放火

Pocket

放火

切断死体の撮影 | 暗殺 | コイツら死刑 | 放火 | 処刑遊び |

またしてもポリーチェ(POLICE)が来ました、それについてMP3にて軽く説明だけ(祈)†

何と再びポリーチェ(POLICE)が家に来ました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を未だに謝罪しようとしません(祈)†

「灰の中のイーグルです」これは「フェニックス」という意味でしょう。僕の使命遂行は何度でもよみがえるという事です(祈)†

「灰の中のイーグルです」これは徳仁がポリーチェ(POLICE)に僕の放火暗殺を再命令したというメセだと理解しました(祈)†

いや、これホントマジでくるぞ

膨大な量のパスワードのデータ化を大慌てで進めています(祈)†

霊団が「僕が邸内に突入する」というメセを何度も降らせてきますが、今回ばかりは使命遂行者の僕でも首を傾げてしまいます(祈)†

放火される前に皆さまにご報告です。僕の家は全く火の気がありません。もし火事になったら「放火」以外に有り得ないという事を先行説明します(祈)†


またしてもポリーチェ(POLICE)が来ました、それについてMP3にて軽く説明だけ(祈)†
山を愛する霊覚者・たきざわ彰人(アキト)祈†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1US
ar7ブログ
bit.ly/2PryzPa
note(MP3)
bit.ly/2Gr45bQ
アタック帰還。明日書くブログネタを霊団が降らせていますのでそちらを書く事になるのですが、何とつい先ほど、またしても家にポリーチェ(POLICE)が来ました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を未だに謝罪しようとしません。これについてもブログを書かねばならないでしょう。まずは音声にて軽くご報告まで(祈)†


何と再びポリーチェ(POLICE)が家に来ました。僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事を未だに謝罪しようとしません(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1V5
ar7ブログ
bit.ly/2IBwdfZ
Tumblr
bit.ly/2W1KoxZ

まずはとにかくこちらのブログをご覧頂きたいと思います。「僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にしたポリーチェ(POLICE)を絶対に許す事はできません(祈)†」 bit.ly/2VfGOmJ 「WordPress固定ページ「暗殺」」 wp.me/Pa9cvW-1vQ さらに昨日急きょMP3録音もしました、こちらもぜひお聞き頂きたいと思います。「またしてもポリーチェ(POLICE)が来ました、それについてMP3にて軽く説明だけ(祈)†」note(MP3) bit.ly/2Gr45bQ 

はい、ブログにありますように前回ポリーチェ(POLICE)が家に来た時に「6ヶ月後にまた来る」と言ってきて、謝罪しないのになぜまた来る必要があるのか僕は究極に首を傾げていた訳ですが、その6ヶ月はとうに経過し、もうポリーチェは来ないものと思っていましたので、突然の再来訪に相当ビックリしましたが、今回は前回と違って一応心の準備ができていましたので、軽く「クーマ作戦」を発動しました(妙なネーミングで失礼、意味はちゃんとあるのですが説明省略です)要するに撮影をしたという事です。その画像、思うところもありますので一応「モザイク処理」を施した状態でUPさせて頂く事としました。ポリーチェ(POLICE)2人が僕の家へやってきたところを撮影した画像はこちらです。

はい、僕はだいぶ“ぶ然”とした表情をしていますね。それはそうです。MP3にてお話していますが、今回も前回と同じ感じでポリーチェは僕の「脅迫罪」の訴えを反故(ほご)にした事には一切触れず、当然謝罪の言葉もなく、僕の生活の何でもない事ばかり質問してくるのです。「だからあんたたちは一体何しに来たんだよ」僕の表情はそういう感じな訳ですが、今回のポリーチェの再来訪を受けて僕は、徳仁Naruhitoがやはり「放火」で僕を暗殺する事をポリーチェに再命令したのではないかと強く感じたのでした。ポリーチェ2人の口ぶりからは徳仁の命令でやってきたようには感じられなかったのですが、その後、霊団がインスピレーションで「前回と全く同じ」「誰とは言わずに」「消さなきゃならない」と降らせてきたのです。このメセを受けて僕は確信しました。

まず「前回と全く同じ」これはポリーチェ2人が僕のところへやってきた動機が前回と全く同じ、という事でしょう。前回もこの2人が来ましたが、前回はポリーチェが僕を別の家に引越させてその家ごと放火して暗殺する計画をいよいよ実行に移す準備がだいぶ整っていて、実母との最後の口裏合わせで家に来た訳ですが、今回も徳仁から僕の暗殺命令を受けて、前回と同じ手は使えませんから新たな暗殺手法を探るために僕の様子を偵察に来たと考えるのが最も妥当ではないかと感じました。そして「誰とは言わずに」これは誰の命令で僕の家に来たのかポリーチェ(POLICE)は絶対に言わないという意味。さらに「消さなきゃならない」これは僕が拡散しまくっている強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体のブログおよび画像を消すように徳仁に命令されているポリーチェの思念という事でいいでしょう。強姦殺人魔を逮捕するはずのポリーチェが、強姦殺人魔、徳仁の命令で僕を暗殺するために再びやってきたという事なのです。これ以上の理不尽がこの人間界に存在するでしょうか。

