい戦争による苦悩と災禍と悲劇と窮乏、目を覆う流血と動乱が終っても今度はそれを体験してこちらへ来た犠牲者たちにそれと全く同じ精神的ならびに霊的騒乱が生じるものです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そしてその激変のさ中で実は真理の光に照らして思考する事を知らない者によって幾世紀ものあいだ金科玉条とされてきた思想・信仰―宗教的打算からしか物を考えない者によって形作られ、いじくり回されて教説が全て粉砕する事にもなりました。

『シルバーバーチの霊訓②』
唯物主義の根幹が破壊され致命傷を負っております。最も、いかにも仰々しい教説を説きながらもその実、自己の打算によってのみ動き人類の福祉など眼中にない小さなグループがそこかしこに存在しております。

『シルバーバーチの霊訓②』
その中には唯物主義的体制―地上特有の機構―を牛耳り戦時の苦悩と圧迫の中で培ったところの、より明るく、より幸せで、より良い世界を実現していく可能性の発現を妨げんとする派も幾つか見受けられます。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかし新しい世界、より良い世界―数知れぬ人間が霊的自由、精神的自由、そして身体的自由を見出すであろう世界の建設に携わる者は、同じ目的のために活躍している無数の死者(と、あなた方が呼んでおられる人たち)を呼び寄せます。

『シルバーバーチの霊訓②』
同時に遥か上層の世界から同じく人類の霊的覚醒のために心を砕き、地上生活から得られる生き甲斐と豊かさと美を存分に得させようと活躍している数多くの高級霊をも呼び寄せます。かくして人類の福祉のために働く人々は、予期した以上の成果を得る事になるのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
人類の福祉がかつて真の意味での成果を克ち得た事は一度もありません。いつも裏切られ、好機を奪われ、邪魔が入り、その神聖なる使命の達成を阻止されてきました。その使命とは人類の全てに一人の例外もなく宿されているところの神性を最大限に発揮させる事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
少し大げさに響くかも知れませんが私の言わんとするところはお判りでしょう?【判ります。よく判ります―】本当に必要なのは単純で素朴な真理なのです。新しい大真理ではなく驚異的な啓示でもなく新しい神勅でもありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
その素朴な真理はいつの時代、いかなる国においても必要性と理解力の程度に応じたものが授けられてきております。必ず霊格を具えた人物がいてその人たちを通じて霊力が地上に注がれ先見の明をもって人々を導き、癒し慰めてきました。これからもそうでありましょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
それと同じ霊力があなた方の時代にさらに一段と強化されて注がれております。キリスト教で“聖霊”と呼ばれているスピリットの降下に伴って生じる各種の心霊現象を繰返し演出して、古くから説かれている同じ真理、すなわち生命に死は無い事、霊は不滅である事を説き、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―人間の霊性、その根源、宿命、存在の目的、宇宙の大霊とのつながり、隣人とのつながり、そしてそこから派生する驚異的な意味を力説しているのです。その霊力が今まさに奔流となって注がれ、そうした真理が改めて説かれております。

『シルバーバーチの霊訓②』
確かに古くから説かれてきた真理なのですが、地上人類は新しい進化の周期を迎えて、その古い真理を改めて必要としているのです。一宗一派に片寄った古い勿体ぶった因習的教義へはもはや何の敬意も払う必要はありません。権威に対して盲目的に従う必要はありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
ドグマを崇拝する必要はもうなくなりました。そうした類のものは全て無力である事が証明され人間は成長せんとする精神と進化せんとする魂の欲求を満たしてくれるものを求めてまいりました。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
こうした霊力の顕現に伴って必ず人生の純粋に物的な分野においてもより大きな覚醒が生まれ、同時に正義と同胞精神が世界の隅々にまで行き渡ってほしいとの願いが生じるのは、そのためなのです。それは一ヶ月や一年はおろか十年や百年でも達成されないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかし人類は自ら目覚め、真の自我を見出していかねばならないという宿命的法則があります。従って重責を担う立場の人、人類に道標を残して行くべき使命を担う者は、それを忠実にそして立派に果たすべき重大な任務がある事になります。

『シルバーバーチの霊訓②』
いつの日かあなたも、あなたご自身の“事務報告”を提出しなければならない時がまいります。あなただけではありません。全ての人間が自分自身の事務報告の提出を要請されます。

『シルバーバーチの霊訓②』
その際、あたら好機を逸した事に対する後悔を味わう事もありましょうし、為すべき事を成遂げたとの自覚に喜びを味わう事もありましょう。相変らず絶望感が支配し暗黒の多い地上世界にあっては、光明と真理のために闘う人々が不安や懸念を抱く事があってはなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
強力な霊力、宇宙最大のエネルギーがその献身的な仕事を通して守護し援助してくれているからです。正しい道を歩んでいる限り勝利はきっとあなたのものとなります。【この後その編集長の同僚で最近他界したばかりの霊からのメッセージを伝えてから―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【再び本題に戻りこう語った―】私があなた方の世界での仕事を始めてから随分長い年月になります。あれやこれやと煩わしい問題が生じる事にもすっかり慣れました。そしてあなたのようなお仕事をしておられる方が来て下さり私が少しでもお役に立つ事も嬉しく思っております。

『シルバーバーチの霊訓②』
それが私を通じて霊の力が働いている事の証であるからこそ嬉しいのです。これまでの全体験によって私は、霊の力はその忠実な通路さえあればきっと事を成就していく事を学んでおります。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
いかなる反抗勢力、敵対行為、中傷、迫害をもってしても悲しみに満ちた人々の魂の琴線に触れ、病める身体を治し、迷える人々に光明を見出す道を教え、人生に疲れた人々を元気づける事のできる献身的な通路がある限り、その仕事が挫折する事は決してありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
本来ならこうした事は逸うの昔に教会という権威を担った人々によって成就されていなければならないところです。それが現実には成就されていません。というよりはその肝心なものが置き去りにされているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そして今や霊的にも物的にもその担い手は教会とは何の縁もない普通一般の人たちとなっております。もし教会関係の人々が自分たちの本来の存在意義を自覚すれば、もし自分たちの本質がその神性にある事を理解すれば、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―そしてもし自分の身の周りに存在する莫大な知識の宝庫、霊力、エネルギーを自覚すれば、それを活用して新しい世界をわけなく建設する事ができるところなのですが…しかもそれは是が非でも成就して頂かねばならないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
なぜなら私たち霊界の実情を言わせて頂けば毎日毎日引きも切らずに地上から送込まれてくる不適応者、落伍者、放蕩者、社会のクズともいうべき人たち―要するに何の備えも用意も予備知識も持たなくて一から教えなければならない人間の群にはもううんざりしているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
本当はこちらへ来てすぐからでも次の仕事に取掛かれるよう地上での準備をしておくべきなのですが現実にはまるで生傷の絶えない子供を扱うように看護し手当をしてやらねばならない者ばかりなのです。そういう次第であらゆる形での霊的知識の普及がぜひとも必要です。

『シルバーバーチの霊訓②』
人類が霊的事実を理解してくれないと困るのです。真理に導かれる者は決してしくじる事はありません。真理は理解力をもたらし、理解力は平和と愛をもたらし、心に愛を秘めた者には解決できない問題は何一つありません。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
人類の指導者が直面するいかなる難題も霊的真理と霊的愛があればきっと消滅していくものです。私の見解に賛同してくれますか?【ええ、もちろんですとも―】その目的のためにあなたはあなたなりの方法で、私は私なりの方法で、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―その他真理を幾らかでも普及できる立場にある人全てが、その人なりの方法で努力しなければなりません。そうする事が世界を、あるいは少なくとも自分の住む地域を豊かにする事になるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【この後編集長と交霊会の常連との間で、その他界したジャーナリストの人物評に花が咲いた。するとシルバーバーチがこう述べた―】皆さんは人間が他界して私たちの世界へ来ると、その人の評価の焦点が全く異なったところに置かれる事をご存知ないようですね。

