シルバーバーチの霊訓 6巻

Pocket

—–

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻
※当時の僕が記述したコメントがそのまま掲載されています。とても削除し切れませんのでその部分は読み流して下さい(祈)†

シルバーバーチの霊訓 6巻

編者まえがき
1章 神への祈り
2章 心霊治療――その本当の意義
3章 自分の責任・他人の責任
4章 ジョン少年との対話
5章 老スピリチュアリストとの対話
6章 婚約者を不慮の事故で失って
7章 難しい質問に答える
8章 真理には無限の側面がある
9章 良心の声
10章 あらためて基本的真理を
11章 みんな永遠の旅の仲間
12章 苦難にこそ感謝を
解説 〝霊〟と〝幽霊〟――訳者

—–


1章 神への祈り

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【解説】いつの交霊会でもシルバーバーチは必ず祈りの言葉で開会する。延べにして数百を数える祈りの中には型にはまった同じ祈りは一つもない。しかしその中味は一貫している。次はその典型的なものの一つである。―

『シルバーバーチの祈り⑥』
神よ、いつの時代にも霊覚者たちは地上世界の彼方に存在する霊的世界を垣間見ておりました。ある者は入神(トランス)の境地において、又ある者は夢の中においてそれを捉え、あなたの無限なる荘厳さと神々しき壮麗さの幾ばくかを認識したのでした。

『シルバーバーチの祈り⑥』
不意の霊力のほとばしりによる啓示を得て彼らはこれぞ真理なり―全宇宙を支配する永遠にして不変・不動の摂理であると公言したのでした。

『シルバーバーチの祈り⑥』
今私どもは彼らと同じ仕事に携わっているところでございます。すなわちあなたについての真理を広め、子等があなたについて抱いてきた名誉棄損ともいうべき誤った認識を正す事でございます。

『シルバーバーチの祈り⑥』
これまでのあなたは神として当然の事である如く憎しみと嫉妬心と復讐心と差別心を有するものとされてきました。私どもはそれに代ってあなたのあるがままの姿―愛と叡智と慈悲をもって支配する自然法則の背後に控える無限なる知性として説いております。

『シルバーバーチの祈り⑥』
私どもは地上の人間一人一人に宿るあなたの神的属性に目を向けさせております。そしてあなたの神威が存分に発揮されるにはいかなる生き方をすべきかを説こうと努めているものでございます。

『シルバーバーチの祈り⑥』
そうする事によって子等もあなたの存在に気づき、真の自分自身に目覚め、さらにはあなたの摂理の行使者として、彼らを使用せんとして待機する愛する人々ならびに高級界の天使の存在を知る事でございましょう。

『シルバーバーチの祈り⑥』
私どもは全ての人類を愛と連帯感を絆として一体であらしめたいと望んでおります。そうする事によって協調関係をいっそう深め、利己主義と強欲と金銭欲から生まれる邪悪の全てを地上から一掃する事ができましょう。

『シルバーバーチの祈り⑥』
そして、それに代ってあなたの摂理についての知識を基盤とした地上天国を築かせたいのです。その完成の暁には人類は平和の中に生き、全ての芸術が花開き、愛念が満ちあふれ、全ての者が善意と寛容心と同情心を発揮し合う事でしょう。

『シルバーバーチの祈り⑥』
地上を醜くしている悪徳(ガン)が姿を消し、光明がすみずみまで行きわたる事でしょう。ここに、己を役立てる事をのみ願うあなたの僕インディアンの祈りを捧げます。

↑トップへ↑

—–


3章 自分の責任・他人の責任

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【背後霊や友人の霊に援助を要求するのはどの程度まで許されるのでしょうか―】生身の人間である霊媒との接触によって仕事をしている私どもは、地上生活における必要性、習慣、欲求といったものを熟知していなければなりません。物的必要性について無頓着ではいられません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
現実に地上に生きている人間を扱っているからです。結局のところ霊も肉体も神の僕です。霊の宿である肉体には一定の必需品があり、一定の手入れが必要であり、宇宙という機構の中での役割を果たすための一定の義務というものがあります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
肉体には太陽光線が必要であり空気が必要であり着るものと食べるものが要ります。それを得るためには地上世界の通貨であるお金が必要です。その事はよく承知しております。しかし次の事も承知しております。―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―(シルバーバーチは口癖のように“奉仕は霊のコインである”と言っている。それになぞらえている―訳者)霊も肉体も神の僕と申上げましたが、両者について言えば霊が主人であり肉体はその主人に仕える僕です。それを逆に考える事は大きな間違いです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなた方は本質的に霊なのです。それが人間が潜在的に神性を宿していると言われるゆえんです。つまり宇宙の大霊をミニチュアの形で宿している事になります。宇宙という大生命体を機能させている偉大な創造原理があなた方一人一人にも宿っているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
意識をもった存在としての生を享けたという事が、神的属性の全てが内部に宿っている事を意味します。全生命を創造し、宇宙のありとあらゆる活動を維持せしめている力があなた方にも宿っており、その無尽蔵の貯蔵庫から必要なものを引き出す事ができるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そのためには平静さが必要です。いかなる事態にあっても心を常に平静に保てるようになれば、その無尽蔵のエネルギーが湧き出てきます。それは霊的なものですから、あなたが直面するいかなる困難、いかなる問題をも克服する事ができます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それに加えて背後霊の愛と導きがあります。困難が生じた時は平静な受身の心になるよう努力なさる事です。そうすればあなた自身の貯蔵庫から―まだ十分には開発されていなくても―必要な回答が湧き出てきます。きっと得られます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
我々はみな進化の過程にある存在である以上、その時のあなたの発達程度いかんによっては十分なものが得られない事があります。がその場合もまた慌てずに援助を待つ事です。今度は背後霊が何とかしてくれます。

霊関連の書籍をさらに追加購入して通読。読むほどに地上にて霊能を発揮して偉業を達成する方々はまさに「選ばれた人々」であり、それに比べ僕は何の使命も帯びずに個人的な進歩向上目的で降りてきた幼稚な少年だったと改めて痛感するのです。僕はよほど稀有なパターンだったのではないかと(考)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
求めるものが正しいか間違っているかは単なる人間的用語の問題にすぎません。私たちから見て大切なのは“動機”です。いかなる要求をするにせよ、いかなる祈りをするにせよ、私たちが第一に考慮するのはその動機なのです。動機さえ真摯であれば、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―つまりその要求が人のために役立つ事であり、理想に燃え自分への利益を忘れた無私の行為であれば決して無視される事はありません。それは即ちその人がそれまでに成就した霊格の表れですから祈るという行為そのものがその祈りへの回答を生出す原理を作用させております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【ここでメンバーの一人が、学識もあり誠実そのものの人が取越苦労をしている事を述べると―】あなたは純粋に地上的な学識と霊的知識とを混同しておられるのではないでしょうか。霊的実在についての知識の持ち主であれば何の心配の必要もない事を悟らねばなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
人間としての義務を誠実に果たして、しかも何の取越苦労もしないで生きて行く事は可能です。義務に無頓着であってもよろしいと言っているのではありません。かりそめにも私にはそんな教えは説きません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
むしろ私は、霊的真理を知るほど人間としての責務を意識するようになる事を強調しております。しかし心配する必要などどこにもありません。霊的成長を伴わない知的発達も有得ます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【あからさまに言えば取越苦労性の人は霊的に未熟という事でしょうか―】その通りです。真理を悟った人間は決して取越苦労はしません。なぜなら人生には神の計画が行きわたっている事を知っているからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
真面目で正直で慈悲真に富み、とても無欲の人でありながら人生の意義と目的を悟るほどの霊的資質を身につけていない人がいます。無用の心配をするという事その事が霊的成長の欠如の示標といえます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
たとえ僅かでも心配の念を抱くという事は、まだ魂が本当の確信をもつに至っていない事を意味するからです。もし確信があれば心配の念は出てこないでしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
偉大なる魂は泰然自若の態度で人生に臨みます。確信があるからです。その確信は何ものによっても動揺する事はありません。この事だけは絶対に譲歩する訳にはいきません。なぜならそれが私たちの霊訓の土台であらねばならないからです。

シルバーバーチ霊だけでなく“ホワイトイーグル霊”も地上に珠玉の霊的知識をもたらしてくれています☆【ホワイト・イーグル霊言集】【霊性進化の道 ホワイト・イーグルの霊示】【天使と妖精 ホワイト・イーグルの霊示】の3冊です。僕たちが地上生活中に知るべき大切な知識の宝庫なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【例えば五十人の部下がいて、その部下達が良からぬ事をしたとします。その場合は気苦労の種になってもやむを得ないように思いますが―】責任は個々において背負うというのが摂理です。摂理のもとにおいては、あなたは他人の行為に責任を負う事はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【文明社会においては責任を負わざるを得ない事があるでしょう?―】文明は必ずしも摂理に適ったものではありません。摂理は完全です。機能を中止する事はありません。適確さを欠く事もありません。間違いを犯す事もありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたには自分のする事、自分の言う事、自分の考える事に責任があります。あなたの成長の示標が魂に刻まれているからです。従って他人の魂のする事に責任を負う事はできません。それが摂理です。もしそうでなかったら公正が神の絶対性を欠く事になります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【もし私がある人をそそのかし、その人が意志が弱くてそれを実行した場合、それでも私には責任はないでしょうか―】その場合はあります。他人をそそのかして悪い事をさせた責任があります。それはあなたの責任です。一連の連鎖反応を起こさせた事になります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
何事も動機が第一に考慮されます。私は決して自分以外の事に無頓着になれと言っているのではありません。魂がある段階の偉大さを身につければ自分の責任を自覚するようになり、やってしまった事はやってしまった事―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―自分が責を負うしかないと深く認めるようになるものなのです。いったんその段階まで到達すれば、何事につけ自分にできる範囲で最善を尽し、これでよいという確信をもつようになります。