はい、この画像にありますポリーチェ(POLICE)2人は、徳仁Naruhitoの命令を受けて僕を暗殺するために前準備として偵察にやってきた、霊団のインスピレーションから理解するに僕の様子を確認しに来たのだろうと考えています。僕を家ごと「放火」して暗殺する可能性がいよいよ高まっている事を痛烈に感じていますが、ポリーチェはさらに悪のアイデアをひねり出して別の暗殺手法を講じてくるかも知れません。とにかく「消さなきゃならない」これは僕の使命遂行データを消すという意味だけでなくやはり僕そのものを消滅させるという意味の方が強いでしょう。正義の行使者であらねばならないはずのポリーチェが、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の命令に絶対的に従い、霊団の導きに従って正義の活動をしている僕を何が何でも暗殺しようとこのように手を回してくるのです。本当に物質界は理不尽だらけの狂った世界だと改めて究極に嫌気がさしますが、霊団からの先行情報に常に気を配りながら最大限に警戒し、先手を撃ってあらゆる防御を行わねばなりません。

まずはこれまで果てしなく制作し続けてきたブログ、画像等の「使命遂行データ」を、外部ドライブにバックアップするだけでなく別サーバにもUPして徹底的に保険をかける事をさっそく始めます。家ごと放火されてしまったら外部ドライブもやられてしまいますのでそれ以外のバックアップが必要になってきます。「いや、徳仁の狙いはデータ消去じゃなくてお前を消す事だよ」まぁこれが最終回答だと思いますので、これに関しては「イエス様ハンドリング」霊団からの霊的先行情報に基いてこれまで通りブログ等を駆使して先手を撃つ情報を公言しまくって暗殺を回避しつつ、皆さまに強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の情報がさらにさらに広まっていくという事をやっていくしかないでしょう。物的手段に訴えての活動だったら僕はとっくに暗殺されていたかも知れません。霊団からの霊的情報があったからこそ僕はここまで到達する事ができたのです。今後も霊団からの情報に基き常にイニシアチブを握りながら暗殺を回避し、明仁、文仁、徳仁、悠仁を確実に死刑に追い込むまで全力前進せねばなりません。

はい、あとひとつ追加で幽体離脱時に、霊体の僕が秘密組織の建物内に秘密の入り口から侵入する映像を霊団が降らせてきました。人里離れた山域に人知れずポツンと入口があり、僕はそこから難なく侵入します。建物内部を進むほどに何と「トランプ氏」が現れます。えー何度も説明させて頂いていますように、これは霊団メンバーがトランプ氏の形態をまとって演技しているのであってトランプ氏ご本人ではありませんよ。で、そのトランプ氏は僕が秘密組織内部に侵入した事を通報する事はなく、かと言って僕に協力するという事もなく、生ぬるい感じで僕と微妙な距離を保っていたのでした。これは「消極的協力」とでも言えばいいのでしょうか、何とも不思議な空気感でした。で僕はさらに建物深部に切れ込んでいき結局「侵入者アリ!」みたいな感じで警報が鳴ってしまうのですが、これもいつもと同じように僕は幽体離脱時の映像だと分かっている状態で夢を見ていますので、別に慌てる事もなく平然としていて、回りに人が集まってくるのですが僕自身は別に逮捕も連行もされなかった、と言った感じの映像でした。

まぁこの幽体離脱時の映像は現実にこのようになるという意味ではないと思っています。「霊覚者」「イエス様ハンドリング」などと公言する僕にトランプ氏がコンタクトなどしてくる訳がありませんが、とはいえ僕の活動は見ているかも知れませんね、さぁどうでしょう。ポリーチェは僕の「脅迫罪」の訴えを完全に無視し無きモノにした事を一切謝罪しようとせず、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の命令を忠実に実行してあくまでも僕を暗殺しようと画策している可能性が大変高まっているという事を皆さまにご報告させて頂きました。しかし僕はタダではやられません「止血しながらブログ書く」 wp.me/pa9cvW-1v0 も書きました、最終的に暗殺されるとしても絶対にコイツらを道連れにして地獄に落とします。僕の身に危険な事態が発生したら、上記のポリーチェ画像のモザイクを外したバージョンをUPさせて頂きます。さらに「クーマ作戦」の準備を整えつつ、どんな危険が迫ろうとも霊団の先行情報に基き常にイニシアチブを握って最大防御し、その様子を皆さまに逐一ご報告させて頂きます。僕、たきざわ彰人は「1歩も退く気はない」(祈)†


「灰の中のイーグルです」これは「フェニックス」という意味でしょう。僕の使命遂行は何度でもよみがえるという事です(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1Vh
ar7ブログ
bit.ly/2L1p3Du
Tumblr
bit.ly/2UViXZV