『シルバーバーチの霊訓②』
皆さんはすぐに地上時代の地位、社会的立場、影響力、身分、肩書きといったものを考えますが、そうしたものはこちらでは何の意味もありません。そんなものが全て剥ぎ取られて素っ裸にされた後、身をまとってくれるのは地上で為した功績だけです。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかしこの方は地上で本当に人類のために貢献されました。多くの人から愛されました。その愛こそが死後の救いとなり永遠の財産となっております。金銭は全て地上に置き去りにしなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上的財産はもはや自分のものでなくなり、愛、情愛、無私の行為だけが永遠の財産となるのです。魂が携えて行くのはそれだけであり、それによって魂の存在価値が知れるのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
従って同胞からの愛と尊敬と情愛を受ければ、それが魂を大きくし進化を促す事になります。真の判断基準によって評価される界層においては、そうした要素が最も重要視されます。肝心なのはいかなる人間であるかであり、何を為してきたかです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【このあと新聞とジャーナリストのあり方について長い議論があり、その中で編集長がシルバーバーチに尋ねた「他界したジャーナリストたちはその後も我々の事を心配してくれているでしょうか」―】心配しておられます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【「でも資金の面についてではないでしょう」と言ってから他界したばかりの同僚はその生涯を捧げた新聞社の事を案じてくれているかどうか尋ねるとシルバーバーチは、まだ他界して間がないので地上の事をあれこれと案じているだろうけど―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【そのうち霊界の事情に順応して行くでしょうと語って最後にこう締めくくった―】地上で学ぶべき事は人のために役立つという事、これにつきます。

『シルバーバーチの霊訓②』
それはさまざまな能力によって実践できます。光明を授ける事もそうですし、生活に彩りを添えてあげるのもそうですし、しょげかえっている人を元気づけてあげるのもそうですし、真理を見出す道案内をしてあげるのもそうです。人のために役立つ手段はいくらでもあります。

↑トップへ↑

—–


5章 映画女優(スター)と語る

『シルバーバーチの霊訓②』
【シルバーバーチの交霊会を訪れる著名人の顔ぶれは実に多彩であるが、本章で紹介するのはその中でも特異な人物の部類に入るであろう。招待されたのは無声映画時代に“世界の恋人”と呼ばれて人気を博した米国の女優メアリ・ピックフォードで、―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【司会のハンネン・スワッハー氏もそれを記事に書いて心霊紙に発表した。それをそのまま転載する―】【映画でも演劇でも芸術作品でも、それが真実を表現し大勢の人々の心に触れるものをもっておれば、霊界から見れば実に大きな存在価値をもつものである事は、―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【これまでシルバーバーチが各界で活躍している人々を招待した時に度々強調している事であるが、この度も又その事を改めて確認する事になった。以下は先日の交霊会の速記録からの興味深い箇所の抜粋である。―】

『シルバーバーチの霊訓②』
さて海を渡って(米国から)お出で下さったお客さんに申上げましょう。今日ここに出席しておられる方々があなたの大ファンである事、またいわゆる死の彼方にいる人たちからも守られている事を、あなたはずっと感じ取ってこられた事はご存知と思いますが、いかがですか。

『シルバーバーチの霊訓②』
【よく存じております】その愛、その導きがあなたの人生において厳然たる事実であった事をあなたは何度も何度も体験しておられます。窮地に陥り、どちらへ向うべきかが判らずに迷っていた時、はっきりとした形で霊の導きがあり、あなたは迷う事なくそれに従われました。―

『シルバーバーチの霊訓②』
―お判りでしょうか。【おっしゃる通りです】ですが、実際には情愛によって結ばれた大勢の人々の愛を、これまで意識された以上にもっともっと受けておられるのです。もしその全てが認識できたら、あなたのこれまでの生涯が勿体ないほどの導きを受けている事が判るでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
もしこの地上生活であなたに託された使命の“全てを一度に”見せられていたら、とても成就できないと思われた事でしょう。それほどのものが右足を一歩、左足を一歩と着実に歩んで来られたからこそ今日まで維持できたのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
ある程度はご存知でもまだ全てはご存知ないと思いますが、私たちの世界―あなた方の世界から移住してくる霊の住む世界から見ると、真実の宗教は人のために役立つ事、これしかない事が判ります。無私の善行は霊の通貨なのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
すなわち人のために精一杯の努力をする人は、その誠意によって引きつけられる別の人によってそのお返しを受けるのです。これまでの人生であなたは大勢の人々の生活に幸せと理解力と知識とをもたらしましたが、その分だけあなたは地上の人だけでなく、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―遥か昔に地上を去り、その後の生活で身につけた叡智をあなたを通じて地上にもたらさんと願う光り輝く霊も引寄せております。私の言っている事がお判りでしょうか。【はい、よく判ります】こちらの世界ではあなたの存在を大使(アンバサダー)の一人と考えております。

『シルバーバーチの霊訓②』
つまり一個の仲介者、大勢の人間との間をとりもつ手段という訳です。目に見えない世界の実在という素朴な福音をあなたは熱心に説いてこられました。これまで物的障害が再三にわたって取除かれ首尾よく前進できたのも、あなたのそうした心掛けがあったからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そこで私から良い事をお教えしましょう。あなたは遠からず、これまでのそうしたご苦労に有終の美を飾られる―栄誉を給わり人生の絶頂期を迎えられるという事です。あなたの望まれた事が、これからいよいよその結実を見る事になります。

『シルバーバーチの霊訓②』
【ここで私(スワッハー)が出席する会には必ず出現するノースクリッフ卿(※)がシルバーバーチと入れ替ってピックフォードに挨拶を述べた。私は直接は知らないがピックフォードが夫君のフェアバンクスと連れ立って初めてロンドンを訪れた時、―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【―ファンの群でどこへ行ってももみくちゃにされるのでノースクリッフが密かに二人を私邸に泊めたという経緯があるのである。―】

『シルバーバーチの霊訓②』
―(※英国の有名な新聞経営者でデイリーメール紙の創刊者。死後スワッハーがよく出席したデニス・ブラッドレーの交霊会に出現し、スワッハーがその記録を『ノースクリッフの帰還』と題して出版、大反響を呼んだ―訳者)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【その後かつての夫君フェアバンクスが出現して二人の結婚生活の不幸な結末を残念に思っている事を述べた。が、その件についてはそれ以上深入りしないで置こう。とにかくそれを聞いてピックフォードがシルバーバーチにこう述べた。―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【私はかつて地上の人間にも他界した方にも恨みを抱いた事は一度もありません。恨みに思ったのは過ちを犯した時の自分に対してだけです】ご自分の事をそうダメな人間のようにお考えになってはいけません。

『シルバーバーチの霊訓②』
今もしあなたの人生の“元帳”を整理する事ができたら、いわゆる“過ち”と言えるほどのものは、無私の行いや善行に比べて至って少ない事がお判りになるはずです。多くの人々にどれほど良い事をしてこられたかは、こちらへお出でになるまではお判りにならないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたは数え切れないほどの人々に愉しみを与えて来られました。しばしの間でも悲しみを忘れさせ、心の悩みや痛みを忘れさせ、トラブルやストレスを忘れさせ、人生の嵐を忘れさせてあげました。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた自身の願望から、あなたなりの方法で人のために役立ってこられました。人のために役立つ事が一番大事なのです。他の全てのものが忘れ去られ、あるいは剥ぎ取られ、財産が失われ権力が朽ち、地位も生まれも効力を失い、宗教的教義が灰燼に帰したあとも、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―無私の人生によって培われた性格だけはいつまでも残り続けます。私の目に映るのは身体を通して光り輝くその性格です。私は幾ばくかの善行を重ねた魂にお会いできる事を大きな喜びとしております。以上があなたが自ら“過ち”とおっしゃったのを聞いて私が思った事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたは何一つ恐れるには及びません。真一文字に進まれればよろしい。あなたも率直なところをお聞きになりたいでしょう?【ええ】あなたは大金を稼ぐのは趣味ではなさそうですね。あなたの願望は出来る限りの善行を施す事のようです。違いますか【おっしゃる通りです】

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
その奇特な心掛けがそれなりの報酬をもたらすのです。自動的にです。その目的はとどのつまりはあなたに確信を与えるという事にあります。何一つ恐れるものはないという事です。心に恐怖心を宿してはいけません。恐怖心はバイブレーションを乱します。