世界心霊宝典、全5巻【霊訓】【不滅への道(永遠の大道)】【スピリチュアリズムの真髄】【ジャック・ウェバーの霊現象】【人間個性を超えて(個人的存在の彼方)】これらも超オススメです☆が悲しいかな、絶版が多いです(涙)でも僕は古書で全巻揃え全部読みました☆人類の宝なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【自分で理解している限りの摂理に従っておればの事ですか―】いいえ(摂理をどう理解しているかに関係なく)原因と結果の法則は容赦なく展開していきます。その因果関係に干渉できる人はいません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その絶対的法則と相いれない事が起きるかのように説く教説、教理、教訓は間違っております。原因と結果の間にはいかなる調停も許されません。あなた自身の責任を他人の方に背負わせる手段はありませんし、他人の責任があなたの方に背負わされる事も有得ません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
各自が各自の人生の重荷を背負わねばなりません。そうあってはじめて正直であり、道徳的であり、倫理的であり、公正であると言えます。それ以外の説は全て卑劣であり、臆病であり、非道徳的であり、不公平です。摂理は完璧なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【広い意味で人間は他の全ての人に対して責任があるのではないでしょうか。世の中を住み良くしようとするのはみんなの責任だからです―】おっしゃる通りです。その意味においてはみんなに責任があります。同胞としてお互いがお互いの番人(創世記4・9)であると言えます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
なぜなら人類全体は“霊の糸”によって繋がっておりそれが一つに結び付けているからです。しかし責任とは本来、自分が得た知識の指し示すところに従って人のために援助し、自分を役立て、協力し合うという事です。しかるに知識は一人一人異なります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
従って他人が他人の知識に基づいて行った事に自分は責任はない事になります。しかしこの世は自分一人ではありません。お互いが持ちつ持たれつの生活を営んでおります。全ての生命が混り合い、融合し合い、調和し合っております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その全てが一つの宇宙の中で生きている以上、お互いに影響を与え合っております。だからこそ知識に大きな責任が伴うのです。知っていながら罪を犯す人は知らずに犯す人より重い責任を取らされます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その行為がいけない事である事を“知っている”という事が罪を増幅するのです。霊的向上の道は容易ではありません。知識の受容力が増した事は、それだけ大きい責任を負う能力を身につけた事であらねばならないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
幸と不幸、これはともに神の僕です。一方を得ずして他方を得る事はできません。高く登れば登るほど、それだけ低くまで落ちる事もあるという事であり、低く落ちれば落ちるほど、それだけ高く登る可能性がある事を意味します。それは当然の事でしょう。

シルバーバーチの霊訓、全12巻の他に【古代霊は語る シルバーバーチ霊訓より】【シルバーバーチのスピリチュアルな法則】【シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ】【シルバーバーチの新たなる啓示】【シルバーバーチ 最後の啓示】【シルバーバーチ 今日のことば】等もあります(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【その日の交霊会には二人の息子を大戦で失った実業化夫婦が招待されていた。その二人にシルバーバーチは次のような慰めの言葉を述べた―】霊の力に導かれた生活を送り、今こうして磁気的な通路(霊媒)によって私どもの世界とのつながりをもち、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―自分は常に愛によって包まれているのだという確信をもって人生を歩む事の出来る方をお招きする事は私どもにとって大いに喜ばしい事です。お二人は神の恵みをふんだんに受けておられます。悲しみの中から叡智を見出されました。眠りの後に大いなる覚醒を得られました。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
犠牲の炎によって鍛えられ清められて今お二人の魂が本当の自我に目覚めておられます。お二人は悲痛の淵まで下りられました。魂が謀反さえ起こしかねない酷しい現実の中で人間として最大の悲しみと苦しみを味わわれました。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
しかしその悲痛の淵まで下りられたからこそ喜びの絶頂まで登る事もできるのです。“ゲッセマネの園”と“変容の丘”は魂の体験という一本の棒の両端です。一方がなければ他方も有得ません。苦難に耐える力は深遠な霊的真理を理解する力と同じものです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
悲しみと喜び、闇と光、嵐と好天、こうしたものは全て神の僕であり、その一つ一つが存在価値をもっているのです。魂が真の自我に目覚めるのは、存在の根源が束の間の存在である“物的なもの”にあるのではなく永遠に不変の“霊的なもの”にあると悟った時です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
地上的財産にしがみつき霊的な宝をないがしろにする者は、いずれこの世的財産は色褪せ錆びつくものである事を思い知らされます。霊的成長による喜びこそ永遠に持続するものです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
今こそあなた方はお二人は真の自我に目覚められ、霊界の愛する人々とのつながりがいっそう緊密になっていく道にしっかりと足を踏まえられました。

【イエスの少年時代 貧窮の中の小さな王者】【イエスの成年時代 神と人間のはざまで】【イエスの弟子達 パウロ回心の前後】この3冊はぜひ皆さんにも手にとって頂きたいです。こんな僕に何度も何度も顕現して下さっているイエス様の壮絶な地上時代が通信霊によって克明に記述されているのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ご子息が二人とも生気はつらつとして常にあなた方のお側にいる事を私から改めて断言いたします。昼も夜も一時としてお側を離れる事はありません。自ら番兵のつもりでお二人を守り害が及ばないように見張っておられます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
といってお二人のこれからの人生に何の困難も生じないという意味ではありません。そういう事は有得ない事です。なぜなら人生とは絶え間ない闘争であり障害の一つ一つを克服していく中に個性が伸び魂が進化するものだからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
いかなる困難、苦難、難問もあなた方を包んでいる愛の力によって駆逐できないものはありません。それはみな影でありそれ以上のものでもそれ以下のものでもありません。訪れては去っていく影にすぎません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
悲劇と悲しみをもたらしたのは全て、あなたのもとを通り過ぎていきました。前途に横たわっているのは豊かな霊的冒険です。あなた方の魂を豊かにし、今学びつつある永遠の実在に一段と近づけてくれるところの、驚異に満ちた精神的探検です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
お二人がこれまで手を取り合って生きて来られたのも一つの計画、悲しみが訪れてはじめて作動する計画を成就するためです。そうした営みの中でお二人は悲しみというものが仮面をかぶった霊的喜悦の使者である事を悟るという計画があったのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
悲しみは仮面です。本当の中身は喜びです。仮面を外せば喜びが姿を見せます。どうかお二人の生活を美しさと知識、魂の豊かさで満たしてください。魂を本来の豊かさの存在する高所まで舞い上がらせてください。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そこにおいて本来の温もりと美しさと光沢を発揮される事でしょう。魂が本来の自我を見出した時は、神の御心と一体である事をしみじみと味わい不動の確信に満たされるものです。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私たちの述べる事の中にもしあなた方の理性に反する事、叡智と相入れないように思える事があれば、どうか受取る事を拒否なさって下さい。良心の命令に背いてはいけません。自由意志を放棄なさってはいけません。私どもは何一つ“押付ける”つもりはありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
強要するものは何一つありません。私たちが求めるものは協調です。ご自分で判断されて、こうする事が正しくかつ当然であるという認識のもとに“そちらから”手を差しのべて協力してくださる事を望みます。理性をお使いになったからといって少しも不快には思いません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私どもの述べた事に疑問をもたれたからといって、いささかも不愉快には思いません。その挙句に魂の属性である知性と理性とがどうしても納得しないという事であれば、それは私たちはあなた方の指導霊としては不適格であるという事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私たちは決して盲目の信仰、無言の服従は強要いたしません。それが神が自分に要求しておられる事である事を得心するが故に、必要とあらば喜んで身を捧げる用意のある、そういう協力者であってくれる事を望みます。それを理想とする限り私たちの仕事に挫折はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ともに神の使いとして手に手を取り合って進み、神の御心を日頃の生活の中で体現し、我々の援助を必要とする人、それを受入れる用意のある人に手を差しのべる事ができるのです。【そしてその日の交霊会を次の言葉でしめくくった―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
始まりも終りもない力、無限にして永遠なる力に見守られながら本日もまた開会した時と同じ気持で閉会いたしましょう。神の御力の尊厳へ敬意を表して深く頭を垂れましょう。その恵みをお受けするために一時の間を置きましょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その霊光をわが身に吸い込み、その光輝でわが身を満たし、その御力でわが身を包みましょう。無限の叡智で私たちを導き、自発的な奉仕の精神の絆の中で私たちを結びつけようとなさる神の愛を自覚いたしましょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
かくして私たちは意義ある生活を送り、一段と神に近づき、その無限なる愛の衣が私たちを、時々刻々、温かく包んでくださっている事を自覚なさる事でしょう。