灰の中からよみがえり何度でも飛翔する、アナログ絵127、246にも「フェニックス」と書いています、霊団はその事を仰っているものと思われるのですが、よみがえるという事は1度どん底まで落ちるという事ですよね。霊団、散々僕に自分の人生を捨てさせておいてこの「フェニックス」はどういう意味でしょうか。まだ僕に試練を与え足りませんか。本当にあなたたちそろそろいい加減にしなさいよ、そう言いたくて仕方ないメッセージですね今回のインスピレーション「フェニックス」は。

まぁ霊団の導きがなければここまで到達できなかった訳ですからもちろん感謝はしているのですが、何しろキビシイんですよホントに、ちょっと詳細説明は皆さまにしたくないのですが僕は何度も霊団に対してあからさまに怒りを表明してますので、今回の「フェニックス」のメセは良い意味で降らせたものだと信じたいです、さぁどうでしょう。で、もうひとつ「絶対聞けよ」とも降らせてきました。これは以前から文仁の思念で「聞け!聞け!」というメセがありましたが、それの延長でしょうか。今回の「聞けよ」は徳仁が国民に向けて何かしらの発表をする、それを僕にちゃんと聞けと霊団が念を押しているという事かも知れません。

「ことごとくニセモノですね、これが実はおもしろい」 wp.me/pa9cvW-1wQ にありますように徳仁が僕をニセモノ呼ばわりするのかも知れません。ただ僕の所感ではもうそんなレベルの話ではなく、徳仁が僕をニセモノだと公言して国民を洗脳するも何も、もう自分たちが強姦殺人魔だとバレまくっている訳ですから、そんな発表をすれば余計に「やっぱりな」と国民が逆説的に僕の公言する内容に納得する事になるでしょう。今さら裏から手を回しても遅いんだよ「イエス様ハンドリング」の威力を思い知れ。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は地獄に落ちろ(祈)†


「灰の中のイーグルです」これは徳仁がポリーチェ(POLICE)に僕の放火暗殺を再命令したというメセだと理解しました(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1Vs
ar7ブログ
bit.ly/2Zx6FWo
Tumblr
bit.ly/2IGzLNT

はい、霊団が降らせたインスピレーション「灰の中のイーグルです」について、ようやく新たな理解に到達する事ができましたので急きょブログを書かせて頂く事としました。この意味はもちろん「フェニックス」なのですが、霊団は「灰の中」と言い切っていますよね。ここが僕にはどうにも心に引っ掛るものがあったのですが、これは強姦殺人魔、徳仁Naruhitoがポリーチェ(POLICE)に「たきざわ彰人を放火で暗殺しろ」と(前回も同じ命令をしましたが僕にブログを書かれて頓挫しています)改めて再命令したのだと、そういう理解に到達しました。「暗殺」 wp.me/Pa9cvW-1vQ 参照。

その徳仁の命令を受けて「6ヶ月後にまた来る」と言っていたのに全然来なかったポリーチェが先日突然やってきたのだと僕は思います。行動には動機があります。ポリーチェは別に来るつもりはなかったが徳仁に強硬に命令されて、僕を放火暗殺する計画を再考案、再実行せざるを得なくなり、放火計画作成にあたってまずは下見に来た、そんな感じではないでしょうか。何しろ「灰の中」です、灰と言えば燃えたあとの燃えカスです。つまり今回は本当に放火が実行されて僕の家が灰になるという霊団からの強調であると、考えたくはないのですがそのように理解してしまいました。で、もちろんその徳仁の命令を霊団も僕も実行させたくはありませんから、霊団は僕に放火暗殺回避のブログを書かせるためにわざと「灰の中」と放火実行を強調したメセを降らせて、僕にこのようにブログを書かせているものと思われます。これまでの使命遂行でも散々行ってきた「インスピレーションによる先行防御」ですね。

僕にこのように放火のブログを書かれてしまったあとで本当に放火を実行に移してしまったら、僕のブログが真実である事が完全に証明されてしまいますので徳仁は放火を実行できない、そういう感じに霊団がしている訳ですね。たとえ放火でシルキー(PC)を失っても、こうして先行でブログを書けばWeb上に放火のブログが残り、皆さまにご覧頂ける状態を保持できますので、それが真実性の証明へとつながる訳です。とにかくアナログ絵123、本当にしつこくて申し訳ありませんがこれに尽きるのです。イエス様はじめ霊団には強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の心の中が丸見えです。つまり徳仁が僕を暗殺しようとどんなたくらみを抱きポリーチェ(POLICE)に命令しても、その手の内が全て分かっているのですからたくらみは頓挫するに決まっているのです。とは言え今日このように緊急でブログを書いたのは、今回ばかりは徳仁が「我々の負けでもいいからバレてもいいからとにかくたきざわ彰人だけは殺せ!」と強硬命令をする可能性があると考えたからです。