『シルバーバーチの霊訓②』
バイブレーションの事はご存知でしょう?【ええ少しは存じております】恐怖心は霊気を乱します。あなたの心が限りない、そして弛む事のない確信に満ちていれば、霊的真理を手にしたが故の不屈の決意に燃えていれば、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―この無上の地上において、その心だけは決して失意を味わう事はありません。物質界に起きるいかなる出来事も真のあなた、不滅で無限で永遠のあなたに致命的な影響を及ぼす事は出来ません。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたは背後にあってあなたを導き支えている力が“宇宙最大の力”である事、あなたを神の計画の推進のための道具として使用し、その愛と叡智と真理と知識を何も知らずにいる人々に教えてあげようとしている“愛の力”であるとの万全の知識を携えて前進する事が出来ます。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたはこれまでに幾度か自分が間違った事をしたと思って密かに涙を流された事があります。しかしあなたは間違ってはおりません。あなたの前途には栄光への道が真直ぐに伸びております。目的はきっと成就されます。私の申上げた事がお役に立てば幸です。

『シルバーバーチの霊訓②』
【本当に有難うございました】いえ私への礼は無用です。礼は神に捧げるべきものです。私どもはその僕に過ぎないのですから。私はこの仕事の完遂に努力しておりますが、いつも喜びと快さを抱きながら携わっております。

『シルバーバーチの霊訓②』
もし私の申上げた事が少しでもお役に立ったとすれば、それは私が神の御心に副った仕事をしているからに他なりません。あなたとはまたいつかお会いするかも知れませんが、その時はもっとお役に立てる事でしょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
その時までどうか上を向いて歩んでください。下を向いてはいけません。無限の宝庫のある無限の源泉から光と愛がふんだんに流れ込んでいる事を忘れてはいけません。その豊かな宝庫から存分に吸収なさる事です。求めさえすれば与えられるのです。著述の方もお続けください。

『シルバーバーチの霊訓②』
【最後にサークル全員に向って次のような祈りのメッセージを述べた―】どうか皆さんを鼓舞するものとして霊の力が常に皆さんと共にあり、先天的に賦与されている霊的能力をますます意識され、それに磨きをかける事によって幸せの乏しい人々のために役立て、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―そうする事によって皆さんの人生が真に生き甲斐あるものとなる事を切に祈ります。【そう述べて、いよいよ霊媒(バーバネル)の身体から離れる直前にピックフォードにこう述べた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
ご母堂が、あなたに対する愛情が不滅である事をあなたが得心してくれるまで私を行かせないと言っておられます。ご母堂はあなたから受けた恩は決して忘れていらっしゃいません。今その恩返しのつもりであなたのために働いておられます。どうしても行かせてくれないのですが…

『シルバーバーチの霊訓②』
【でも私こそ母に感謝しております。十回生れ変ってもお返しできないほどです】あなたは既に十回以上生れ変っておられますよ。【猫より多いのでしょうか。十八回でも生れ変るのでしょうね。今度こそこの英国に生まれる事でしょうよ―】

『シルバーバーチの霊訓②』
いえいえ、あなたは既に英国での前生がおありです。が、これは別の話ですね。【あと一つだけ…私のその英国での前生について何か一言だけでも…】二世紀以上も前にさかのぼります。それ以上の事はまたの機会にしなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
私はもう行かねばなりません。これ以上霊媒を維持できません。【どうやらピックフォードはその二世紀あまり前に少女として英国で生活した前生の事をずっと前から信じていたらしいふしがある。その理由については私の記憶にない―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【―とにかく、グラディス・スミスという名でトロントに生を受けた彼女は、血統が英国人である事を誇りに思っている事は確かである。 ハンネン・スワッハー】

↑トップへ↑

—–


6章 霊媒現象の原理

『シルバーバーチの霊訓②』
(ある日シルバーバーチのファンから寄せられた手紙に幾つかの質問が列記してあった。その質問とシルバーバーチの回答を紹介する)【霊媒というのは心霊能力のバッテリーを所有している人で、それが現象を起こさせるのでしょうか―】バッテリーと呼ぶのはどうかと思います。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊媒とは霊の世界を感識する能力を具えた人で、地上にあって霊的身体の能力を使用し、その結果として霊界のバイブレーションに合わせる事が出来る人の事です。文字からも分るように霊媒は一つの媒体であり道具であり中継者です。

『シルバーバーチの霊訓②』
その機能が果たせるのは心霊的能力が発達しているからです。すぐ表面近くに存在するために作用するのが容易なのです。そこで当然、では心霊能力とは何か、霊の力とは何かという問題が出てきます。しかしこれはとても説明が困難です。霊的実在を表現する用語を見つけるのが―

『シルバーバーチの霊訓②』
―容易ではないからです。大ざっぱに言えば霊力とは生命力であると言えます。本質的にはありとあらゆる意識的活動を生み出すところのものと同じです。宇宙を支えている創造的エネルギーと同じものです。程度こそ違え質においては同類に属します。

『シルバーバーチの霊訓②』
【心霊能力はどうすれば身につける事が出来るのでしょうか―】心霊能力は何か持ち物を手に入れるような具合に自分の所有物とするのではありません。心霊能力が働くその通路となるという事です。心霊能力は例外なく(潜在的に)全ての人間に宿されております。

『シルバーバーチの霊訓②』
それは肉体を去った後の生活で自我を表現するための手段です。それを未発達の状態で所有しているのです。普段一般の人は使用していませんが、霊媒が使用してみせている訳です。

『シルバーバーチの霊訓②』
と言っても各自の能力がみな一様に同じ発達段階にある訳ではありません。潜在意識の表面まで来ている人は霊媒になろうと思えばなれます。霊視能力というのは霊体の目で見る事であり、霊聴能力というのは霊体の耳で聞く事です。

仏移住後の食生活ですが、僕は全然心配してません。現時点で既に米を殆ど食べてません、野菜がメインでパンやパスタ、時々ピザを絡めてます。バケット(フランスパン)大大大好きです☆まだ当分先でしょうが、仏移住後に日本食が恋しくなって悲しむという事は僕に関しては全く無いと思います(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【治病能力は心霊的エネルギーとは別のものでしょうか―】使用されるものは全て心霊的エネルギーですから、治病能力だけ別のものという事はありませんが、数ある特質の一つである事は確かです。生命の根源はいかなる物的探求によっても捉える事はできません。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上の科学者の誰一人として、その根源、意識の起源を突き止めた人はいません。最高の頭脳をもってしてもなお突き止められない神秘なのです。実を言えば霊こそ生命であり、また生命こそ霊なのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上界、霊界、宇宙のあらゆる世界におけるエネルギー、原動力、駆動力はその“霊”なのです。生命のあるところには必ず霊があり、霊のあるところには必ず生命があります。皆さんが地上生活を営めるのは霊的存在だからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
もし肉体から霊的本質が撤退してしまったら、物質界は全く感識できなくなります。人間は毎晩死んでいるようなものだと言われますが、再びその身体に戻って来れるのは“生命の糸”(※)によってつながっているからです。睡眠中に万一切れるような事があったら、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―生命力は二度とその身体に活力を与える事ができなくなります(※日本では古くから霊の緒、魂の緒、玉の緒という字を当てて生命そのものの代名詞としても用いている。霊視すると銀色に輝いて見えるところから西洋では“銀色の紐(シルバーコード)”と呼ぶ事もある―訳者)

『シルバーバーチの霊訓②』
肉体は霊の力によって動かされている機械です。あなたは肉体ではありません。地上にいる間だけその肉体に宿って自我を表現している“霊”なのです。肉体の用事が終れば霊は去っていきます。霊は無限の可能性を秘めていますから、その表現形態もまた無限です。

『シルバーバーチの霊訓②』
これでおしまいという限界が無いのです。霊そのものに限界が無いからです。肉体器官を通して表現しているものの中で人間が馴染んでいるものとしては、考える、推理する、判断する、決断する、反省する、考察する、調査する、熟考するといった知的能力と、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―見たり聞いたり感じたり動いたり触れたりする感覚的能力が挙げられます。これらは肉体を通して自我を表現している霊の属性の一部です。肉体という制約から解き放たれると、霊はさらに広範囲の表現形態を通じて自我を表現する事が可能になります。