↑トップへ↑

—–


5章 老スピリチュアリストとの対話

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【英国のみならず広く海外でも活躍している古くからのスピリチュアリスト(※)が招待されシルバーバーチは「霊的知識に早くから馴染まれ、その道を一途に歩まれ、今や多くの啓示を授かる段階まで到達された人」として丁重にお迎えした(※名前は紹介されていない)―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【―(推測する手掛りも見当らない。霊言集にはこのように名前を明かしてもよさそうなのに、と思えるケースがよくあるが、多分、公表は控えて欲しいとの本人の要望があるのであろう。これもシルバーバーチの影響かも知れない―訳者)】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
思えば長い道のりでした。人生の節目が画期的な出来事によって織成されております。しかしそれも全て一つの大きな計画のもとに愛によって導かれている事をあなたはご存知です。暗い影のように思えた出来事も今から思えば計画の推進に不可欠の要素であった事が分ります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたがご自分の責務を果たす事ができたのはあなた自身の霊の感じる衝動に暗黙のうちに従っておられたからです。これより先、その肉体を大地へお返しになられるまでにあなたに課せられた仕事は、とても意義深いものです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
これまで一つ一つの段階を追って多くの啓示に接してこられましたが、これから先さらに多くの啓示をお受けになられます。これまではその幾つかをおぼろげに垣間見てこられたのであり、光明の全て、啓示の全てが授けられた訳ではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それを手にされるにはゆっくりとした発達と霊的進化が必要です。私の言わんとするところがお分りでしょうか。【よく分ります―】これは一体どういう目的があっての事なのか―あなたはよくそう自問してこられましたね。【目的がある事は感じ取れるのです―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【―目的がある事自体を疑った事はありません。ただ自分の歩んでいる道の本の先だけでいいから、それを照らし出してくれる光が欲しいのです―】あなたは“大人の霊”です。地上へ来られたのはこの度が最初ではありません。それは分っておられますか。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【その事についてはある種の自覚をもっております。ただ今ここで触れるつもりはありませんが、それとは別の考えがあって、いつもそれとの葛藤が生じます―】私にはその葛藤がよく理解できます。別に難しい問題ではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その肉体を通して働いている意識と、あなた本来の自我であるより大きな側面の意識との間の葛藤です。有象無象のこの世的雑念から離れて霊の力に満たされると、魂が本来の意識を取戻して日常の生活において五感の水際に打寄せてしきりに存在を認めて欲しがっていた、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―より大きな自我との接触が得られます。先程おっしゃった目的の事ですが実は霊の世界から地上へ引返し地上人類のために献身している霊の大軍を鼓舞し動かしている壮大な目的があるのです。無知の海に知識を投入する事、それが目的です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
暗闇に迷う魂のために灯火を掲げ、道を見失える人々、悩める人々、安らぎを求める人々に安息の港、聖なる逃避所の存在を教えてあげる事です。私たちを一つに団結させている大いなる目的です。宗教、民族、国家、その他ありとあらゆる相違を超越した大目的なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その目的の中にあってあなたもあなたなりの役目を担っておられます。そしてこれまで多くの魂の力になってこられました。【ご説明頂いて得心がいきました。お礼申上げます―】私たちがいつも直面させられる問題が二つあります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
一つは惰眠をむさぼっている魂に目を覚まさせ、地上で為すべき仕事は地上で済ませるように指導する事。もう一つは目覚めてくれたのは良いとして、まずは自分自身の修養を始めなければならないのに、それを忘れて心霊的な活動に夢中になる人間を抑える事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
神は決してお急ぎになりません。宇宙は決して消滅してしまう事はありません。法則も決して変る事はありません。じっくりと構え、これまでに啓示された事は、これからも啓示されていく事があるとの証明として受止め、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―自分を導いてくれている愛の力は自分が精一杯の努力を怠りさえしなければ決して自分を見捨てる事はないとの信念に燃えなくてはいけません。【実はこの老スピリチュアリストは今回の交霊会に備えて三つの質問を用意していた。その問答を紹介しておく―】

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【私の信じるところによれば人間は宇宙の創造主である全能の神の最高傑作であり、形態ならびに器官の組織において大宇宙のミクロ的表現であり、各個が完全な組織を具え特殊な変異は生まれません―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【―しかし一体その各個の明確な個性、顔つきの違い、表情の違い、性向の違い、その他、知性、身振り、声、態度、、才能の差異も含めた一人一人の一見して区別できる個性を決定づける要因は何なのでしょうか―】これは大変な問題ですね。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
まず物質と霊、物質と精神とを混同なさらないでください。人間は宇宙の自然法則に従って生きている三位一体の存在です。肉体は物的法則に従い、精神は精神的法則に従い、霊は霊的法則に従っており、この三者が互いに協調し合っております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
かくして法則の内側に法則がある事になり、時には見た目に矛盾しているかに思えても、その謎を解くカギさえ手にすれば本質的には何の矛盾もない事が分ります。法則の裏側に法則があると同時に一個の人間の様々な側面が交錯し融合し合って、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―常に精神的・霊的・物的の三種のエネルギーの相互作用が営まれております。そこには三者の明確な区別はなくなっております。肉体は遺伝的な生理的法則に従っておりますし、精神は霊の表現ですが肉体と脳と五感によって規制されております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
つまり霊の物質界での表現は、それを表現する物質によって制約を受けるという事です。かくしてそこに無数の変化と組合せが生じます。霊は肉体に影響を及ぼし、肉体もまた霊に影響を及ぼすからです。これでお分り頂けるでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【だいぶ分ってきました。これからの勉強に大いに役立つ事と思います。では次の質問に移らせて頂きます。人間はその始源、全生命の根源から生まれてくるのですが、その根元からどういう過程を経てこの最低次元の物質界へ下降し、―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【―物的身体から分離した後(死後)今度はどういう段階を経て向上し最後に“無限なる存在”と再融合するのか、そのへんのところをお教え頂けませんか―】これもまた大きな問題ですね。でもこれは説明が困難です。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊的生命の究極の問題を物的問題の理解のための言語で説明する事はとてもできません。霊的生命の無辺性を完全に説き明かせる言語は存在しません。ただ単に、人間は霊である、ただし大霊は人間ではない、という表現しかできません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
大霊とは全存在の究極の始源です。万物の大原因であり、大建築家であり、王の中の王です。霊とは生命であり、生命とは霊です。霊として人間は始めも終りもなく存在しています。それが個体としての存在を得るのは、地上に限って言えば母胎に宿った時です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
物的身体は霊に固体としての存在を与えるための道具であり、地上生活の目的はその個性を発現させる事にあります。霊の世界への誕生である死は、その個性をもつ霊が巡礼の旅の第二段階を迎えるための門出です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
つまり霊の内部に宿る全資質を発達、促進、開発させ、完成させ、全存在の始源により一層近づくという事です。人間は霊である以上、潜在的には神と同じく完全です。しかし私は人間は神の生命の中に吸収されてしまうという意味での再融合の時期が到来するとは考えません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
神が無限である如く(生命の旅も)発達と完全へ向けての無限の過程であると主張する者です。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【よく分ります。お礼申上げます。次に三つ目の質問ですが―今おっしゃられた事がある程度まで説明してくださっておりますが―人間は個霊として機械的に無限に再生を繰返す宿命にあると説く輪廻転生論者がいますが、これは事実でしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【―もしそうでないとすれば最低界である地上へ降りてくるまでに体験した地上以外での複数の前生で蓄積した個性や特質が、今度は死後、向上して行く過程を促進もし停滞もさせるという事になるのでしょうか。私の言わんとしている事がお分り頂けますでしょうか―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こうした存在の深奥に触れた問題を僅かな言葉でお答するのは容易な事ではありませんが、まず正直に申して、その輪廻転生論者がどういう事を主張しているのか私は知りません。が私個人として言わせて頂けば―絶対性を主張する資格は無いからこういう言い方をするのですが―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
再生というものが事実である事は私も認めます。それに反論する人たちと議論するつもりはありません。理屈でなく私は現実に再生してきた人物を大勢知っているのです。どうしてもそうしなければならない目的があって生れ変るのです。預けた質を取戻しに行くのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ただし再生するのは同じ個体の別の側面です。同じ人物とは申しておりません。一個の人間は氷山のようなものだと思ってください。海面上に顔を出しているのは全体のほんの一部です。大部分は海中にあります。地上で意識的生活を送っているのはその海面上の部分だけです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
死後再び生まれてきた時は別の部分が海面上に顔を出します。潜在的自我の別の側面です。二人の人物となりますが、実際は一つの個体の二つの側面という事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊界で向上進化を続けると、潜在的自我が常時発揮されるようになっていきます。再生問題を物質の目で理解しようとしたり判断しようとなさってはいけません。霊的知識の理解から生まれる叡智の目で洞察してください。そうすれば得心がいきます。