もう何でもいいからやれ、と「やけっぱち命令」をして、ポリーチェ(POLICE)は本当に情けない事にそのヤケ命令にまで従ってしまって僕の家が本当に放火で灰になってしまう可能性が大変高いのではないかと危惧しています。「脱出キット」 wp.me/pa9cvW-1tV にも書きましたように、本当に放火が実行され様々な物品、シルキー(PC)、アナログ絵の原画、山の道具等の愛用品を炎で失う事になったら、その僕の怒りはまさに言語に絶するものでしょう。これは僕が説明するまでもなく皆さまもお分かりの事と思います、放火は数ある犯罪の中でもかなり重い罪として刑罰が設定されています。女の子の大量強姦殺人と同様、明仁、文仁、徳仁、悠仁はこれほどの大罪を犯しても逮捕されないという狂った現実に、マグマ大噴火レベルの怒りを感じるのが僕だけという事はまさかありませんね。皆さまも自分の愛する娘を強姦殺人されて、さらにそいつに放火までされたらそれはもう絶対にそいつを許さないでしょ。僕ももちろん同じ心境です。

さぁ考えたくはありませんが「灰の中」本当に放火が実行される可能性が大変高まっている事を説明させて頂きましたが、もうひとつ「イーグル」について軽く解説してみます。これは霊団が「ホワイトイーグル霊言集」の内容を引用しているのです。「霊関連書籍」 wp.me/Pa9cvW-1P1 参照。この書籍のどこに書いてあったでしょうか「ホワイトイーグル」という名前を名乗る通信霊が「遠目の利く猛禽」という事でそのような名前を名乗っているとありました。つまりこうです。放火が実行され一時はダメージを負わされるとしても「フェニックス」我々の道具アキトくんは炎の如くよみがえり必ず強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を撃ち滅ぼして勝利を収める、その光景が我々には見えている、という意味の「遠目が利く」つまり未来が見えているという事ではないかと思います。霊団のメセを冷静に咀嚼すれば本当に放火が実行されてしまうかも知れません。しかし物質を失っても「イエス様ハンドリング」は必ず勝利を収め、明仁、文仁、徳仁、悠仁は滅亡するという2段階の意味を含ませたメセであると思います。

えー「灰の中のイーグルです」とても深いインスピレーションですね。いくつもの意味が込められている事を僕なりに説明させて頂きました。ただ最終的には勝利を収めるという意味です、そこは強調しないといけません。はい、実際に放火が実行されても使命遂行を問題なく再開できるようにデータバックアップ、パスワード管理、クーマ作戦準備、その他現在の僕に考え得る限りの対策を講じて「イエス様ハンドリング」の続行に備えます。僕がこの使命遂行を途中でやめる事はありません。なぜならイエス様との約束であり、その約束を果たし切るためだけに僕は地上に残されているからです。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にする、もうこれ以外の人生は有り得ないのです。もし本当に放火が実行されても、僕は必ず「シルキー2(PC)」を購入してブログを再開し、皆さまに放火された時の様子を(できればMP3やムービー付で)詳細にご報告させて頂きます。大量強姦殺人魔、そして放火魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を許す理由というものは霊界、物質界、この全宇宙に存在しません。あるのはただひとつ「死刑」のみなのです(祈)†

※たった今霊団が「キミの言った通りだ」と霊聴に響かせてきました。このブログの説明で間違いないそうです。あなたたちホント簡単に言ってくれますね。つまり徳仁が完全に放火する気だという事です。本当に放火されるという事であればこれは「回避不能」とも言えるでしょう。いつ火を付けられるか分かりません、まさかずっと外で見張っている訳にもいきません。霊団、最終的に勝利は了解ですけど物的損失(放火)を回避する事に力点を置いてメセ降らせなさいよ。しかしそれにしても皆さま、放火実行役はポリーチェ(POLICE)です。お分かりになりますかこの理不尽、絶対に許す事ができません。このままでは済ませません(祈)†


いや、これホントマジでくるぞ

本当に「脱出キット」の準備をします。やられてからでは遅いので。これホントマジでいつ「放火」きてもおかしくありません(祈)†


膨大な量のパスワードのデータ化を大慌てで進めています(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1VX
ar7ブログ
bit.ly/2ZFiD06

僕は使命遂行にあたって膨大な量のパスワードを保持、管理していますが実は「紙」での管理だったのです。もし徳仁の命令を受けたポリーチェ(POLICE)に放火を実行されてしまったら、この紙のパスワードを消失してしまいますので大慌てでテキスト化しています。8割方撃ち終わりました、超大変…。こうしてデータ化しておけばパスワードもバックアップ状態となりますので、情報拡散に使用しているあらゆるサイトを使用可能状態に保持できます。絶対に失う訳にはいきませんので。

今日は霊団が何も降らせてきませんでした。頭の中がカラッポです。とはいえまだ皆さまに紹介していないインスピレーションがいくつもありますのでそちらについてブログを書く必要があるのですが。アナログ絵262も止まらず描き始めちゃいましょうか。とにかく本当に放火されてから「ああしとけばよかった」と言っても遅いのです。本当にはやられない、いつもの霊団の「インスピレーションによる先行防御」だと思いたいですが、放火される前提であらゆる防御を講じなければ意味がなくなってしまいますので。当事者でない皆まさにはこの僕の怒りをなかなかご理解頂けないかも知れませんが、強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑にするという人間として当たり前の事を言っているだけの僕が、ポリーチェ(POLICE)に放火されようとしている、この理不尽に直面しての僕の怒りをぜひ想像してみて頂きたいと思うのです。とにかく僕は「イエス様のご意志遂行」絶対にやめません。必ず目に見える結果に到達してみせます(祈)†


