【5/8】2012~2013年ごろに撃った霊関連書籍の内容の抜粋です(祈)†

Pocket

—–二章5
『ベールの彼方の生活①』
【天界の祝祭日 一九一三年十月六日 月曜日】この度の“収穫感謝祭”はまたずいぶん楽しかったではありませんか。あなたは気づかなかったようだけど私たちはずっとあなたの側にいたのですよ。忙しくて私たちの事を考える余裕がなかったのでしょうけど。

『ベールの彼方の生活①』
地上にいる方々と共に礼拝に参加して何らかのお役に立てるのは嬉しいものです。驚かれるかも知れませんが、こちらの光明界でも時おりあなた方と同じような儀式を行い豊かな稔りを神に感謝する事があります。

『ベールの彼方の生活①』
地上の同胞の感謝の念を補うためでもあり同時に私たち自身の霊的高揚のためでもあります。こちらには地上のような収穫はありません。ですがそれに相当する他の種類の恵みに感謝する儀式を取り行うのです。

『ベールの彼方の生活①』
例えば私たちは周りに溢れる美と、仕事と向上への意欲を与えてくれる光明と愛を神に感謝する儀式を行います。そのような時には大抵高い界からの“顕現”が見られます。その一つをこれからお話しましょう。川のある盆地で聖餐式(ユーカリスト)を催していた時の事です。

『ベールの彼方の生活①』
流域に二つの丘がその川を挟むような形で聳えております。私たちは讃仰と礼拝の言葉を述べ頭を垂れ、こうした時に必ずみなぎってくる静かな安らぎの中で、その日の司祭を勤められている方からの祝福の言葉を待っておりました。

『ベールの彼方の生活①』
その方は丘の少し高い位置に立っておられるのですが何一つおっしゃらないので私たちはどうしたのだろうと思い始めました。暫くして私たちは頭を上げました。まるで“内なる声”に促されたように一斉に上げたのです。

『ベールの彼方の生活①』
見ると司祭の立っておられる丘が黄金色の光に包まれ、それがベールのように被さっておりました。やがてそのベールがゆっくりと凝縮し司祭の身体のすぐ周りに集まってきました。司祭はそうした事にも一切気づかないような態度で立っておられます。

【過去コメ】さっき少し疲れて机に突っ伏してた時「みんな向う行って!」という地縛霊たちを僕に近づけさせないようガードして下さってる声を霊聴で聞いたのですが、あれ?いつもの指導霊の男性の声じゃない。どちら様でしょう?いつもの指導霊の方はどうしたんでしょう?分りませんがとにかくガード感謝です(祈)
—–

『ベールの彼方の生活①』
その時ようやく我に帰られ、その光のベールの中から出て私たちの方へ近づき“少しお待ち下さい。高き界から降りてこの儀式にご臨席になっておられる方のお姿を拝する事が出来ます”とおっしゃいました。そこで私たちは有難い気持でお待ちしました。

『ベールの彼方の生活①』
こちらではおっしゃった事は必ず実現するのです。見ると、凝縮していた光が上昇して流域全体を覆い、さらに止まる事なく広がり続けてついに天空を覆い尽し、覆ったかと思うと今度はゆっくりと下降してきて私たちを包みました。

『ベールの彼方の生活①』
私たちはまさに光の海―私が本来属する界の光よりも遥かに明るいのですが柔らかくて心地よい光の海―に浸っておりました。浸っているうちにその光で視力が増し、やがて目の前に約束の影像が展開するのが見えてきました。まず二つの丘が炎のように煌々と輝き始めました。

『ベールの彼方の生活①』
よく見ると両方の丘が“玉座”の側部ないしは肘掛となりその周りがイザヤ書と黙示録の叙述を髣髴とさせるように虹の色に輝いておりました。しかし玉座におられる方の真の姿は私たちには見えません。少なくとも形体をまとったお姿は見えません。

『ベールの彼方の生活①』
私たちの目に映ったのは父なる存在を示すための顕現の一つでした。そして丘の中腹の台地―そこがちょうど玉座の“座”の位置になります―のところに大勢の天使が集まっており、側にある大きな揺り籠の中を覗き込む姿で礼拝しているのです。

『ベールの彼方の生活①』
その揺り籠の中に一人の子供がいて天使団に向って微笑んでおります。やがてその子供が両手を高々と伸ばしますと天空から一条の光が射し込んだように見えました。見るとその子供の両腕の中に黄金色に輝く一個の球体が降りてまいりました。

『ベールの彼方の生活①』
すると子供が立ち上がってそれを左手で捧げ持ちました。それは生命の光で躍動しキラキラと輝き燃えさかり、いやが上にも明るさを増してついにはその球体と子供以外は何も見えなくなり、その子の身体を貫いて生きた光が放射されているように見えました。