↑トップへ↑

—–


6章 婚約者を不慮の事故で失って

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【映画女優のマール・オベロンには婚約者がいた。そのフィアンセを空港で見送った数秒後にオベロンの人生に悲劇が訪れた。フィアンセを乗せた飛行機が爆発炎上したのである。事故の知らせを聞いて当然の事ながらオベロンは茫然自失の状態に陥った―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【その後間もなく、ふとしたきっかけでハンネン・スワッハーの「私にとって最大の物語」という本を手に入れ、その中に引用されているシルバーバーチの霊言を読んで心を動かされた。たった一節の霊訓に不思議な感動を覚えたのである―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【オベロンは早速スワッハーを尋ねて出来ればしるばーばーちとかいう霊のお話を直接聞きたいのですがとお願いした。その要請をスワッハーから聞いたシルバーバーチは快く承諾した。そして事故からまだ幾日も経たないうちに交霊会に出席するチャンスを得た―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【その後さらに幾人かの霊媒も尋ねてフィアンセの存続を確信したオベロンは、その霊的知識のおかげで悲しみのドン底から抜け出る事ができた。ではそのシルバーバーチの交霊会に出席した時の様子を紹介しよう―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【当日スワッハーが交霊会の部屋(バーバネルの書斎)へオベロンを案内しシルバーバーチにこう紹介した。「ご承知と思いますが、この方は大変な悲劇を体験なさったばかりです。非凡な忍耐力をもって耐えていらっしゃいますが本日はあなたのご指導を仰ぎに来られました」―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【するとシルバーバーチがオベロンに向ってこう語りかけた―】あなたは本当に勇気のある方ですね。でも勇気だけではだめです。知識が力になってくれる事があります。ぜひ理解して頂きたいのは大切な知識、偉大な悟りというものは―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―悲しみと苦しみという魂の試練を通して初めて得られるものだという事です。人生というものはこの世だけでなく、あなた方があの世と呼んでおられる世界においても一側面のみ、一色のみでは成立たないという事です。光と影の両面が無ければなりません。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
光の存在を知るのは闇があるからです。暗闇がなければ光もありません。光ばかりでは光でなくなり、闇ばかりでは闇でなくなります。同じように困難と悲しみを通してはじめて魂は自我を見出していくのです。もちろんそれは容易な事ではありません。とても辛い事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
でもそれが霊としての永遠の身支度をする事になるのです。なぜなら地上生活のそもそもの目的が地上を去った後に待受ける次の段階の生活に備えて、それに必要な霊的成長と才能を身につける事にあるからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたがこれまでに辿られた道も決して楽な道ではありませんでした。山もあり谷もありました。そして結婚という最高の幸せを目前にしながら、それが無慈悲にも一気に押流されてしまいました。あなたは何事も得心がいくまでは承知しない方です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
生命と愛は果たして死後にも続くものなのか、それとも死をもって全てが終りとなるか、それを一点の疑問の余地もないまで得心しないと気が済まないでしょう。そして今あなたは死が全ての終りでない事を証明するに十分なものを手にされました。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ですが私の見るところでは、あなたはまだ本当の得心を与えてくれる事実の全てを手にしたとは思っていらっしゃらない。そうでしょ?【オベロン「おっしゃる通りです」】こういう風に理解なさる事です―これが私にできる最大のアドバイスです―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―我々生ある者全ては、まず第一に霊的存在であるという事です。霊であるからこそ生きているのです。霊こそ存在の根源なのです。生きとし生ける者が呼吸し、動き、意識を働かせるのは霊だからこそです。その霊があなた方のいう神であり、私のいう大霊なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その霊の一部、つまり神の一部が物質に宿り、次の段階の生活に相応しい力を身につけるために体験を積みます。それはちょうど子供が学校へ行って卒業後の人生に備えるのと同じです。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
さてあなたも他の全ての人と同じく一個の霊的存在です。物的なものはそのうち色褪せ朽果てますが、霊的なものは永遠であり、いつまでも残り続けます。物質の上に築かれたものは永続きしません。物質は殻であり入れ物に過ぎず実質ではないからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
地上の人間の大半が幻を崇拝しています。キツネ火を追いかけているようなものです。真実を発見できずにいます。こうでもない、ああでもないの連続です。本来の自分を見出せずにいます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
神が愛と慈悲の心から拵えた宇宙の目的、計画、機構の中の一時的な存在として人生を捉え、自分がその中で不可欠の一部であるとの理解がいけば、例え身に降りかかる体験の意義は分らなくても究極において全てが永遠の機構の中に組込まれているのだという確信は得られます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊に関わるものは決して失われません。死は消滅ではありません。霊が別の世界へ解き放たれるための手段に過ぎません。誕生が“地上生活へ入る”ための手段であれば、死は“地上生活から出る”ための手段です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたはその肉体ではありません。その頭でも目でも鼻でも手足でも筋肉でもありません。あなたという別個の霊的存在があなたを地上で表現していくための手段に過ぎません。それが地上から消滅したあとも、あなたという霊は存在し続けます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
死が訪れると霊はそれまでに身につけたもの全て―あなたを他と異なる存在たらしめているところの個性的所有物の全てを携えて霊界へ行きます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
意識、能力、特質、習性、性癖、さらには愛する力、愛情と友情と同胞精神を発揮する力、こうしたものは全て霊的属性であり霊的であるからこそ存続するのです。真にあなたのものは失われません。真にあなたの属性となっているものは失われません。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その事をあなたが理解できるできないに関わらず、そしてまた確かにその真相の全てを理解する事は容易ではありませんが、“あなたが”愛する人、そして“あなたを”愛する人は今なお生き続けています。得心がいかれましたか?【オベロン「はい」】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
物的なものは全てお忘れになる事です。実在ではないからです。実在は物的なものの中には存在しないのです。【オベロン「私のフィアンセは今ここへ来ておりますでしょうか」】来ておられます。先週も来られて霊媒を通じてあなたに話しかけようとなさったのですが、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―これはそう簡単にいくものではないのです。ちゃんと話せるようになるには大変な訓練がいるのです。でも諦めずに続けて出席なさっておれば、そのうち話せるようになるでしょう。ご想像がつくと思いますが彼は今のところ非常に感情的になっておられます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
まさかと思った最期でしたから感情的になるなという方が無理です。とても無理な話です【オベロン「今どうしているのでしょう。どういうところにいるのでしょう。元気なのでしょうか」(この質問にシルバーバーチは司会のスワッハーの方を向いてしみじみとした口調で)―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
この度の事故はそちらとこちらの二人の人間にとって余程のショックだったようですな。まだ今のところ霊的な調整ができておりません。あれだけの事故であれば無理もないでしょう。【と述べてから再びオベロンに向って言った―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私としては若いフィアンセがあなたの身近にいらっしゃる事をお聞かせする事が精一杯あなたの力になってあげる事です。彼は今のところ何もなさっておりません。ただお側に立っておられるだけです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
これから交信の要領を勉強しなくてはなりません。霊媒を通じてだけではありません。普段の生活において考えや欲求や望みをあなたに伝える事もそうです。それは大変な技術を要する事です。それがマスターできるまでずっとお側から離れないでしょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたの方でも心を平静に保つ努力をしなくてはいけません。それができるようになれば彼があなたに与えたいと望み、そしてあなたが彼から得たいと望まれる援助や指導が確かに届いている事を得心なさるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
良く知っておいて頂きたいのは、そうした交信を伝えるバイブレーションは極めて微妙なもので、感情によってすぐに乱されるという事です。不安、ショック、悲しみといった念を出すと、たちまちあなたの周囲に重々しい雰囲気、交信の妨げとなる壁を拵えます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
心の静寂を得る事ができれば、平静な雰囲気を発散する事ができるようになれば、内的な安らぎを得る事ができれば、それが私たちの世界から必要なものをお授けする最高の条件を用意する事になります。感情が錯乱している状態では私たちも何の手出しもできません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
受容性、受身の姿勢、これが私たちがあなたに近づくための必須の条件です。【この後フィアンセについて幾つかプライベートな質疑がなされた後、シルバーバーチはこう述べた―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたにとって理解しがたい事は多分、あなたのフィアンセが今はこちらの世界へ来られ、あなたはそちらの世界にいるのに精神的には私よりもあなたの方が身近な存在だという事でしょう。理解できるでしょうか。彼にとっては霊的な事よりも地上の事の方が気掛りなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
問題は彼がその事について何も知らずにこちらへ来たという事です。一度も意識に上った事が無かったのです。でも今ではこうした形であなたが会いに来てくれる事で彼もあなたが想像なさる以上に助かっております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
大半の人間が死を最期と考え、こちらへ来ても記憶の幻影の中でのみ暮して実在を知りません。その点あなたのフィアンセはこうして最愛のあなたに近づくチャンスを与えられ、あなたも周りに悲しみの情の壁を拵えずに済んでおられる。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その事を彼はとても感謝しておられますよ。【オベロン「死ぬ時は苦しがったでしょうか」】いえ何も感じておられません。不意の出来事だったからです。事故の事はお聞きになられたのでしょう?【オベロン「はい」】あっという間の出来事でした。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【スワッハー「その事はこの方も聞かされております」】そうでしょう。本当にあっという間の事でしたそれだけに永い休養期間が必要なのです。【オベロン「どれくらい掛るのでしょう?」】そういうご質問はお答えするのがとても難しいのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
と申しますのは私たちの世界では地上のように時間で計るという事をしないのです。でもどのみち普通一般の死に方をした人よりは永く掛ります。急激な死に方をした人はみなショックを伴います。いつまでも続く訳ではありませんがショックはショックです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
元々霊は肉体からそういう離れ方をすべきものではないからです。そこで調整が必要となります。【ここでさらにプライベートな質問があった後―オベロン「彼は今幸せと言えるでしょうか。大丈夫でしょうか」】幸せとは言えません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
彼にとって霊界は精神的に居心地が良くないからです。地上に戻ってあなたと一緒になりたい気持の方が強いのです。それだけにあなたの精神的援助が必要ですし自身の方でも自覚が必要です。これは過渡的な状態であり彼の場合は大丈夫です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊的に危害が及ぶ心配がありませんし、そのうち調整がなされるでしょう。宇宙を創造した大霊は愛に満ちた存在です。私たち一人一人を創造して下さったその愛の力を信頼し全ての事は“なるべくしてそうなっている”のだという事を知らなくてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
今は理解できない事も、そのうち明らかになる機会が訪れます。決して口先で適当な事を言っているのではありません。現実にそうだからそう申上げているのです。あなたはまだ人生を物質の目でご覧になっていますが永遠なるものは地上の尺度では正しい価値は分りません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そのうち正しい視野をお持ちになられるでしょうが、本当に大事なもの―生命、愛、本当の自分、こうしたものはいつまでも存在し続けます。死は生命に対しても愛に対しても全く無力なのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
訳者注―本章は不慮の事故死をテーマとしているが普通一般の死後の問題についてもいろいろと示唆を与えるものを含んでいる。その全てをここで述べる余裕はないが一つだけ後半のところで“霊的に危害が及ぶ心配がありませんし”と述べている点について注釈しておきたい。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
これは裏返して言えば霊的に危害が及ぶケースがあるという事であり、ではその危害とはどんなものかという事になる。これを『ベールの彼方の生活』第四巻の中の実例によって紹介しておく。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
通信霊のアーネルが霊界での仕事に携わっていた時(霊界通信を送るようになる前)あるインスピレーション的衝動に駆られて地上へ来てみると、一人の若い女性が病床で今まさに肉体から離れようとしていた。ふと脇へ目をやると、そこに人相の悪い男の霊が待ち構えている。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
アーネルにはその男がこの女性の生涯をダメにした(多分麻薬か売春の道に誘い込んだ)因縁霊であると直感し、霊界でも自分たちの仲間に引きずり込もうと企んでいる事を見て取った。そこが奪い合いとなったが幸いアーネルが勝ってその身柄を引取る事ができ、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―その後順調に更生して今では明るい世界へ向上しているという。そのインスピレーションを送ったのは守護霊で、波長が高すぎてかえって地上の事には無力なために、地上的波長への切替えに慣れているアーネルに依頼したのだった。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
この実例でお分りのように、いかなる死に方にせよ死後無事霊界の生活に“正しく順応していく”事は必ずしも容易ではないのである。そこには本人自身の迷いがあり、それに付け込んで様々な誘惑があり、また強情を張ったり見栄を捨てきれなかったりして、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―いつまでも地上的名誉心や欲望の中で暮している人が実に多いのである。ではそうならないためにはどういう心掛けが大切か―これは今さら私から言うまでもなく、それを教えるのがそもそもシルバーバーチ霊団が地上へ降りてきた目的なのである。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
具体的な事はこうして霊言集をお読み頂いている方には改めて申上げるのは控えるが、ただ私から一つだけ付け加えたい事は、あちらへ行って目覚めた時に必ず付添ってくれる指導霊の言う事に素直に従う事が何よりも大切だという事である。