霊団が「僕が邸内に突入する」というメセを何度も降らせてきますが、今回ばかりは使命遂行者の僕でも首を傾げてしまいます(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1Wh
ar7ブログ
bit.ly/2VzMS9x
Tumblr
bit.ly/2ZIbc8F

えー4月25日以降、霊団からどうにも首を傾げてしまうインスピレーションが複数降っています。僕は「イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)」を公言し、使命遂行者として地上に残されている霊の道具ですから、その僕が霊団の言う事を信じなかったら何の仕事もできなくなってしまう訳で、本当は首を傾げている場合ではないのですが、今回ばかりはどうにも…うーん。まずは霊団が降らせてきたインスピレーションを羅列させて頂きます。「突入する事になりました」「美智子仲良くしてきた」「もう決まってる」「どうぞやられないように」「あなたは有力素材」「40」「怒られるから」…と言った感じです。

では説明していきましょう。まず「突入する事になりました」「もう決まってる」これは僕が邸内に突入する事がもう決まっているという意味ですね…。「強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が僕の邸内突入を許す訳ねぃじゃん、何言ってんだろーなーこの人たちは…」と当然このような感想を僕は抱く訳ですが、もし本当に霊団が降らせたこのメセの通りになるのだとしたら、それはやはりピーチピチ(佳子)が僕を呼び寄せるという形をとるのでしょうきっと。んまぁ霊団はこのように仰ってます、僕には分かりません、という突き放した言い方に留めさせて頂きます。どうにも確信が持てませんので。えー次は幽体離脱時に霊団が見せてきた映像ですが、美智子が霊体の僕に近づいてきて仲良くしてくるという内容でした。これはインスピレーション「どうぞやられないように」とつながってくるメセで、要するに美智子が僕を油断させて、スキを見計らって僕を暗殺するつもり、それを霊団が事前に警告しながら「アキトくん、キミの知恵と勇気でもって暗殺を回避してくれ」といった意味ですね。

「本当にあんたたちは気楽なもんだよ」と、霊団にひたすら文句が言いたくなる訳ですが、ここでひとつ霊関連書籍「レッドマンのこころ」の内容を抜粋させて頂きます。

「レッドマンのこころ」より→「苦境を逃れるために自らの命を絶つ者は、弱虫です。勇気ある者は、闘いの中に死地を求めます」
「レッドマンのこころ」より→「“死の歌” われはうたう  わが亡骸がいずこに横たわることになろうと構わぬ。 わが魂は死後も行進を続ける。 わが亡骸がいずこに横たわることになろうとも構わぬ。 わが魂は行進を続ける。 」
「レッドマンのこころ」より→「死の歌 ― 神よ。これよりわれらは死地へ赴きます。われらには何一つ悲しむことはございませぬ。が、あとに残していく者のことで心を惑わされることのなきよう、導きたまえ」
「レッドマンのこころ」より→「与えられた限りの才能と制約の中で最善を尽くしたいという自覚、そしてその死後の世界での境遇は地上での所業によって決まるという認識を持って腹を決める事である。死の歌を高らかに口ずさみながら勝利の凱旋をする英雄のごとくに死に赴くがよい」

はい、この素晴らしい書籍「レッドマンのこころ」にあるように僕は「死地」に赴きます。どうにも信じられないと言いつつも霊団が仰るように僕が邸内に突入するのだとしたら、その先に待つのは100%「暗殺」です。行動には動機があります。明仁、文仁、徳仁、悠仁が僕を邸内に呼び寄せるなどと言う事がもし本当にあるのだとしたら、その行動にも動機がある事になります。その動機は「国民の目が届かない閉じた城の中で僕を殺す」これ以外にありません。美智子が僕に仲良くしてくるという幽体離脱時の映像もありましたが、これも100%フェイクです。とにかく100%僕を殺しにかかってくるでしょう。しかし「レッドマンのこころ」にありますようにように、眼前に暗殺が待ち受けていようとも僕は「死地」に飛び込むと言っているのです。皆さまには100%ご理解頂けない事と思いますが、僕は既に帰幽していた身です、これ以上地上に残されなくていい人間なのです。「地上学校の卒業証書」を守護霊様から頂戴している身です。そんな僕が死を恐れて地上に残り続けて一体何をするというのでしょう。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