今日の幽体離脱、歌うお姉さんが超高速バレエスピンで登場してピエロ風男性と歌い始め、子供達が踊ってました。その童謡風な曲の雰囲気、どうみても教育番組を思わせるものでした。僕は地上で仏語勉強するに留まらず、離脱中も霊団の方々から特別教育を受けているのかも…でも反芻できませんが…(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
霊媒、すなわち霊界からの影響力を感識してそれを地上で再現する事のできる人を見れば、それがどの程度のものであるかが、ある程度まで判るでしょう。どれほど多くのものを再現できるか、その質、その高さがどの程度のものになるかは、その霊媒の感受性一つに掛っており、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―その感受性は他の要素すなわち心霊能力のその時の状態、霊的進化の程度、健康状態、天候、それに列席者の協力いかんに掛っています。霊媒を通して霊的威力を様々な形で地上にもたらす事ができます。

『シルバーバーチの霊訓②』
その時、物理法則とは別個の法則に従います。一見すると物理法則と矛盾しているかに思えますが、本質的には矛盾していません。

『シルバーバーチの霊訓②』
治病能力というのはその霊的エネルギーの一つなのです。生命力の一部であるそのエネルギーを地上に作用させるのです。これにも幾つかの種類があります。そういう訳で、ご質問に対する答は、簡単に言えば治病力も霊の一部、一つの側面という事になります。

『シルバーバーチの霊訓②』
【心霊能力は進化のある一定の段階まで到達すると自然に発揮されるのでしょうか。言いかえれば人間はみな進化のある段階まで来ると超能力者になっていくのでしょうか―】答は“イエス”です。なぜならば人類の進化は潜在している資質を高める事に他ならないからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
ヒトは身体的進化は既に頂点にまで達しております。次は精神的進化と霊的進化です。長い年月をかけて徐々に全人類が自己の心霊能力にますます目覚めていく事でしょう。しかしここで“但し書き”が必要です。心霊能力を発揮するようになる事が―

『シルバーバーチの霊訓②』
―必ずしも霊的進化の程度の指標にはならないという事です。霊的身体のもつ能力を全部発揮しても魂そのものは少しも進化していないと言う事も有得ます。本当の意味で霊的に進化し始めるのは人の為に役立つ仕事を目的として霊界の霊の協力を得ながら心霊能力を発揮した時です。

人間は死で途切れるのではない。そのまま死後に引継がれ広がっていくのである。人間を偉大にした性格はどこへ行っても偉大である。そして死後の世界では一層偉大さに磨きがかかる。一層磨きのかかった霊は死後さらに身につけた知識と威力を受けとめてくれる人間を地上に求める【霊力を呼ぶ本】より

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【別の日の交霊会にある有能な女性霊媒がご主人と共に出席した。この人は病気のために霊媒としての仕事をしばらく休んでおり、一日も早く再開したいと望んでいる。この方へのシルバーバーチのアドバイスには霊能者はもとより、―】

『シルバーバーチの霊訓②』
【これから霊能を開発したいと望んでいる人にとっても為になる事が多いので紹介しておこう。まずシルバーバーチがこう挨拶した―】何年経っても霊的真理への忠誠心が少しも曇る事のない古い同志をお迎えする事は嬉しい限りです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【病気をしてからというもの、私は何だか背後霊との連絡が“遮断”されたみたいなのです。私の唯一の望みは人のお役に立つ事なのですが…】そのうち道が開けます。あなたにとって霊界の存在は他の多くの人々より遥かに実感があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊界の驚異、喜び、美しさ、光輝を数多く見てこられているので、もはやその実在は人には説明できない程のものとなっております。【確かに実感をもって認識しているのですが、何かひとこと背後霊からの導きの言葉が欲しくて仕方がないのです―】

『シルバーバーチの霊訓②』
どの霊媒の場合も同じですが、霊能の行使が身体に害を及ぼすとみた場合は遮断せざるを得ないのです。それはあなたも理解できるでしょう。本来の健康状態でない時は霊力が一時的に引っ込められる事がある事を予期しなければなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
でもあなたは既に苦難の時期を脱しておられます。これまで永い間あなたは霊界と交わって来られましたが、その間一度たりとも霊の影響範囲から迷い出られた事はありません。実はこれには非常に難しい問題が含まれております―例の自由意志の問題です。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊によるインスピレーションと指導とが、常にあなたの自由を犯しているのです。と言っても全ては相対的な問題にすぎませんが…あなたが今日あるのはその霊界との交わりの結果です。あなたはまさに協調の人生を送っておられます。

↓霊によるインスピレーションと指導とが、常にあなたの自由を犯している…この部分は最高に共感できます!!!僕もずっとその板ばさみの中で過ごしてきましたから。霊団からもたらされる美しい導きを受入れるも拒絶するも全て僕の自由意志。僕は完全ではないにしろ導きに従って今がある訳です(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたには自分一人の生活というものが無い。それは霊の方も同じです。その協調の仕事が始まった時から、厳密な意味での自由意志というものは存在していません。なぜなら二つの世界の影響力が混じり合い、融合し調和し合って、言わば互いに“侵し合って”いるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そういう次第ですから、あなた一人が心配なさる事はないのです。たとえ直接のメッセージは届かなくても、これまでに身につけられた知識を逸脱するような事は決して生じないとの信念で、着実に歩まれる事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
【よく判ります。冷静さを保ち、メッセージがない事を気にせず、ひたすら前向きに進めとおっしゃるのでしょうけど、私はいつも確証を求めるのです。いけない事かも知れませんが、用心の上にも用心をするに越した事はないと思うのです―】

『シルバーバーチの霊訓②』
でも今のあなたには心配なさる事は何一つありませんよ。結婚なさってからというもの、お二人はずっと霊の世界から導かれています。これまで辿ってきた道を振り返ってごらんになれば、常に導きを受けておられる事がお判りになるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊界からの導きによって全ての悩みが消えてしまうとか、足元の石ころが全部取り除かれると言っているのではありません。霊界の援助を得て事に望めば、あなた方お二人にとって大きすぎて解決できないような問題は決して生じないと言っているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
振り返ってご覧になれば、霊の指先が道を指示してくれている事がお判りになるはずです。それが歴然としているものもあれば、あまりはっきりと認識できないものもありますが、常に進むべき道を指し示しております。

『シルバーバーチの霊訓②』
難問で四方を取り囲まれていた時でも、結局は無傷のまま平然と切り抜けてこられ、一度も挫折した事はありません。これまでの長い年月を霊界で過ごしてきた私は、地上の同胞を導く仕事に携わるスピリットが採用する様々な手段を知るところとなりました。

☆03vendredi

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
それで判った事は、それには一つのパターンがあり私どもに協力して下さるスピリットの全てがそれに当てはめられているという事です。そのパターンは仕事を開始するにお先だって、きちんと取り決められております。

『シルバーバーチの霊訓②』
手を差しのべてよい範囲があり、出しゃばってはならない限界があり、しゃべってはならない時があり、今こそしゃべる時があり、それに加えて必ず、その時々の環境条件による制約があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかしそのパターンは厳然としており、指導に当るスピリットはすべからくそのパターンに従わなくてはなりません。前もってそういう取り決めがしてあるからです。私も、私よりはるかに霊格の高い霊団によって計画されたワクの外に出る事は許されません。

『シルバーバーチの霊訓②』
そもそも地上で成就すべきものと判断を下した、もしくは計画したのは、その高級霊だからです。【それはどういう霊ですか(とご主人が尋ねた)―】光り輝く存在、高等審議会、神庁、天使団―どう呼ばれても結構です。

『シルバーバーチの霊訓②』
要するに私どものする全仕事に対して責任をもつ、進化せる高級霊の集団です。私にはもうすぐその方たちとお会いする喜びが待ち受けております。