↑トップへ↑

—–


10章 あらためて基本的真理を

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【シルバーバーチが霊媒を招待した時はいつも温かい歓迎の言葉で迎えるが、古くからの馴染みの霊媒であればその態度は一層顕著となる。これから紹介する女性霊媒とご主人はハンネン・スワッハー・ホームサークルの結成当初からのメンバーで、―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【最近は永らく自宅で独自の交霊会を催しておられ、今回は久しぶりの出席である。夏休みの後の最初の交霊会となったこの日もシルバーバーチによる神への祈願によって開始され、続いて全員にいつもと同じ挨拶の言葉を述べた。―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
本日もまた皆さんの集まりに参加し霊界からの私のメッセージをお届けする事が出来る事を嬉しく思います。僅かの間とはいえ、こうして私たちが好意を抱きかつ私たちに好意を寄せて下さる方々との交わりをもつ事は、私たちにとって大きな喜びの源泉です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こうした機会に自然の法則に従ってお互いが通じ合い、お互いの道において必要なものを喜びと感謝のうちに学び合いましょう。もとより私は交霊会という地上世界と霊界との磁気的接触の場のもつ希少価値はよく理解しており、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―私が主催するこの会の連絡網の一本たりとも失いたくない気持ですが、次の事は一般論としてもまた私個人にとっても真実ですので明確に述べておきます。それは私は“しつこい”説教によって説き伏せる立場にはないと考えている事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
面白味のない霊的内容の教えを長い説教調で述べる事は私の望むところではありません。そのやり方ではいかなる目的も成就されません。私が望むやり方、この交霊会で私がせめてものお役に立つ事ができるのは、ここに集われた全ての方に―例外的な人は一人もいません―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―ともすると俗世的な煩わしさの中で見失いがちな基本的真理を改めて思い起こさせてあげる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
物的生活に欠かせない必要性から問題が生じ、その解決に迫られた時、日常生活の物的必需品を手に入れる事に全エネルギーを注ぎ込まねばならない時に、本来の自分とは何か、自分は一体何者なのか、なぜ地上に生活しているのかといった事を忘れずにいる事は困難な事です。

霊界通信によると、高級界へ行くほど芸術性が増していき、その環境の美しさ、生活の素晴しさは、到底地上の言語では表現できないという。地上に存在しない音階や色彩が無数に存在する以上、それは当然であろう。―【霊は実在する、しかし】より

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そこで私のような古い先輩―すでに地上生活を体験し、俗世的な有為転変に通じ、しかもあなた方一人一人の前途に例外なく待受けている別の次元の生活にも通じている者が、その物的身体が朽果てた後にも存在し続ける霊的本性へ関心を向けさせて頂いているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それが基本だからです。あなた方は霊的な目的のためにこの地上に置かれた霊的存在なのです。そのあなた方を悩まし片時も心から離れない悩み事、大事に思えてならない困った事態も、やがては消えていく泡沫のようなものにすぎません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
といって、地上の人間としての責務を疎かにしてよろしいと言っているのではありません。その物的身体が要求するものを無視しなさいと言っているのではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
大切なのは正しい平衡感覚、正しい視点をもつ事、そして俗世的な悩みや心配事や煩わしさに呑み込まれてしまって自分が神の一部である事、ミニチュアの形ながら神の属性の全てを内蔵している事実を忘れないようにする事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その事を忘れず、その考えを日常生活に活かす事さえできれば、あなた方を悩ませている事がそれなりに意義をもち、物的、精神的、霊的に必要なものをそこから摂取していくコツを身につけ、一方に気を取られて他方を忘れるという事は無くなるはずです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こう言うと多分“あなたにとってはそれで結構でしょう。所詮あなたは霊の世界の人間です。家賃を払う必要もない、食糧の買出しに行く必要もない、衣服を買いに行かなくてもよい。そういう事に心を煩わせる事がないのですから”とおっしゃる方がいるかも知れません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
確かにおっしゃる通りです。しかし同時に私は、もしあなた方がそうした事に気を取られて霊的な事を忘れ、霊の世界への備えをするチャンスを無駄にして身につけるべきものも身につけずにこちらへ来られた時に果たしてどういう思いをなさるか、それも分っているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こんな話はもう沢山ですか?【とんでもございません。いちいちおっしゃる通りです(とその女性霊媒が答えると)―】私の言っている事が間違いでない事は私自身にも確信があります。

霊能者、霊覚者は苦しみにおいてほぼ同じ人生を辿る、シルバーバーチ霊が書籍の中で何度も言ってます。そして僕も“撃って出た”事によって例外なくそのパターンに突入した訳です。こういう苦しい状況になると知りつつ覚悟の上で撃って出たのです。そして実際大いに苦しみを味わいました(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
地上の全ての人にそれを確信させてあげれば視野が広がり、あらゆる困難に打ち克つだけの力が自分の内部に存在する事を悟って取越苦労をしなくなり、価値ある住民となる事でしょうが、なかなかその辺が分って頂けないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊の宝は神の子一人一人の意識の内部に隠されているのです。しかしそうした貴重な宝の存在に気づく人が何と少ない事でしょう。あなたはどう思われますか。(と言って今度はご主人の方へ顔を向けた)

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【全く同感です。ただその事をいつも忘れないでいる事が出来ない自分を情けなく思っています(とご主人が答えると)―】それが容易でない事は私も認めます。しかし、もし人生に理想とすべきもの、気持を駆立てるもの、魂を鼓舞するものがなかったら、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―もし目指すべき頂上が無かったら、もし自分の最善のものを注ぎ込みたくなるものが前途に無かったら、人生は全く意味が無くなります。もしそうしたものが無いとしたら、人間は土中でのたくる虫けらと大差ない事になります。【本当に良い訓えを頂きました―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そう思って頂けますか。私には、してあげたくてもしてあげられない事が沢山あるのです。皆さんの日常生活での出来事にいちいち干渉できないのです。原因と結果の法則の働きをコントロールする事は出来ないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
また、あなた方地上の人間は大切だと考え私は下らぬ事と見なしている事柄が心に重くのしかかっている事がありますが、その窮状を聞かされても私はそれに同情する訳にはいかないのです。私に出来る事は永遠不変の原理をお教えする事だけです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
物質の世界が隅々まで理解され開拓され説明し尽されても、宇宙にはいかなる人間にも完全に知り尽す事の出来ない神の自然法則が存在します。それは構想においても適用性においても無限です。