僕の後ろに道はありません、僕は別にイエス様との約束を完璧に果たし切って胸を張って正々堂々と死ねばいいだけの事なのです。イエス様が僕に「怒涛の連続顕現」で仕事をお願いされたのは、僕が「帰幽カモン」と公言できる心の境地に到達していたからでしょう。帰幽カモン、つまり死の恐怖を完璧に克服していて肉体の死後の霊界生活および自分が赴く境涯について心の底から得心していて迷い、恐れがないという意味ですが、そういう精神力に到達している者でなければ暗殺の危険が待ち受ける「強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の死刑、滅亡」という使命を遂行する事はできない、アキトくん、キミならできるというイエス様のご意志だった訳です。そのイエス様の信託を裏切るなどと言う事は天地が逆転してもあり得ません。えー、そしてもうひとつ、僕が本当に霊団の仰る通り邸内に突入したとしましょう。もしその状況になったらそれ以降の僕はもうホントに「毎日クーマ作戦」の状態に突入する事間違いなしでしょう。例えば「ある青年」提供のこちらの情報をご覧下さい。

理屈をこねくり回しているヒマがあったら何を置き去りにしてでもある青年の提供情報をご覧頂きたいと思うのですが、僕が思うにイルミナティのトップに君臨している明仁、文仁、徳仁、悠仁は邸内に間違いなくこの絵画のようなものを所持しているものと思われます。それを僕が「クーマ作戦」で徹底的に暴露しまくるのです。ブログ、画像、アナログ絵、ムービー、MP3等を駆使して通常では絶対に国民の目に触れない明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を、暗殺される1秒前まで国民の皆さまに向けて情報発信させて頂くつもりです。そしてピーチピチ(佳子)の真実の姿、メディアが報道する、国民の認識を誤った方向に扇動する目的で流されるピーチピチのニュースではなく、ピーチピチの本当の姿を僕なりに皆さまにお伝えしたいと思うのです。(※えーこれに関しては別にブログを書くかも知れません、ピーチピチには強姦殺人ほう助の宮内庁職員に頭脳労働を肩代わりしてもらわなければ自分の意見を主張できないような情けない人間にはなって欲しくありません。それについて語りたい事があるんですよ…ただ霊団はそんな事言ってませんので悩むところですが…)

そうそう、あと以前に黒歴史まとめと題して「4つの資料どうぞ」 wp.me/pa9cvW-cD このようなブログも書きました。この4つの資料もピーチピチ(佳子)の協力を得てぜひ入手し、WebにUPできる形に加工して皆さまにご覧頂けるように絶対したいです。そしてもちろん「奴隷の女の子たち」の様子を(※これがメインの作業になるでしょう、何しろ女の子たちが「強姦殺人魔」を証明する生き証人ですから)皆さまに紹介する作業をせねばならないでしょう。明仁、文仁、徳仁、悠仁、宮内庁職員、皇宮警察等々、邸内の全員が一致協力して奴隷の女の子たちを殺し続けています。誰ひとりとして女の子たちを助けようと立ち上がる者がいません。残念ながら現状ではピーチピチ(佳子)も強姦殺人ほう助を続けている状態ですが、僕が邸内に突入してピーチピチの強姦殺人ほう助を止められるのならぜひそうしてあげたいと考えています、さぁどうなんでしょう。ぜひ敵本陣に突入して内部からクーマ作戦発動し、奴隷の女の子はじめ明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を徹底公言して死刑、滅亡を1日でも早める事をしたいです。

そして次のインスピレーション「あなたは有力素材」ですが、これについては僕の方から説明は控えます。皆さまでご自由に想像してみて下さい。続いてコチラのインスピレーション「40」ですが、これはアナログ絵40「ももちゃんのハンドライトクロス†」の事を指しているものと思われます。ももちゃん、要するに奴隷の女の子たちのチカラでハンドライトクロス†、つまり強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を死刑、消滅させるという意味だと思われます。これは本当に素晴らしいメッセージで、霊団にはこういうメセこそガンガン降らせて欲しいと思う訳ですが、この「40」のメセも僕が邸内に突入するメセであると理解する事ができます。突入しなければももちゃんのハンドライトクロス†は実現しませんからね。とにかく皆さまには僕のブログ、特に奴隷の女の子たちの悲劇の惨状について書かれたブログをお読み頂きたくて仕方ありませんが「たきざわさん、あなたはブログを書きすぎ、どこをどう読んでいいのか分かりません」という方もいらっしゃる事でしょう。

そういう方には「ブログ内検索」をおすすめ致します。いろいろ検索ワードを工夫すれば深いレイヤーに埋もれてしまった過去ブログを拾い上げる事ができますので、どうぞお試し下さい。もし本当に僕が邸内に突入するのなら、何よりも奴隷の女の子たちの事を第一に考えてあげたいです。明仁、文仁、徳仁、悠仁に全く人間扱いされずオトナになる事も許されず、ひたすら凌辱を受け続けている女の子たちを何としても助けてあげたい。救助するにあたり僕の地上的生命の生き死ににはこだわりませんが、できれば霊団の導きによって暗殺を回避し、その後の女の子たちの人生をサポートし背中を押してあげたいと考えています。返す返すも女の子たちを殺す手伝いをしている、明仁、文仁、徳仁、悠仁の回りを固める強姦殺人ほう助の人間たちが許せないです。小さな女の子ひとり助けてあげようとしない奴らが口だけもっともらしい事を言って国民を煙に巻き続け洗脳を繰り返しているのです。美智子が僕に仲良くしてくる映像もありましたが、それを受けての僕の心は憤怒で煮えたぎっています。何としてもこいつらを地獄に叩き落したいです。