皆さん、イエス様は地上人類に霊的知識が広がる事を切に切に願っておられます。僕というしょぼいチャンネルを介して強烈に御意志を示されておられます。どうでしょう、シルバーバーチを始めとした霊関連書籍に目を通してみませんか?僕たちはそろそろ大切な霊的真理に目覚めてもいいと思うんです(祈)
—–

『ベールの彼方の生活①』
やがてその子は球体を両手で持ち、それを真二つに割り、その割れた面を私たちの方へ向けました。一方にはピンクの光線が充満し、もう一方には青の光線が充満しております。よく見ると後者には天界の界層が同心円状に幾重にも画かれており、―

『ベールの彼方の生活①』
―その一つ一つが輝くばかりの美しい存在に満ち溢れております。その輝きは内側ほど強烈で外側になるほど弱まりますが、私たちの目には外側ほど鮮明に見えます。それは私たちの界がそれに近いからです。

『ベールの彼方の生活①』
一番中心部になると光輝が強すぎて私たちには何があるのか全然見えません。反対に外側の円は私たちの界層である事が判りました。もう一つのピンクの半球はそれとは違って中に何の円も見えませんが、地球を含めた惑星上の動植物の全ての種が見えます。

『ベールの彼方の生活①』
最も、あなた方が見ているものとは少し様子が異なり完成された姿をしております。人間から最下等の海の動物までと、大きな樹木や美味な果実から小さな雑草までがありました。

『ベールの彼方の生活①』
私たちが暫くそれを見つめていると、その子が両半球すなわち荘厳なる天界と完成された物質界とを一つに合わせました。合わさったとたんに継ぎ目が見えなくなりどっちがどっちだか見分けがつかなくなりました。

『ベールの彼方の生活①』
ところが見る間にそれが大きくなり始め、ついに子供のてから離れて浮上し、天空へ向けて少しばかり上昇したところで止まりました。美事な光の玉です。その時です。その玉の上にイエス・キリストの姿が現れたのです。左手に十字架を持っておられます。

『ベールの彼方の生活①』
その一番下の端は球体の上に置かれ、一番上は肩の少し上あたりまで来ております。右手で先ほどの子供を支え持っておられます。見るとその子供の額のところに紐状の一本の黄金の環が冠せてあり、胸のあたりには大きなルビーのような宝石が輝いております。

現在「ベールの彼方の生活」も抜粋してますが、シルバーバーチは何巻から読み始めても全く問題ない書籍ですが、ベールの彼方の生活については「続き物」的なところがありますので、1巻から順に読み進めて知識を得つつ4巻に到達するという読み方が良いと思います。最高にオススメなのです☆(祈)
—–

『ベールの彼方の生活①』
そう見ているうちに光の玉はゆっくりと天空へ向けて上昇し始め、視界の中で段々小さくなって行き、ついに二つの丘の中間あたりの遥か上空へと消えて行きました。そこで全てが普通の状態に戻りました。

『ベールの彼方の生活①』
仲間たちと一緒に腰を下ろして今見たものに感嘆し合い、その意味を考え合いました。が、こうではないかといった程度の事を言い合うだけで確信をもって述べられる者は一人もいませんでした。その時ふと司祭の事を思い出しました。

『ベールの彼方の生活①』
光に包まれ、見た目には私たちより遥かに強烈な影響を受けたように思いました。見ると司祭は岩の上に腰掛けておられ静かな笑みを浮かべておられました。何だか私たちが最後にこうして自分のところへやってくる事を見越して思い出すのを待っておられたみたいでした。

『ベールの彼方の生活①』
司祭は私たちにもう一度座るように命じられ、それから先ほどの幻想的シーンの説明を始められました。実は司祭は既にあの現象についてあらかじめ説明を受けておられ、それを私たちに授け、より高尚な意味、より深い意味については私たち自身でよく考え、―

『ベールの彼方の生活①』
―自分なりの理解力に応じたものを摂取する事になっていたのです。今回のような手段による教育が授けられる時はいつもそうなのです。ピンクの半球は私たちの界より下層の世界の創造を意味し、青の半球は私たちの界および上層界の創造を象徴しておりました。

『ベールの彼方の生活①』
が両者は“二種類の創造”を意味するのではなく、実は全体として一つであって二つの半球にも他の小さな区分にも隔たりはないという事を象徴していました。子供は始まりと進歩と終りなき目的を具象化したもので要するに私たちの限りなき向上の道を象徴していた訳です。

『ベールの彼方の生活①』
ルビーは犠牲を象徴し、黄金の環は成就を象徴し、光球が上昇した事、そこへキリストが出現し片手に子供を捧げ持った事は、現在の私たちには到達できない高い界層への向上心を鼓舞するものでした。もちろん以上は概略であってまだまだ多くの意味が込められております。