皆さん、僕たちは肉体ではありません。肉体は衣服であり僕たちの本体は霊です。死とは重い服(肉体)を脱いで軽い服(幽体・霊体)を着る事です。永続性のない、灰燼に帰す運命の肉体に向けている関心を霊的事象に向ければどれだけ有意義でしょう。大切な事にぜひぜひ目を向けて頂きたいのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
もし日常生活において決断を迫られた際に、あなた方の全てが自分が霊的存在である事、大切なのは物的な出来事ではなく―それはそれなりに存在価値はあるにしても―その裏側に秘められた霊的な意味、あなたの本性、永遠の本性にとっていかなる意味があるかという事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
物的存在物はいつかは朽果て、地球を構成するチリの中に吸収されてしまいます。という事は物的野心、欲望、富の蓄積は何の意味もないという事です。一方あなたという存在は死後も霊的存在として存続します。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたにとっての本当の富はその本性の中に蓄積されたものであり、あなたの価値はそれ以上のものでもなくそれ以下のものでもありません。この事こそ地上生活において学ぶべき教訓であり、その事を学んだ人は真の自分を見出したという意味において賢明なる人間であり。―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―自分を見出したという事は神を見出したという事になりましょう。地上世界を見ておりますと、あれやこれやと“大事な事”があって休む間もなくあくせくと走り回り、血迷い、ヤケになりながら、その一番大切な事を忘れ、怠っている人が大勢います。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私たちの説く教訓の中でもその事が一番大切ではないでしょうか。それが一たん霊の世界へ行った者が再び地上へ戻ってくる、その背後に秘められた意味ではないでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それを悟る事によって生きる喜び―神の子として当然味わうべき生き甲斐を見出してもらいたいという願いがあるのです。それはいわゆる宗教あるいは教会、教義、信条の類、これまで人類を分裂させ戦争と混沌と騒乱を生んできたものより大切です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
少しも難しい事ではありません。自分という存在の本性についての単純極まる真理なのです。なのにそれを正しく捉えている人はほんの僅かな人だけで、大方の人間はそれを知らずにおります。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【再び霊媒である奥さんが、自分の支配霊も心霊治療を行う事があると述べ、遠隔治療によって本人の知らないうちに治してあげている事もある事実を取上げて、こう尋ねた―】【そういう場合はなぜ治ったかを本人に教えてあげるべきだと思うのです―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【つまりそれを契機として自分が神の子である事を知るべきだと考えるのですが、私の考えは正しいでしょうか、それとも多くを望みすぎでしょうか―】理屈の上では正しい事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
が取りあえずあなたの治療行為が成功した事に満足し、その事を感謝し、同時にその結果としてその人の魂を目覚めさせてあげるところまで行かなかった事を残念に思うに留めておきましょう。大切なのは、まず病気を治してあげる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その上に魂まで目覚めさせてあげる事はなお一層大切な事です。が一方は成就できても他方は成就できない条件のもとでは、その一方だけでも成就して後は“時”が解決してくれるのを待ちましょう。魂にその準備が出来るまでは、それ以上のものは望めないからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
肉体は治った。続いて魂の方を、という事になるべきところですが、そこから進化という要素が絡んできます。魂がそれを受入れる段階まで進化していなければ無駄です。しかしたとえ全面的に受入れてもらえなくても何の努力もせずにいるよりは何とか努力してみる方が大切です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それは私たち全てが取るべき態度です。ともかくも手を差伸べてあげるのです。受入れてくれるかどうかは別問題として、ともかく手を差伸べてあげる事です。努力の全てが報われる事を期待してはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
病気が治り魂も目覚める、つまり治療の本来の意義が理解してもらえるのが最も望ましい事です。次にたとえ魂にまで手が届かなくても病気だけでも治してあげるという段階もあります。さらにもう一つの段階はたとえ治らなくても治療行為だけは施してあげるという場合です。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
要請された以上はそう努力しなければなりません。が、たとえ要請されなくても施すべき場合があります。受けるよりは施す方が幸いです。施した時点をもってあなたの責任は終ります。そしてその時点からそれを受けた人の責任が始まります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【人間は自分の前生を思い出して“それと”断定できるものでしょうか―】もしその人が潜在意識の奥深くまで探りを入れる事ができれば、それは可能です。ですが果たして人間でその深層まで到達できる人がいるかどうか極めて疑問です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その次元の意識は通常意識の次元からは遥かにかけ離れていますから、そこまで探りを入れるには大変な霊力が必要です。【そうした記憶は現世を生きている間は脇へ置いておかれるとおっしゃった事があるように思いますが―】

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それなりの手段を講ずる事ができるようになれば、自分の個性の全ての側面を知る事ができます。しかしあなたの現在の進化の段階においては果たして今この地上においてそれが可能かとなると極めて疑問に思えます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
つまり理屈では出来ると言えても、あなたが今までに到達された進化の段階においては、それは不可能だと思います。【神は特別な場合に備えて特殊な力を授けるという事をなさるのでしょうか(と、かつてのメソジスト派の牧師が訪ねた)―】時にはそういう事もなさいます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その人物の力量次第です。最も神が直接干渉なさるのではありません。【神学には“先行恩寵”という教義があります(苦を和らげる為に前もって神が人の心に働きかけて悔悟に導くという行為の事―訳者)―】ありますね。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
神は毛を刈取られた羊への風を和らげてあげるという信仰です(※)時にはそういう事もある事は事実です。が神といえども本人の受入れ能力以上のものを授ける事は出来ません。それは各個の魂の進化の問題です。私がそういう法則をこしらえた訳ではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
法則がそうなっている事を私が知ったという事です。皆さんもいつかは死ななくてはなりません。霊の世界へ生まれるために死ななくてはなりません。地上の人にとってはそれが悲しみの原因となる人がいますが、霊の世界の大勢の者にとってそれは祝うべき慶事なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
要は視点の違いです。私たちは永遠の霊的観点から眺め、あなた方は地上的な束の間の観点から眺めておられます。(※英国の小説家ロレンス・スターンの小説の中の一節で、弱き者への神の情けを表現する時によく引用される―訳者)

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【ここでサークルの二人のメンバーが身内や知人の死に遭遇すると無常感を禁じ得ない事を口にするとシルバーバーチはこう述べた―】霊に秘められた才覚の全てが開発されれば、そういう無常感は覚えなくなります。が、これは民族ならびに個人の進化に関わる問題です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私にはその全ての原理を明らかにする事はできません。私とて全てを知っている訳ではないからです。あなた方より少しばかり多くの事を知っているだけです。そしてその少しばかりをお教えする事で満足しております。知識の総計と較べれば微々たるものです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
が私は神の摂理が地上とは別個の世界においてどう適用されているかをこの目で見てきております。数多くの、そして様々な環境条件の元での神の摂理の働きを見ております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そして私がこれまで生きてきた“三千年”の間に知り得た限りにおいて言えば、神の摂理は知れば知るほどその完璧さに驚かされ、その摂理が完全なる愛から生まれ、完全なる愛によって管理され維持されている事を、ますます思い知らされるばかりなのです。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私も摂理のすみずみまで見届ける事はできません。まだまだ全てを理解できる段階まで進化していないからです。理解できるのはほんの僅かです。しかし私に明かされたその僅かな一部だけでも神の摂理が完全なる愛によって計画され運営されている事を得心するには十分です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私は自分にこう言い聞かせているのです―今の自分に理解できない部分もきっと同じ完全なる愛によって管理されているに相違ない。もしそうでなかったら宇宙の存在は無意味となり不合理な存在となってしまう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
もしこれまでに自分が見てきたものが完全なる愛の証であるならば、もしこれまでに自分が理解してきたものが完全なる愛の証であるならば、まだ見ていないもの、あるいはまだ理解できずにいるものも又、完全なる愛の証であるに違いない、と。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ですから、もし私の推理に何らかの間違いを見出されたならば、どうぞ遠慮なく指摘して頂いて結構です。私は喜んでそれに耳を傾けるつもりです。私だっていつどこで間違いを犯しているか分らないという反省が常にあるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
無限なる宇宙のほんの僅かな側面しか見ていないこの私に絶対的な断言がどうして出来ましょう。ましてや地上の言語を超越した側面の説明は皆目できません。こればかりは克服しようにも克服できない宿命的な障壁です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そこで私は基本的な真理から出発してまずそれを土台とし、それでは手の届かない事に関しては、それまでに手にした確実な知識に基いた信仰をお持ちなさい、と申上げるのです。基本的真理にしがみつくのです。迷いの念の侵入を許してはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
これだけは間違いないと確信するものにしがみつき、謎だらけに思えてきた時は、ムキにならずに神の安らぎと力とが宿る奥の間に引きこもる事です。そこに漂う静寂と沈黙の中にその時のあなたにとって必要なものを見出される事でしょう。常に上を見上げるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
うつ向いたり、うなだれる必要はどこにもありません。あなたの歩む道に生じる事の一つ一つがあなたという存在を構成していくタテ糸でありヨコ糸なのです。これまでにあなたの本性の中に織り込まれたものは全て神の用意された図案に従って織られている事を確信なさる事です。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
さて本日もここから去るに当って私から皆さんへの愛を置いてまいります。私はいつも私からの愛を顕現しようと努力しております。お役に立つ事ならばどんな事でも厭わない事はお分り頂けてると思います。しかし楽しく笑い冗談を言い合っている時でも、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―ここにこうして集い合った背後の目的をゆめゆめ忘れないように致しましょう。神は何を目的として我々を創造なさったのかを忘れないように致しましょう。その神との厳粛なつながりを汚すような事だけは絶対にしないように心掛けましょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こうした心掛けが神の御心に適った生き方をする者に必ず与えられる祝福、神の祝福を受けとめるに足る資格を培ってくれるからです。訳者注―本章は一見何でもない事を述べているようで、その奥に宇宙の厳粛な相を秘めた事を何の衒いもなく述べた、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
シルバーバーチ霊言集の圧巻であるように思う。特に“私は自分にこう言い聞かせているのです”で始まる後半の部分は熟読玩味に値する名言で、その中にシルバーバーチの霊格の高さ、高級霊としての証が凝縮されているように思う。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊格の高さを知る手掛りの一つは謙虚であるという事である。宇宙の途方もない大きさと己れの小ささ、神の摂理の厳粛さと愛を真に悟った者はおのずと大きな事は言えなくなるはずである。反対に少しばかりかじった者ほど大言壮語をする。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
奥深い厳粛なものに触れていないからこそ大きな口が利けるのであろう。それは今も昔も変らぬ世の常であるが、霊的な事が当然の事として受入れられるようになるこれからの世の中にあっては、人を迷わせる無責任極まる説が大手を振ってのさばる事が予想される。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そうしたものに惑わされないためにはどうすべきか。それはシルバーバーチが本章で述べている通り、基本的真理にしがみつく事である。我々人間は今この時点において既に霊である事、人生体験には何一つ無駄なものは無い事、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―ただそれだけの事を念頭において地道に生きる事である。本章を訳しながら私はシルバーバーチの霊訓の価値を改めて認識させられる思いがして嬉しかった。