では最後のインスピレーション「怒られるから」こちらも僕が邸内に突入して以降にこうなるという意味のメセですね。強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁が自身の邪悪の正体を僕にバラされまくっている事に怒っているそうなのですが、皆さまはいかがお感じになられるでしょうか、このバ〇どもの思念。怒っているのは僕たち国民の方だよ、女の子を殺しまくっている人類史上最大級のバ〇ヤロウ、お前らは一体何様のつもりなんだ。そう考えるのが最も通常の人間的反応でしょう。「もうダメに決まってるよ」 wp.me/pa9cvW-1QA こちらに「たとえ話」を書きましたがまさにその状況だと思うのです。とにかく皆さま、これ以上簡単なお話がありますか。コイツらは「二枚舌」などという言葉では済まされないほどの究極のウソつきです。自分の人生の全て、そして明治維新以降の日本の歴史も完全にウソをつき通そうとしているのです。物的情報によりますと明仁、文仁、徳仁、悠仁、そもそもコイツらは天皇を暗殺してすり替わったニセモノ一族なんだそうです。存在自体がウソという事です。

はい、まだまだ書きたい事が鬼のように地獄のようにあるのですが、それらはひとつのブログにまとめず小出し小出しで書いていきましょう、キリがありませんので。今回のブログでは「僕が邸内に突入する可能性」について重点的に書かせて頂きました。霊団はこのように仰いますが僕の正直な所感としてはその通りになって欲しくて仕方ありません。たとえ暗殺が待ち受けていようとも僕は死地に赴き、霊団の導きに従って暗殺を回避しながら強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の邪悪の正体を「内部から」暴露しまくる覚悟です。そしてできれば奴隷の女の子たちの未来のためにも暗殺を避けたいですね。奴隷の女の子たちの回りは全員強姦殺人ほう助です。これでは女の子たちを守り育む事など到底不可能ですから、できれば僕が女の子たちのチカラになってあげたいと考えています。その実現にあたっては同じように赤ちゃんの時に文仁に盗まれて邸内に入ったピーチピチ(佳子)の助けが絶対的に必要ですが、さぁピーチピチはどう考えている事でしょうか、もう霊団がピーチピチの思念を全然降らせてきませんので現在のピーチピチ(佳子)の心の中が良く分からないのです(祈)†


放火される前に皆さまにご報告です。僕の家は全く火の気がありません。もし火事になったら「放火」以外に有り得ないという事を先行説明します(祈)†
WordPress
wp.me/pa9cvW-1WB
ar7ブログ
bit.ly/2J7TAx6
Tumblr
bit.ly/2DM675U

強姦殺人魔、徳仁がポリーチェ(POLICE)に命令して僕を放火で暗殺しようとしている可能性が霊団によるとだいぶ高まっている事を受け、まず使命遂行データのバックアップ作業はかなり進みました。さらにもう1~2レベル上のバックアップをする事も追加で考えているところです。さらに今日、あるチープなモノを購入してそれが到着し、さっそくそのアイテムを駆使して物的避難を進めています。詳細説明をするとそこをヤラれるので説明はしません。

ブログ「脱出キット」 wp.me/pa9cvW-1tV にも書きましたが、もし本当に僕の家がポリーチェに放火されたら、119番しても消防車は来ません。徳仁に「たきざわ彰人の家を消火するな」と命令されているに決まってますので僕の家は全焼する事になります。皆さまも自分の身に置き換えてご想像頂きたいのですが、家の中には様々な品物があり、それと同じだけ「思い出」があります。それら全てを避難させる事は不可能ですから、どうしても燃やしたくないモノだけをプライオリティを付けて避難させ、それ以外は泣く泣く失う事になります。この僕の気持ち、この怒りが皆さまに共感して頂ける事を心の底から信じます。「放火」が絶対に許してはならない「大罪」である事は僕が説明するまでもありませんね。その許されざる大罪を徳仁が僕に対してやってくる可能性が大変高まっています。そして昨日霊団が「放火の疑い」とインスピレーションを降らせてきましたが、これについて僕の所感を述べさせて頂きます。

霊団のこのメセは放火で僕の家が全焼して以降にポリーチェ(POLICE)が出火原因の調査に来た時の様子の事を言っている訳ですが、僕はこの霊団のメセの通りにはならないと予測します、霊団は考えが甘いと思います。というのも、ポリーチェは僕の全焼した家を調査して絶対に「出火原因は僕の火の不始末であり放火ではありません」と言ってくるはずだからです。それはそうです、ポリーチェ(POLICE)が放火の実行犯なのですから放火であるなどと結論を出す訳がありません。焼け跡を見ればどう考えても放火だろと1発で分かる状態だったとしてもポリーチェは絶対に僕のせいにしてくるはずです。で、ここで今ブログのタイトルに据えました「火の気がない」について説明してみようと思います。えーまず、これまで幾度となく公言し続けていますが、僕は生まれて1本もタバコを吸った事がありません。つまり家にマッチ、ライターがないという事です。さらに僕は厳冬期の雪山アタックに照準を合わせた生活をしていますので「低温順応」のために暖房器具を使わずに冬を越します。