『シルバーバーチの霊訓②』
その時まず私の方からそれまでの成果をご報告申上げ、同時に私がどの程度まで成功しどの点において失敗しているかについて言い渡され、それによってこれから先の私の為すべき事を判断する事になるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
その霊団の上にはさらに高級な霊団が控え、その上にも又さらに高級な霊団が控えており、連綿として事実上無限につながっているのです。さて(先程の説明に戻って)こうした指導体制は私たちに協力して下さる人々全てに当てはまります。

☆04vendredi

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
断言しますが、この仕事に携わるに至るまでの厳しい試練をくぐり抜けた人が生活に困ったり、見捨てられたり裏切られたり、スピリットに対して抱いていた信頼心が挫けたり確信を失ったりする事は決してありません。それは絶対に有得ない事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
そうした地上の協力者を通じて働いているスピリットを背後から指揮している力は、人間を悩ませる程度の試練や困難を乗り越えさせるくらいの事は何でもない事だからです。ただしそうした際に最も大切なのは“確信”です。

『シルバーバーチの霊訓②』
背後の力に対する不動の確信―日常生活にとって必要なものは必ず授けて下さるという静かな確信です。(ここでその女性霊媒から出た最初の質問に戻ってシルバーバーチが聞いた―)

『シルバーバーチの霊訓②』
あなたは霊界からのインスピレーションではなくて自分の考えを述べているに過ぎないのかも知れないと心配なさっておられる訳ですか。【それに、もっとお役に立てないものかと思って…】あなたの使命はまだ終ってませんよ。

『シルバーバーチの霊訓②』
授かっているいる能力がこれからも人のために、援助と指導と勇気を与えるために使用され続ける事でしょう。まだまだお仕事は残っております。終ってはいません。

『シルバーバーチの霊訓②』
許されるものなら、あなたの支配霊について、その方が霊界でいかに大きな存在であるか、これまでの体験でいかに崇高な資質を身につけておられるかをお伝えしたいと思うのですが、残念ながら許されておりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
ただし、これだけは言えます。地上へ戻ってくる霊の中であなたの支配霊ほど高級な霊はそう多くはいないという事です。その霊格、その功績に対して私たちは崇敬の念を禁じ得ません。

『シルバーバーチの霊訓②』
実に偉大なる霊です。それほどの霊の愛と信頼を得た事をあなたは誇りに思わなくてはいけません。もうしばらく待たれれば再び霊媒能力を使用する事が出来るでしょう。その時、前よりも一段と強力なものとなっている事を知られるはずです。

☆01samedi

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【この日の交霊会はクリスマスシーズンに入る直前のもので、毎年このあとしばらく交霊会は休会となる。シルバーバーチは最後にメンバー全員にこう挨拶した―】大きな困難の時に当って私に示された敬愛の念に対して深く感謝致します。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方の不断の忠誠心が常に私に誇りをもたせ、それに応えるべく私に為し得る限りの事をさせて頂いたつもりです。これまでの協調の仕事ぶりは実に見事でありました。お互いがお互いに対して抱いている信頼感を損なう事は誰一人として行わなかった事がその何よりの証です。

『シルバーバーチの霊訓②』
私は、私に向けて下さる敬愛の念をいつも嬉しく思っております。それが仕事をやり易くしてくれました。自分の携わっている仕事によって心の支えを得られた人たちが情愛を向けて下さっているのだと思えば自然とそうなるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
どうか私たちが誇りに思っている霊的知識は、それを知らずにいる人々に分け与えてあげなければならないものである事を忘れないように致しましょう。私たちが手を伸ばすべき分野がまだまだある事、人生に疲れ果て、生きる希望も頼りとすべきものもなく、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―慰めと光を求めている人が無数にいる事を忘れないように致しましょう。そういう人々の幾人かは私たちが心の支えとなってあげ、日々の生活の中に確信を―人生を生き甲斐あるものにする確信をもたらしてあげる事ができます。

『シルバーバーチの霊訓②』
人生を嘆き、慰めとなるものを未だに見出し得ず、心は悲しみに溢れ、目に涙を溜めている無数の人々の事を忘れないように致しましょう。病を得ている人がいる事、その多くは霊の力によって治してあげる事ができる事を忘れず、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―神の子が一人でも多く父なる神の愛と叡智に目覚めるように、こうした霊的知識の普及に努力致しましょう。では、またお会いする日まで。私はいつも愛の心を携えて訪れ、愛の心を携えて帰ってまいります。

↑トップへ↑

—–


9章 この世、そしてあの世

『シルバーバーチの霊訓②』
「死んであの世へ行った人はどうやって時を過ごすのですか」―ある日の交霊会でこんな質問が出た。「この世と同じように、明るさと暗さを伴った時間があるのでしょうか。」―

『シルバーバーチの霊訓②』
―「それとも全く別の時の流れがあるのでしょうか。何をして過ごすのでしょうか。やはり働くのですか。勉強もするのですか。楽しみがあるのでしょうか」こうした質問にシルバーバーチは次のように答えた。

『シルバーバーチの霊訓②』
それについては何度もお答えしてまいりました。時間の問題は地上の時間とは関係がありませんので、むしろその意味で興味ある話題です。地上の時間は便利さを目的として刻んであります。つまり地球の自転と太陽との関係に基づいて、秒、分、時間、日を刻んである訳です。

『シルバーバーチの霊訓②』
私どもの世界には夜と昼の区別がありません。光源が地上とは違うのです。従って地上と同じ意味での時間は無い事になります。こちらでは霊的状態で時間の流れを計ります。言いかえれば経験していく過程の中で時間の流れを感じ取ります。一種の精神的体験です。

『シルバーバーチの霊訓②』
霊界の下層界では生活に面白味が乏しいですから時間が永く感じられます。上層界では―無論比較上の問題ですが―快い活動が多くなりますから短く感じられます。次々と新しい体験があるという意味です。別に時間とか月とか年とかの分け方はありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
仕事への携わり方はその人次第です。精神と霊に関連した活動はいくらでもあります。ご質問者は霊的な体験を物的尺度で理解しようとなさっている点に問題があります。霊界へ来てからの精神と霊のする事は範囲が広く際限がありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
教養(文化)的なものもあれば教育的な事もあり、一つ一つにれっきとした目的があり、物質界への働きかけもあり、やりたいだけ存分にそれに携わる事ができます。

現在、僕に新たに協力して下さる事になった「誰でも知ってる歴史上の天才画家」の方の分厚い本を熟読中。地上において入手できる範囲の情報ぐらいは頭に叩き込んでおかないと失礼に当ると思ったものですから(滝汗)そのお方から作品のインスピレーションが降ってきたら感動!号泣!決定なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【でもこういう問題が生じませんか―もし地上のような時間がないとすると、これから先の予定はどうやって立てるかという事です―】私が誰かと会う約束をしたい時などの事でしょうか。そんな時は思念を送って都合が良ければ会います。手紙での連絡はありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
【誰かと特定の時刻に会いたい時はどうされますか―】そういう事にはならないのです。唯一それに似たものとしては、地上の祝祭日にこちらが合わせる場合です。例えばイースターとかクリスマスには私は自分の界へ戻ります。

『シルバーバーチの霊訓②』
地球圏から抜け出るのですが、それは習慣に合わせているだけの話です。必要とあれば今日の予定が終り次第引き上げる事も出来ます。どこかの霊の集まりに参加するようにとの私への要請があるとすれば、その要請は思念で届けられます。

『シルバーバーチの霊訓②』
それを私が受信して、そして参加するという事になります。最も今すぐそんな要請は来ないでしょう。私がこうして地上の方々と話をしている事が判っておりますから。日暦などはありません。あくまで精神と霊の世界なのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【霊界にも電車がありますか―】ありません。ただし電車に乗りたいと思えば電車が目の前に現れます。理解できないでしょうね。でも夢と同じようなものです。電車で行きたいと思えば電車が現れるのです。皆さんだって夢の中で船に乗ろうと思う事があるでしょう。―

『シルバーバーチの霊訓②』
―すると船が現れます。自分がこしらえるのです。そして少なくとも自分にとっては本物の船です。それに乗ると動き出します。必要な船員もちゃんと揃ってるでしょ?その時の意識の場においては現実なのです。現実というのは相対語である事を忘れないでください。