↑トップへ↑

—–


11章 みんな永遠の旅の仲間

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【ある日の交霊会で開会を前にして出席者の間で“実存主義”についての議論が戦わされた事があった。(訳者注―霊媒のバーバネルが入神しシルバーバーチが憑ってくると開会となるが、霊団はその前から準備しているので、その議論の様子を全部知っている)】―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―【出現したシルバーバーチがまずこう述べた―】ただ今の議論と真理の本質に関するご意見をとても興味深く拝聴いたしました。【私たちの意見に賛成なさいますか、それとも的外れでしょうか―】いえ、ちゃんと的を射ておられます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
皆さんには道しるべとなる知識の用意があるからです。ですが皆さんも人間である以上各自に歩調というものがあります。進化とは絶え間ない成長過程です。成長は永遠に続くものであり、しかもみんなが同時に同じ段階に到達するとは限りません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
各自が自分の魂の宿命を自分で成就しなければなりません。それまでに手にした光明(悟り・理解力)と、直面する困難を媒体として、その人独自の教訓を学んでいかねばなりません。それを自分でやらねばならないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
他人からいくら知恵の援助を受ける事ができても魂の成長と開発と発達はあくまで当人が自分の力で成就しなければならない個人的問題なのです。真理は永遠不滅です。しかも無限の側面があります。なのに人間は自分が手にした一側面をもって真理の全体であると思い込みます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そこから誤りが始まります。全体などではありません。進化するにつれて理解力が増し、他の側面を受入れる用意ができるのです。生命活動とは絶え間なく広がりゆく永遠の開発過程の事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
真理の探究は無限に続きます。あなた方はそちらの地上において、私たちはこちらの世界において、真理の公道(ハイウェー)を旅する巡礼の仲間であり、他の者より少し先を歩んでいる者もいますが、究極のゴールに辿り着いた者は一人もいません。

皆さん、イエス様は地上人類に霊的知識が広がる事を切に切に願っておられます。僕というしょぼいチャンネルを介して強烈に御意志を示されておられます。どうでしょう、シルバーバーチを始めとした霊関連書籍に目を通してみませんか?僕たちはそろそろ大切な霊的真理に目覚めてもいいと思うんです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
不完全さが減少するにつれて霊的資質が増し、当然の結果としてそれまで手にする事のできなかった高度の真理を受入れる事ができるようになります。人間の全てが一様に従うべき一個のパターンというものはありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
神の顕現が無限であるからには神の真理に近づく道にもまた無限のバリエーションがある事になります。お分りでしょうか。【分ります。その道にも直接的に近づく道と迂回する道とがあるのではないでしょうか―】その通りです。直接的なものと迂回的なものとがあります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
が、それはその道を歩む本人の発達程度によって決る事です。直接的な道が歩めるようになるまでは、それが直接的な道である事が読取れません。環境は当人の魂の本性によって条件づけられています。全生命は自然法則によって規制されています。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その法則の枠を超えた条件というものは望めませんし、あなた自身その枠の外に出る事もできません。かくしていかなる体験も、これがあなたの住む地上であろうと私の住む霊界であろうと、ことごとく自然法則によって位置づけられている事になります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
偶然にそうなっているのではありません。奇跡でもありません。あなたの進化の本質的核心の一部を構成するものです。そうでないといけないでしょう。常に原因と結果の法則によって織りなされているのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【環境条件が自分の進化と無関係のものによって拵えられる事がありますか―】それは一体どういう意味でしょうか。【もしかしたら私は明日誰かの行為によって災難に遭うかも知れません―】そうかも知れません。が、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
それによって苦しい思いをするか否かはあなたの進化の程度の問題です。【でもその他人がそのような行為に出なかったら私は災難に遭わずに済みます―】あなたは永遠の霊的規範を物的尺度で測り、魂の視点からではなく肉体の視点、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―言いかえれば今物質を通して顕現している精神だけの視点から眺めておられます。【それを災難と受取るのも進化のある一定段階までの事だとおっしゃるのでしょうか―】そうです。それを災難と受取る段階を超えて進化すれば苦しい思いをしなくなります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
苦は進化と相関関係にあります。楽しみと苦しみは両極です。同じ棒の両極です。愛と憎しみも同じ力の二つの表現です愛する力が憎しみとなり得ますし、その逆もあり得ます。同じく苦しいと思わせる力が楽しいと思わせる事も出来ます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなたの体験の“質”を決定づけるのはあなたの進化の“程度”です。ある段階以上に進化すると憎しみを抱かなくなります。愛のみを抱くようになります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
苦を感じず幸せばかりを感じるようになります。難しい事ですが、しかし真実です。苦しみを何とも思わない段階まで到達すると、いかなる環境にも影響されなくなります。

故人を悼むのは断じて間違いです。故人は鈍重極まる肉体牢獄から解放され遥かに精妙な幽質の身体をまとい自由を満喫してるのです。旅立った事を祝ってあげるべきです。臭い煙の出る棒(線香)何万本に火を付けてもあなたの霊性は1ミリも向上しません。日本人の方、そろそろ大切な事を理解しましょう。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【ここで別のメンバーが「同じ環境に二人の人間を置いても一方は愛をもって反応し、他方は憎しみをもって反応します」と言うと、もう一人のメンバーが「他人のために災難に遭うという事もありませんか。たとえばイエスは他人のために災難を受けました」と言う】―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―【するとシルバーバーチが質問の意味が分らないと述べるので改めてこう質問した―あなたは先程他人の行為によって自分が災難に遭う事も有得る事を認められましたが他人の苦しみを知る事によって自分が苦しむと言う意味での苦しみもあるのではないでしょうか】―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―【それは無視してもよいのでしょうか。そしてそれは良い事なのでしょうか―】少しずつ深みに入ってきましたね。でも思い切って足を踏み入れてみましょう。円熟した魂とは人生の有為転変の全てを体験しつくした魂の事です。苦しみの淵を味わずに魂の修練は得られません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
底まで下りずして頂上へは上がれません。それ以外に霊的修練の道はないのです。あなた自ら苦しみ、あなた自ら艱難辛苦を味わい、人生の暗黒面に属する事の全てに通じてはじめて進化が得られるのです。進化とは低いものから高いものへの成長過程に他ならないからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
さて苦しみとは一体何でしょうか。苦しみとは自分自身または他人が受けた打撃または邪悪な事が原因で精神または魂が苦痛を覚えた時の状態です。が、もしその人が宇宙の摂理に通じ、その摂理には神の絶対的公正が宿っている事を理解していれば少しも苦しみは覚えません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
なぜなら各人が置かれる環境はその時点において関係している人々の進化の程度が生み出す結果であると得心しているからです。進化した魂は同情、思いやり、慈悲心、哀れみを覚えますが、苦痛は覚えません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【そうだと思います。私もそういう意味で申上げたのですが用語が適切ではありませんでした―】要するに理解が行き届かないから苦しい思いをするのです。十分な理解がいけば苦しい思いをしなくなります。また、すべきではありません。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【(別のメンバー)バイブルにはイエスは我々の為に苦しみを受けたとあります―】バイブルには事実でない事が沢山述べられています。いかなる人間も自分以外の者のために代って苦しみを受ける事はできません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
自分の成長を管理するのは自分一人しかいない―他人の成長は管理できないというのが摂理だからです。贖罪説は神学者が時代の要請に従ってでっち上げた教説の一つです。自分が過ちを犯したら、その荷は自分で背負ってそれ相当の苦しみを味わわなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そうやって教訓を学ぶのです。もし誰か他の者が背負ってあげる事ができるとしたら、過ちを犯した本人は何の教訓も学べない事になります。苦と楽、悲しみと喜び、平静さと怒り、嵐と晴天、こうしたものがみな魂の成長の糧となるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そうしたものを体験し教訓を学んではじめて成長するのです。その時はじめて宇宙が無限なる愛によって支配され、その愛から生み出された摂理に間違いはないとの自覚を得る事が出来るのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
“まず神の国と義を求めよ。さらばそれらのものもすべて汝のものとならん”(マタイ6・33)というのは真実です。その心掛けになり切れば、つまり宇宙の摂理に不動の、そして全幅の信頼を置く事ができるようになれば、人生で挫折する事はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
なぜならその信念が内部の霊力を湧き出させ、何事も成就させずにはおかないからです。その霊力を枯渇させ麻痺させる最たるものは“心配”の念です。

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
全幅の信頼心―盲目的な信仰でなく知識を土台とした完全なる信念は人生のあらゆる体験に心配も迷いも不安もなく立ち向かわせます。神の子である以上自分の魂にも至聖所があり、そこに憩う事を忘れない限り自分を焼き尽す火も吹き倒す嵐も絶対に無いとの確信があるからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
【すばらしい事です―】本当にそうなのです。本当にそうなのです。物質に包まれた人間にはその理解はとても困難です。魂そのものは知っていても、その物質による束縛がどうしても押し破れないのです。しかしそれを押し破っていくところに進化があるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
人生問題を霊の目で眺めれば、その一つ一つに落着くべき場がちゃんと用意されているのです。地上的な目で眺めるから混乱と困難と誤解が生じるのです。そこで私たちの出番が必要となります。即ち霊的真理の光をお見せするのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ナザレのイエスが“神の御国は汝自身の中にある”と述べたのは寓話でなく事実を述べたのです。神は全生命の中心です。宇宙は神が内在するが故に存在しているのです。地上のあらゆる存在物も神が内在するが故に存在しているのです。あなた方もミニチュアの神なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなた方の心掛け次第でその内部の力が成長し発展し開花するのです。その成長度合いを決定づけるのはあなた方自身です。他の誰も代ってあげる事はできません。それが地上生活の目的なのです。自分も神である事を自覚なさる事です。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
そうすれば神の御国(摂理)は他ならぬ自分の魂の中にある事を悟られるはずです。それは絶対に裏切る事がありません。無限の補給源である神の摂理に調和した生き方をしている限り何一つ不自由な思いも空腹も渇きも感じなくなります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
と言って必要以上のものは頂けません。魂の成長度合いに相応しいだけのものが与えられ、それより多くもそれより少なくも、それより程度の高いものも低いものも受けません。それ以外にありようがないのです。