つまりストーブを使っていないという事で「灯油」も家にありません。ストーブを点火するためのチャッカマンもありません。(※ただひとつ、これまで生きてきて風邪もひいた事のない僕が2年前に大風邪をひいた影響で、足元にごく小さな電気の暖房器具を1個だけ置いています。とはいえ1メートル以内に置いてようやく足が少しあったかいという程度のもので部屋全体の暖房では全然ありません)さらに僕は料理にガスを使いません。料理はレンジとトースターのみで行います。僕のメイン食材である野菜にも火は通さず「浅漬け」のようにして食べています。ガスを使うのは1日に1度「シャワー」を浴びる時のみ、それ以外はガスを全く使いません。で、もちろん一斗缶にガソリンを入れて保管しているなどという事もありません。えー「たきざわさん、あなたはそう言うけどまだ他に火の出るモノはあると思うよ」という方もおられる事でしょうが、この説明で少なくとも僕が原因で火が出る可能性が極めて低いという事だけは理解して頂けると有り難いです。

はい、霊団が「放火」に関するインスピレーションを何度も降らせてくるのは、今まで散々やってきたように「僕にその旨ブログを書かせて先行防御する」ためであり、本当に放火はされないと信じたいところですが、家が焼失してから「もっとあぁしとけばよかった」と言って後悔しても遅いですので、たとえ徳仁の命令を受けたポリーチェ(POLICE)の手によって放火が実行に移されてしまったとしても、使命遂行に必要な物品はしっかり避難ができていて、焼かれたシルキー(PC)の代わりさえ用意できればすぐにでも使命遂行を再開できる環境を何が何でも整えているところです。そして放火の全容、詳細を皆さまに画像、できれば映像も含めてしっかりとご報告させて頂くつもりです。徳仁の大罪を絶対に許しはしない、大量強姦殺人に飽き足らず放火まで実行した徳仁はじめ明仁、文仁、悠仁を絶対に死刑にするために細大漏らさずブログを書き残すつもりです。霊団、先行防御をもっとやって放火を食い止めろ、僕が放火されたら使命遂行に穴が開いてあんたたちも困るだろ。ちゃんと防御しろ。

えーでは昨日さらにインスピレーションが降っていますので追加でそれもご紹介致します。「絶対寝込み」これは霊団が言うように僕が邸内に突入したとしたら100%寝込みを襲われるという意味ですが、まぁこれは本当に突入する事になったら考えるべきでしょうが確かに事前に頭に入れておくべき警戒ポイントですね。寝込みを銃とか日本刀で襲ってくるのでしょうきっと。もちろん僕は「クーマ作戦」で対抗するつもりですがこれはちょっと現場に行って部屋の形状を確認してからでないと作戦が立てられませんね。それにあたってはピーチピチ(佳子)がどういう立ち位置で僕を扱うかが気になるところです。どうやら僕を守ってはくれない様子ですね霊団によると。あくまでも強姦殺人魔に協力するつもりなのでしょうかピーチピチ(佳子)は。本当に困ったものですが…。もし霊団の仰る通り僕が邸内に突入したとしたら、僕の味方をしてくれるのは奴隷の女の子たちだけという事になるのかも知れません。完全アウェーの闘いを余儀なくされます。それが徳仁の狙いなのかも知れません。とにかく僕は暗殺されるでしょうが絶対にその様子をブログにUPしてから死にます。

あともうひとつ幽体離脱時の映像で、僕の給料が「銀行振込」ではなく「手渡し」になるというものがありました。霊団これは一体なんでしょうか。邸内(死地)に突入したら手渡しになるという意味ですか。ちょっとよく分かりませんが、それも僕を油断させて暗殺の機会を伺う明仁、文仁、徳仁、悠仁の闇の作戦の一部だと思われます。とにかく僕と仲良くするフリをしてスキを見計らって暗殺を実行するという事でしょう。この映像も霊団からの事前情報で頭に入れておくに越した事はないのですが、そう言ってくるんだったら本当に突入させろよ、と言いたいですね。えー「僕が邸内に突入する」 wp.me/pa9cvW-1Wh でも書いていますが、明仁、文仁、徳仁、悠仁が僕を邸内に入れるというのはやっぱりどうにも信じられませんよねぇ。そう考えると「放火」の方がより現実味があるという事になってしまいますので僕としても「放火防御」に力を入れざるを得ない状況になっている訳です。とにかく強姦殺人魔、さらに放火魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を、霊団からの先行情報を駆使して何としても絶対に滅亡させねばならないのです(祈)†

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | コメントファイヤー | | 山駆けるヒカリ | 葛飾北斎の墓 | 全ブログURL | 霊関連書籍 |