『シルバーバーチの霊訓②』
【その事は何度も聞かされ書物でも読んでおりますが、正直言って私には理解できません―】そうでしょうとも。ですがあなた方の世界でも時間の錯覚があります。一時間はいつも一時間とは限りません。たったの五分が一時間のように感じられる事があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
それが時間の精神的要素です。地上においてもその精神的要素が現実に存在する事を理解してくだされば私ども霊界の者が地上の時間の“純粋に機械的要素”とは無縁である事がお判り頂けるでしょう。こういう説明より他に良い説明方法がないように思います。

あえて書きますが僕は完全無宗教。今まで生きてきて教会に一度も足を運んだ事はなく、聖書も一度も見た事がありません。でもシルバーバーチ霊の言葉に触れるほど、逆にそれでよかったのかもって思うのです。ドグマに毒されずにすみ、今こうして霊的現象に浴させて頂けるようになったのですから(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【みんな自分の家をもっているのでしょうか―】はい、持ちたいと思う者は持っております。そう望んでそれなりの努力をいたします。が、持とうと思わない者もいます。同じく家を持つにしても自分の建築の好みに合わせて工夫する者もあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
例えばあなた方のご存知ない照明方法を組み込んだりします。こうした事はその霊の創造的才能に関わる個人的好みの問題です。【霊界の家はそれまでの生活の中身によって左右されるとおっしゃった事がありますが…】持ちたいと望みそれなりの努力をしたらと言ったつもりです。

『シルバーバーチの霊訓②』
が、いったん家をこしらえたら、その建築様式は純粋にその人の好みの問題となります。青空天井にしたければそうなります。好みというものは長い間の習慣によって形づくられている事を忘れてはいけません。習慣は精神的な属性であり、死後も存続します。

『シルバーバーチの霊訓②』
生涯を英国だけで送った人は当然英国風の住居の様式に慣れ親しんでおり、従って同じような様式の家に住む事になります。そういう習性が残っているからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
やがてその習性から抜け出せば、また別の住居を持つ事になります。こうした事も生活の連続性を維持するための神の賢明なる配慮なのです。ショックを防ぎ、生活をスムーズに、そして調和のあるものにしてくれています。

『シルバーバーチの霊訓②』
(※訳者注―この質問と回答には少しズレが見られる。質問者は霊格の低い霊の家はみすぼらしく、高い霊は見るも麗しい、神々しい家に住むという事実を踏まえて質問している。―)

『シルバーバーチの霊訓②』
(―もっとも、みすぼらしいと言っても相対上の問題で、住まってる本人は少しもみすぼらしいとは思っていない。)

車である教会の前を通り過ぎる時、複雑な気分になるのです。あなた方聖職者が職責を全うしてれば、画家の僕が本分を外れて撃って出る必要などなかったのに…って思っちゃうのです。世の聖職者の方々、撃って出て攻撃に身を晒して下さい。タネ蒔きして下さい。僕を画家に戻して下さい、頼みます(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
霊界には“国会”はありません。住民の生活を規制するための法律をこしらえる必要がないからです。霊界では自然法則が全てを律するのです。逃れようにも逃れられない形でその法則が付いてまわります。

『シルバーバーチの霊訓②』
物的身体はもうありません。物的生活に関わる諸問題も関係がなくなります。今や霊的な形態で自分を表現しており、霊的自然法則が直接に作用する事になります。その仲立ちをするものは何も要りません。

『シルバーバーチの霊訓②』
【コンサートとか演劇とか博物館のようなものはありますか―】博物館は大きな建物―学問の殿堂の中に設けてあり、そこにありとあらゆる種類のコレクション―地上の全歴史にわたる資料から霊界の興味深い生活形態を示すものまでが展示されております。

『シルバーバーチの霊訓②』
例えば地上に存在しない花の種類があります。そのほか人間の知らない自然の様相がたくさんあります。そのサンプルホールに陳列してあるのです。劇場―これも数多くの種類があります。純粋に芸術としてのドラマを目的としたものもあれば、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―教養を目的としたものもあり、教育を目的としたものもあります。地上でもっていた天賦の才、素質、能力は死とともに消えてしまうのではありません。逆に死がより大きな自由をもたらし、それを発揮する機会を広げてくれます。

『シルバーバーチの霊訓②』
【新聞やラジオもあるのでしょうか―】ラジオはありません。通信様式が違うからです。一番一般的な方法はテレパシーですが、要領さえ呑み込めば、目の前にいなくても莫大な数の人に向けて呼びかける事が出来ます。それは地上のラジオとは原理が異なります。

『シルバーバーチの霊訓②』
また、いわゆる新聞はありません。地上のようにその日その日の出来事を書いて知らせる必要がないからです。必要な情報はそれを専門としている者が然るべき方面へちゃんと送り届けてくれます。その要領はあなた方には理解しがたいものです。

『シルバーバーチの霊訓②』
例えば私が知らずにいる事でぜひ知る必要のある事柄があるとしましょう。そんな時、知らせるべきだと思った人が思念で私に知らせてくれます。そういう仕事を担当している霊団があるのです。そしてそのための特殊な訓練をしております。

本来ならあなた方聖職者の方々こそがイエス様のご意志を受取りそれを世に広めるべきはず。シルバーバーチを抜粋せず時事ニュースなど抜粋してるからイエス様は僕みたいなしょぼい画家に語りかけなきゃいけなくなってるんですよ。あなた方聖職者の仕事でしょ。シルバーバーチを抜粋してください(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【私たちがインスピレーションを受ける時も同じ過程によるのでしょうか―】それはまた次元が異なります。人間がインスピレーションを受ける時は意識的にせよ無意識的にせよ霊界のある知的存在(霊)と交信状態にあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
そしてその状態にある間はその霊の力なりインスピレーションなりメッセージなりを受取る事ができます。意識できる場合もあれば無意識のうちに受けている場合もあります。それはその時の環境条件によります。

『シルバーバーチの霊訓②』
その点、私どもの世界では絶え間なく思念を出したり受けたりしております。霊的波長が同じ者同士、つまり霊的知性が同質であるもの同士で送信と受信を行っております。その波長は霊的発達程度によって定まります。

『シルバーバーチの霊訓②』
【名前は霊界へ行っても地上時代のままでしょうか。例えばリンカーンは今でもリンカーンという氏名で知られているのでしょうか―】そうです。身元の確認の上でそうしておく必要がある人は地上時代の氏名のままです。ただ氏名が即ちその人物ではない事を忘れてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓②』
その人を認知するための手段の一つにすぎません。【例えば地上で有名だった人は死後もその名前を使うのが便利ですね―】そういう事です。身元の確認の上でそうしておく必要がある場合です。その状態が人によって何百年も何千年も続く事があります。

『シルバーバーチの霊訓②』
しかし、いつかは地球の磁場から超脱します。そうなると、もうその名前は意味がなくなります。その人の本来の霊格によって存在が認識されるようになります。【一目見てそれが確認できるのでしょうか―】できます。

『シルバーバーチの霊訓②』
地球の引力圏から脱すると、つまり地球とのつながりで暮している段階を超えて純粋に霊的といえる段階まで到達すると、ある種の光輝を発するようになり、それを見ればそれが誰で、どの程度の霊格を具えているかが一目瞭然となります。理解しにくいですか。

『シルバーバーチの霊訓②』
【いえ、そんな事はありません。地上でも人に会った時などにその人がどんな人物であるかが、話を交す前から分る事があります―】そうでしょう。オーラに刻まれているのです。こちらでも同じです。ただ、はるかに強力になるという事です。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【地上で有名人だった人とは別に、そちらへ行ってから有名になった人がいるものでしょうか―】もちろんですとも。地上での名声は単なる“生まれ”に由来し、他に何の要因もない場合が多いものです。生きざま、努力、苦労によって克ち得たものでない場合が多いのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そうした中で全く名を知られず偉大さを認められなかった人物が、こちらへ来てそれに相応しい評価を受けている人が大勢、実に大勢いるものです。魂こそ消そうにも消せないパスポートなのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【書物あるいはそれに類するものがありますか―】あります。書物なら実にたくさんあります。地上にある本の全ての複製もあります。地上にない本もたくさんあります。こちらには芸術の全分野の資料を集めてある巨大な建造物がいくつもあり、その中に印刷物もあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方が興味を抱くものならどんなものでも用意してあります。【誰が用意するのですか―】著述の専門家、書物を用意する事を専門にしている人たちです。【霊が手に取って読めるようにエーテル質で出来ているのですか―】もちろんですとも!