↑トップへ↑

—–


12章 苦難にこそ感謝を

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私は霊的な目を通して眺める事ができるという利点のおかげで真理のさまざまな側面が見える立場にあります。あなた方は残念ながら肉体の中に閉じ込められているという不利な条件のために、私と同じ視点から眺める事ができません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
あなた方は物質をまとった存在です。身を物質の世界に置いておられます。それはそれなりに果たすべき義務があります。衣服を着なければなりません。家がなくてはなりません。食べるものが必要です。身体の手入れをしなくてはなりません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
身体は要請される仕事を果たすために必要なものをすべて確保しなければなりません。物的身体の存在価値は基本的には霊の道具である事です。霊なくしては身体の存在はありません。その事を知っている人が実に少ないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
身体が存在できるのはまず第一に霊が存在するからです。霊が引っ込めば身体は崩壊し、分解し、そして死滅します。この事を申上げるのは、他の多くの人たちと同様に、あなた方もまだ本来の正しい視野をお持ちでないからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ご自身の事を一時的な地上的生命を携えた霊的存在であるとは見ておられません。身体に関わる事、世間的な事を必要以上に重大視される傾向がまだあります。難しいという事は私もよく知っております。ですが、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―視野を一変させ、その身体だけでなく、住んでおられる地球、それからその地球上のすべてのものが存在できるのは霊のおかげである事、あなたも霊であり、霊であるが故に神の属性の全てを宿している事に得心なされば、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―前途に横たわる困難の全てを克服するだけの霊力を授かっている事に理解がいくはずです。生命の根元、存在の根元、永遠性の根元は霊の中にあります。自分で自分をコントロールする要領さえ身につければその無限の貯蔵庫からエネルギーを引き出す事が出来ます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊は物質の限界によって牛耳られてばかりはいません。全生命の原動力であり全存在の大始源である霊は、あなたの地上生活において必要なものを全て提供してくれます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その地上生活の目的はきわめて簡単な事です。死後に待ち受ける次の生活に備えて、本来のあなたであるところの霊性を強固にするのです。身支度を整えるのです。開発するのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
となれば、良い事も悪い事も、明るい事も暗い事も、長所も短所も、愛も憎しみも、健康も病気も、その他ありとあらゆる事があなたの霊性の成長の糧となるのです。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「スピリチュアリズムの真髄」です。この本は超超超上級者向けです。シルバーバーチ等を相当読み込んで基本レベルを突破してからでないと何が書いてあるのかさっぱり理解できないかも知れません。霊的知識に精通した自信のある方向けの本です(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その一つ一つが神の計画の中でそれなりの存在価値を有しているのです。いかに暗い体験も―暗く感じるのは気に食わないからにすぎないのですが―克服できないほど強烈なものはありません。あなたに耐えられないほどの試練や危機に直面させられる事はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その事実を何らかの形で私とご縁のできた人に知って頂くだけでなく、実感し実践して頂く事ができれば、その人は神と一体となり、神の摂理と調和し、日々、時々刻々、要請されるものにきちんと対応できるはずなのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
が残念ながら敵があります―取越苦労、心配、不安という大敵です。それが波長を乱し、せっかくの霊的援助を妨げるのです。霊は平静さと自身と受容力の中ではじめて伸び伸びと成長します。日々の生活に要請されるもの全てが供給されます。物的必需品の全てが揃います。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
大方の人間のしている事をご覧になれば、身体の必要性にばかりこだわって精神ならびに霊の必要性に無関心すぎるという私の意見に賛成して頂けると思います。身体へ向けている関心の何分の一かでも霊のほうへ向けて下されば、世の中は今よりずっと住みよくなるでしょう。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
一般的に言って人間は肉体の事はおろそかにしていません。むしろ甘やかしすぎです。必要以上のものを与えています。あなた方が文明と呼んでいるものが不必要な用事を増やし、それに対応するためにまた新たな慣習的義務を背負い込むという愚を重ねております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
肉体にとって無くてはならぬものといえば光と空気と食べものと運動と住居くらいのものです。衣服もそんなにあれこれと必要なものではありません。慣習上、必需品となっているだけです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私は決して肉体ならびにその必要条件をおろそかにしてよいと言っているのではありません。肉体は霊の大切な道具ではありませんか。肉体的本性が要求するものを無視するようにとお願いしているのではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私は一人でも多くの人間に正しい視野をもって頂き、自分自身の本当の姿を見つめるようになって頂きたいのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
まだ自分というものを肉体だけの存在、あるいは、せいぜい霊を具えた肉体だと思い込んでいる人が多すぎます。本当は肉体を具えた霊的存在なのです。それとこれとでは大違いです。

シルバーバーチ以外で僕が好きな書籍の紹介です。「ベールの彼方の生活 1巻~4巻」です。人間全員が100%暮らす事になる次の生活の場、霊界における様々な界層での生活の様子を言語で説明できる限りトコトン紹介した書籍です。地上生活中に絶対に知っておくべき知識の宝庫なのです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
無駄な取越苦労に振り回されている人が多すぎます。私が何とかして無くしてあげたいと思って努力しているのは“不必要な心配”です。神は無限なる叡智と無限なる愛です。我々の理解を超えた存在です。が、その働きは宇宙の生命活動の中に見出す事ができます。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
驚異に満ちたこの宇宙が、かつて一度たりともしくじりを犯した事のない神の摂理によって支配され規制され維持されているのです。その摂理の働きは一度たりとも間違いを犯した事がないのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
変更になった事もありません。廃止されて別のものと置きかえられた事もありません。今存在する自然法則はかつても存在し、これからも永遠に存在し続けます。なぜなら完璧な構想のもとに全能の力によって生み出されたものだからです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
宇宙のどこでもよろしい。よく観察すれば、雄大なものから極小のものに至るまでのあらゆる相が自然の法則によって生かされ、動かされ、規律正しくコントロールされている事がお分りになります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
途方もなく巨大な星雲を見ても、極微の生命を調べても、あるいは変転極まりない大自然のパノラマに目を向けても、さらには小鳥、樹木、花、海、山川、湖のどれ一つを取ってみても、ちょうど地球が地軸を中心に回転する事によって季節のめぐりが生まれているように、―

『シルバーバーチの霊訓⑥』
―全ての相との繋がりを考慮した法則によって統制されている事がわかります。種子を蒔けば芽が出る、このいつの時代にも変らない摂理こそ神の働きの典型です。神は絶対にしくじった事はありません。あなた方から見放さない限り神はあなた方を見放す事はありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私は、神の子すべてにそういう視野をもって頂きたいのです。そうすれば取越苦労もなくなり、恐れおののく事もなくなります。いかなる体験も魂の成長にとっては何らかの役に立つ事を知ります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
その認識のもとに一つ一つの困難に立ち向かうようになり、首尾よく克服していく事でしょう。その最中にあってはそうな思えなくても、それが真実なのです。あなた方もいつかは私たちの世界へお出でになりますが、こちらへ来れば感謝なさるのはそういう暗い体験の方なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
視点を変える事によって、暗く思えた体験こそ、その最中にある時は有難く思えなくても、霊の成長を一番促進してくれている事を知るからです。今ここでそれを証明してさしあげる事はできませんが、こちらへお出でになれば自ら証明なさる事でしょう。

「ペットは死後も生きている」ぜひこの書籍を手にとって“肉食”という食習慣について考えて頂きたいのです。そもそも僕達人間の身体は肉食動物として出来ておらず、植物食のみで全然普通に暮らしていけるよう出来てるのです。食肉用に“と殺”された動物たちの霊界での様子を知って頂きたいです(祈)

—–

『シルバーバーチの霊訓⑥』
こうした事はあなたにとっては比較的新しい真理でしょうが、これは大変な真理であり、また多くの側面を持っています。まだまだ学ばねばならない事がたくさんあるという事です。探求の歩みを止めてはいけません。歩み続けるのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
ただし霊媒の口をついて出るものを全部鵜呑みにしてはいけません。あなたの理性が反撥するもの、あなたの知性を侮辱するものは拒絶なさい。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
理に適っていると思えるもの、価値があると確信できるもののみを受入れなさい。何でもすぐに信じる必要はありません。あなた自身の判断力にしっくりくるものだけを受入れればいいのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私たちは誤りを犯す可能性のある道具を使用しているのです。交信状態が芳しくない時があります。うっかりミスを犯す事があります。伝えたい事の全てが伝えられない事があります。他にもいろいろと障害があります。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
霊媒の健康状態、潜在意識の中の思念、かたくなに固執している観念などが伝達を妨げる事もあります。その上に、私たちスピリット自身も誤りを犯す存在だという事を忘れてはなりません。死によって無限の知識の全てを手にできるようになる訳ではありません。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
地上時代より少しだけ先が見えるようになるだけです。そこであなた方より多くを知った分だけをこうしてお授けしたいと思う訳です。私たちも知らない事がたくさんあります。が、少しでも多くを知ろうと努力を続けております。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
より開けたこちらの世界で知り得た価値ある知識をこうしてお授けするのは、代って今度はあなた方が、それを知らずにいる人々へ伝えて頂きたいと思うからです。宇宙はそういう仕組みになっているのです。実に簡単な事なのです。

『シルバーバーチの霊訓⑥』
私たちは自分自身の事は何も求めません。お礼の言葉もお世辞もいりません。崇めてくださっても困ります。私たちはただの使節団、神の代理人にすぎません。自分ではその使命に相応しいとは思えないのですが、この依頼を受けた以上お引受けし、力の限り遂行しているのです。

イエス様の連続顕現の中、僕はある決断をし、声に出して宣言しました。それは僕がずっと×100 待ち望んでいる帰幽に関する決断でした。現在僕の帰幽にまつわる状況が非常に混沌としてまして説明できません。もう少ししたら状況がハッキリするかも知れません。信深く心静かに待つのです(祈)

↑トップへ↑