『ベールの彼方の生活①』
さっき述べたようにそれをこれから自分で考えて行く事になっている訳です。私たちの慣習としてそれをこれから先、折に触れて発表し合い議論し合う事になりましょう。【どうも有難うございました。ここであなたに尋ねて欲しいという依頼のあった質問をさせて下さい―】

『ベールの彼方の生活①』
お書きになるには及びません。あなたの心の中を読取る事ができますから。その言葉も書かれる前から判っておりました。Eさんが教会の祭壇で見かけたというハトは私が今述べた類の一種の“顕現”です。あの儀式には目に見えない集会も催されておりました。

『ベールの彼方の生活①』
祭壇の周りに大勢の霊がいて受入れる用意のある人にはいつでも援助を授けようと待機していたのです。その霊たちの心の優しさがハトとなって具現化して人を怖がる事なく飛回っていたのです。

『ベールの彼方の生活①』
進歩の遅れた人にとってはそうした恐れを知らない純真さを高級霊の前で維持する事は容易にできる事ではありません。その輝かんばかりの崇高さが時として僅かながらも持っている彼らの徳を圧倒してしまい、気の毒な事ですが疑いを宿す者を怖気させる事があるのです。

幽体離脱時「ピーチピチ(佳子)」「ケコーン」に関するかなりダイレクト表現の映像を霊団が降らせてきました。ご報告のみ(祈)† 「ピーチピチ(佳子)ケコーン」に関する霊団のメセ、まだ少しあるのです。ブログ書くべきでしょう(祈)†
「フラー女」霊団が見せてきた超特殊映像をクロッキーに描いてみました。これが実は意味が深いのです(祈)† 「ゆがめられた過去、作られていました」ピーチピチ(佳子)の人生がウソに書き換えられていたという意味です(祈)†
「白い宗教」中身ゼロのカラッポ宗教の映像を霊団が再び降らせてきましたが何とイエス様が登場です(祈)† 「文仁、悠仁の逃亡」秋篠宮の最後とも言える映像を霊団が降らせてきました。逃がす訳ないだろ(祈)†

HOME | ピーチピチ(佳子) | 切断死体の撮影 | 処刑遊び | コイツら死刑 | 暗殺 | 放火 | Dreamwork | Profile | アナログ絵 | フラー | 全ブログURL | 霊関連書籍 |

カテゴリー: 未分類   作成者: たきざわ彰人(霊覚者) パーマリンク

たきざわ彰人(霊覚者) について

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)† WordPress固定ページ ピーチピチ(佳子) https://wp.me/Pa9cvW-1uK 神 https://wp.me/Pa9cvW-1Ri 切断死体の撮影 https://wp.me/Pa9cvW-qD 僕 https://wp.me/Pa9cvW-qH 暗殺 https://wp.me/Pa9cvW-1vQ コイツら死刑 https://wp.me/Pa9cvW-2 処刑遊び https://wp.me/Pa9cvW-tV Dreamwork https://wp.me/Pa9cvW-u7 画家作品 https://wp.me/Pa9cvW-15V 葛飾北斎の墓 https://wp.me/Pa9cvW-16v 山駆けるヒカリ https://wp.me/Pa9cvW-18V フラー https://wp.me/Pa9cvW-1s3 Twitter https://twitter.com/cecoboku47 Instagram https://www.instagram.com/akito_takizawa/ ar7ブログ http://ar7.blog.fc2.com/archives.html アナログ絵 https://wp.me/Pa9cvW-1Nu Piwigo(画像) http://ar7.sakura.ne.jp/piw/ 新Flickr https://www.flickr.com/photos/140660897@N02/ 旧Flickr https://t.co/f6aPjCY1XP Pinterest https://www.pinterest.jp/ar7akitotakizawa/ FC2動画 https://video.fc2.com/account/66394803 Youtube https://bit.ly/2zNRSOj Tumblr https://www.tumblr.com/blog/ar7akitotakizawa note https://note.mu/ar7 はてブ http://b.hatena.ne.jp/ar7-akito-takizawa/bookmark Linkedin https://bit.ly/2uP9oMT Mastodon https://switter.at/@akito Pleroma https://3.distsn.org/akito Boofion https://boofion.appspot.com/user/ar7akito BELUGA https://beluga.cx/ gnusocial https://quitter.es/ar7 霊関連書籍 https://wp.me/Pa9cvW-1P1 最強アーカイブ https://wp.me/Pa9cvW-Zm ある青年 http://petennou666.blog.fc2.com/archives.html 日本の象徴は「富士山」であり、断じて強姦殺人魔ではありません。 The symbol of Japan is "Mt. Fuji", it is not a rape murderer at all. 日本の天皇一族は強姦殺人魔です。死刑にしましょう。 The Emperor family in Japan is a rape murderer. Let's make a death penalty.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 3 =