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【シルバーバーチは質問者が相変らず死後の世界を夢まぼろしのように想像している事にいささか呆れ気味であるが、この後さらに「同じ本が他の人には違ったものになったりする事はありませんか」と聞かれて、その“夢まぼろし観”の誤りを次のように直していく。―】

『シルバーバーチの霊訓②』
そんな事はありません。ところであなたは夢の中で本を読んだ事はありませんか。【ありませんけど、どんなものであるかは想像できます―】その場合それは本物の書物でしょうか。【いいえ―】

『シルバーバーチの霊訓②』
ではもしあなたが永遠に目覚めないと仮定したら、その夢はあなたにとっていつまでも現実であり、その夢の中の生活と比較すべき覚醒時の生活がない以上は夢の中で起きた事はことごとく現実であり、逆にそれまでの覚醒時に起きた事は全て夢まぼろしであった事になりませんか。

『シルバーバーチの霊訓②』
死後の世界ではそうした夢の中での精神的過程が何倍もの強烈さをもって働くと思って頂けば良いのです。そうした精神状態はこちらの世界の者にとっては実在であり、あなた方が物質に実感を覚えるのと同じように、霊にとっては実感があるのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【何だか怖いような気がします―】なぜですか。【どうも私にはその生活が現在の地上の生活のような実在感を伴ったしっくりとしたものではないように思えるのです―】それは全く相対上の問題にすぎません。実際は地上生活は霊界という名の太陽によってできた影にすぎません。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上生活は殻であり実質がないのです。物質が霊によって存在が与えられている以上、物質界には真に実在と言えるものは何一つ存在しません。物質というのは霊的実在の波長によって形を与えられた表現の一つに過ぎません。

『シルバーバーチの霊訓②』
【私があのように申し上げたのは、私には同じく美しいものでも主観的なものは客観的なものほど楽しくないからです―】今主観的と思っておられる事が客観的となり、客観的と思っておられる事が主観的となります。

『シルバーバーチの霊訓②』
【そう理解するには個人的な実体験がなくてはならないでしょう―】その通りです。でも今あなたはその実体験が無い訳ではないと思いますが…【夢の中での事でしょうか―】いえあなたご自身の精神の中での事です。

『シルバーバーチの霊訓②』
例えば、あなたは奥さんをとても愛しておられる。その愛は主観的でしょうか客観的でしょうか。【両方が一緒になってると思います―】

『シルバーバーチの霊訓②』
でも愛というのは霊と精神の属性です。そうでなかったら永続性はありません。実在は必ず内部から発するものですあなた方は物的身体をもった霊的実在です。永遠の実在は霊であり、肉体ではありません。肉体が朽ちて元の元素に戻っても霊は存在し続けます。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
【ある時シルバーバーチは、今霊界の奥から帰ってきたばかりだと述べ、その目的はこれまでの仕事の進展ぶりを総点検し、これから先の仕事のための新たなエネルギーを摂取するためであると説明してから、さらにこう述べた―】

『シルバーバーチの霊訓②』
こうして再び地上へ戻ってくる時の私の気持はいつも“味気なさ”です。この表現でもまだ十分に意を尽していません。地上には光と生命が欠け、うっとうしくて単調で活力に欠けております。まるで弾力性を失ったクッションのようで、何もかもが“だらしなく”感じられます。

『シルバーバーチの霊訓②』
生き生きとした魂、愉快な精神の持ち主は極めて稀です。全体を無気力の雰囲気が支配しています。生命の喜びに満ちあふれた人は少なく、絶望と無関心がはびこっております。多分あなた方自身はそれに慣れっこになっているためにお気づきにならないのでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
【私たちにもそれは感じられるように思います。世を拗ねた心がはびこっているようです―】それは取りも直さず戦争に対して払わされている代償です。あれだけの激しさをもって一気にエネルギーを使い果たせば、その結果として衰弱を来すのは当然の事ではないでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓②』
かくて熱気、情熱、熱心さが見られない訳です。私は全てが光り輝く色彩豊かな境涯からやってまいります。

『シルバーバーチの霊訓②』
そこでは心は真の生きる喜びにあふれ、各自が自分に合った仕事に忙しく携わり、芸術の花が咲き乱れ、全ての者が奉仕の精神にみなぎり、自分が持っているものを持たざる人に分け与え、知らざる人を教え導く事を喜びとし、情熱と迫力と喜びをもって善行に励んでおります。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
その点この地上は全てが今述べたような陰気さに包まれております。しかしここが私どもの奮闘しなければならない土地なのです。私たちが奉仕しなければならない領域なのです。全力を投入すべき場なのです。一人一人が神の無限の可能性を秘めた統一体としての一部なのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
自分という存在の内部に日常生活のあらゆる問題を克服していくためのインスピレーションとエネルギーを摂取する手段を宿しているのです。その永遠の実在に気づいている人、あるいは奥に秘められた能力を引出す方法を心得ている人は極めて稀のようです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そうなると当然、物質的生活と同じく実感のある霊的生活―本当はより実感があるのですが―の豊かさと喜びを味わえるはずなのに、物的生活の味気ない単調さの方を好む者が多い事になります。私がなぜこんな事を言うのかお判りですか。

『シルバーバーチの霊訓②』
【判ります。でも死後の世界にも地上より遥かに面白くない境涯があるのではありませんか―】それは事実です。測り知れないほどの絶望の淵から天上的喜悦の境涯まであります。【そうした奈落の底にいる者にとっては地上は天国のように思える事でしょう―】

『シルバーバーチの霊訓②』
何事につけ比較の仕方によって良くも悪くもなる事は事実ですが私が較べたのは、これまで地上で見てきたものと先ほど行ってきた天上の境涯です、ですが地上の人々もここに集える私どもと同じ知識を身につければ少しも惨めに思う必要はなく首をうなだれる事もないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
元気づけてあげる事が出来るという事です。全ての力の根源は霊にあり、永遠の富を獲得する事は人生の悩みのタネとなる物的なものよりも大切である事を悟るでしょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
私の目には、あまりに多くの人間がその貴重なエネルギーを浪費させる事にしかならない事で悩み、恐れ、取越苦労をしている姿が見えるのです。重点の置きどころが間違っているのです。視点を間違えているのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
【さらに質問者が霊界での睡眠や休息について尋ねると、シルバーバーチは少し調子を変えてその質問者にこう述べた―】どうやらあなたは死後の世界についての疑問でいつも頭がいっぱいのようですね。

『シルバーバーチの霊訓②』
【正直言ってそうなんです。もちろん聞かされた通りを盲目的にそうなのだと思い込めばよいのでしょうけど、どうも私の本性がこうして問い質させるようです―】私が盲目的な受入れを喜ばない事はご存知でしょう。霊界ではベッドが欲しいと思う人は用意していますが、―

『シルバーバーチの霊訓②』
―寝る必要はありません。夜が無いのですから。【寝る人もいる事はいるのでしょう―】もちろんいます。寝なくては、と思うからです。実相に目覚めた霊は寝ません。土手に腰を下ろして休みたいと思えば休みます。が、疲れたからではありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
【座って瞑想するのが気持ち良いからでしょう―】それもありますが、自然の美しい景観を眺めながら誰かと交信するという事もあります。ただし“すみません、少し疲れましたので、一服しようと思います”とか“急いで食事を取ってきますので…”という事にはなりません。―

『シルバーバーチの霊訓②』
―食事を取る必要はないのです。もっとも、食べたいという気持が残っていれば別ですが…肉体のように栄養を補給しなくてはならない器官がないのです。バイブレーションが物的ではありませんから…。

↑トップへ↑

—–


11章 新しい世界

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちが携えてきたお土産をよくご覧になってください。いつまでも色褪せる事のない、目も眩まんばかりの宝物ばかりです。その光輝はいつまでも輝き続けます。われわれのしている事に目を向けはじめる人の数がますます増えつつあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
莫大な規模の計画が用意され、われわれにもその一部が割り当てられております。克服しなければならない困難がある事でしょう。取り除くべき障害物もある事でしょう。が、われわれ戦勝軍はひたすらに前進し続けております。

『シルバーバーチの霊訓②』
永い間、圧制し続けた勢力も今となってはもうわれわれを圧制できなくなっております。過去幾世紀にもわたってわれわれに抵抗してきた勢力―正直に言わせて頂けば唯物主義者と神学に凝り固まった宗教家たちは、全て退却の一途を辿りつつあります。

『シルバーバーチの霊訓②』
彼らの内部において混乱が生じ、時代とともに信じる者の数が減少の一途を辿っております。それに引きかえ、われわれはますます勢力を強めていきつつあります。真理、神の真理、永遠の真理が味方だからです。それを武器とした戦いに敗戦は決してありません。

『シルバーバーチの霊訓②』
時に後退のやむなきに至る事があるかも知れませんがそれも一時の事です。そのうちきっと失地を取り返し、結局は前進の一途を辿ります。この仕事に携わる人に私が決して絶望しないように、決して懐疑の念を抱かぬように、決して恐れないようにと申上げるのはそのためです。

『シルバーバーチの霊訓②』
あなた方の背後に控える霊の力は、あなた方の想像も及ばないほど強力にして威厳に満ちているのです。前途に立ちはだかるものが何であろうと、困難がいかなるものであろうと、いつかは必ず取り除かれ、計画の推進とともに真理普及に必要なものは必ず授かります。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「レッドマンのこころ」です。これを読んでインディアンの方々が超トレイルランナーだと知りました☆超人的体力で山野を爆走、馬も追いつけないほど足が強靭☆しょぼいトレイルランナーの僕にとってインディアンの方々は憧れの的なのです☆(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓②』
人間にとって最も大切な事に関して革命的要素をもつ知識が次第に受け入れられ、欠乏、飢餓といった問題の解決に大きな援助を与え、より多くの人々により多くの恩恵がもたらされるようになる事でしょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
私たちが施すものには二重の目的があります。基本的にはその中身は霊的であるという事です。それが最も大切だからです。人生において各自の霊に関わる事が他の全てのものに優先します。霊こそが永遠の実在だからです。

『シルバーバーチの霊訓②』
ですが一方、地上の物的生活において生じる事が霊性に深刻な影響を及ぼす事もあります。それゆえ私たちの努力は、地上的環境を改善し改革し修正し、あらゆる不公平を是正し、不公正を取り除き、病気を駆逐し、害悪を及ぼす汚点を払拭する事にも向けなくてはならないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
私ども霊界の者は地上の落伍者、備えなき者、未熟者が次から次へと送り込まれて来るのをいつまでも許しておく訳にはいかないのです。魂の準備は本来そちら(地上)ですべきものであり、こちらではないのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
地上は霊が修行のために送り込まれるところです。霊界の生活への適応性を身につけないまま霊界入りする者が多すぎます。こちら(霊界)へ来てからでは教育がしにくくなります。地上の方がやり易いのです。

『シルバーバーチの霊訓②』
そういう次第ですから、霊的に、精神的に、あるいは物質的に人間の運命の改善という重大な仕事に身を捧げるわれわれは意志を強くもち、努力は決して無駄に終らない事を確信いたしましょう。

『シルバーバーチの霊訓②』
古い秩序が崩れ、新しい秩序が取って代りつつあります。遠い過去の時代に灯された思想が今や大きな炎となって燃えさかっております。それは決して消される事はありません。

イエス様の連続顕現の中、僕はある決断をし、声に出して宣言しました。それは僕がずっと×100 待ち望んでいる帰幽に関する決断でした。現在僕の帰幽にまつわる状況が非常に混沌としてまして説明できません。もう少ししたら状況がハッキリするかも知れません。信深く心静かに待つのです(祈)

↑トップへ↑

—–


14章 シルバーバーチの祈り

『シルバーバーチの祈り②』
神よ、私たちはあなたの完璧な摂理の背後に秘められた完全なる愛を説き明かさんと努力している者でございます。人類はその太古よりあなたがいかなる存在であるかを想像しながらも、その概念はいつも人間的短所と限界と制約の上に築かれて参りました。

『シルバーバーチの祈り②』
宇宙の生命活動を律するその霊妙な叡智を人間は幽かながら捉え、それを人間に理解できる言葉で説明せんとして参りました。あなたの性格を人間の全てに共通する弱点と欠点と感情を具えた一個の人間として想像しました。

『シルバーバーチの祈り②』
気に入った者には恩寵を与え、気に入らぬ者には憤怒を浴びせる人間味むき出しの神を想像いたしました。その後の進化に伴って人間の知識も進歩いたしましたが、この大宇宙を創造した究極の存在について想像したものは真のあなたの姿には遠く及びません。

『シルバーバーチの祈り②』
無限なる存在を有限なる言葉で表現する事は所詮いかなる人間にも不可能なのでございます。あなたの尊厳の神性、あなたの愛と叡智の永遠性は五つの感覚のみの物質の世界に閉じ込められた人間には真実の理解は不可能なのでございます。

『シルバーバーチの祈り②』
そこで幸いにして実在の別の側面を体験させて頂いた私たちは、あなたが定められた摂理の存在を説いているところです。全てを包含し、全てを律する法則、不変不朽の法則、―

『シルバーバーチの祈り②』
―無数の生命現象に満ちた宇宙における活動を一つとして見逃す事のない法則、全ての自然現象を律する法則、人間生活の全てを経綸する摂理に目を向けさせようと致しているところでございます。

僕はご覧のように霊関連書籍の抜粋を果てしなく行いつつ、さらに僕が浴させて頂いた霊的現象にまつわる長文ブログを何度もUPし続けてます。これだけテキストを撃って撃って撃ちまくっても皆さんの目は開かれないのでしょうか。悲しすぎます。どうか地上生活中に霊的知識に目を開いて頂きたいです(祈)

—–

『シルバーバーチの祈り②』
一宗一派に偏った概念を棄て、宇宙がいかなる法則によって支配されているかを理解する事によって、そこに連続性と秩序とリズムと調和と完全なバランスの観念が生まれてまいります。

『シルバーバーチの祈り②』
一人一人が無限なる組織の中の一部であり、自分一個の生命活動もあなたのご計画の中に組入れられている事を自覚いたします。私たちの仕事は人間の霊に宿されているところの、人生に輝きを与えるはずの資質、―

『シルバーバーチの祈り②』
―未だに未知の分野でありながら莫大な可能性に満ち、その活用によって人間生活に豊かさと生き甲斐、荘厳さと気高さ、人生観を一変させてしまう広大なビジョンと精神的飛躍を与えるところの魂の秘奥を明かす事にあります。

『シルバーバーチの祈り②』
それこそ人間を永遠なるものとつなぐものであり、それこそあなたがお授けくださった神聖なる属性であり、それを開発する事が少しでもあなたに近づき、存在の意義を成就し、あなたの遺産を相続する事になるものと信じるのでございます。

『シルバーバーチの祈り②』
かくの如く私たちは人間の霊的成長を促す分野に携わる者です。そこが人間がこれまで最も無知であった分野だからでございます。その無知の暗闇を払いのける事によって初めてあなたの真理の光が人類の水先案内となり得るのです。

『シルバーバーチの祈り②』
闇の存在はことごとく消え去り、あなたの御子たちは、あなたの意図された通りに自由に堂々と、神性を宿す者に相応しい生き方に立ち帰る事でございましょう。ここに、ひたすらに人類のためをのみ願うあなたの僕インディアンの祈りを捧げ奉ります。 シルバーバーチ

僕が果てしなく行っている霊関連書籍の抜粋。これがホンのおふざけだと思われますか。テキスト撃つと僕にお金が入ってくるとでも言うのですか?そんな訳ありません。僕たちは神の火花を宿した永遠の存在であるという事を地上生活中に何としても悟らねばならないんです。ぜひ書籍を手にしましょう(祈)

↑トップへ↑