処刑遊び

Pocket

【処刑遊び】について、深いレイヤーまで掘り下げて徹底的に解説してみようと思います(祈)†

【“処刑遊び”について、深いレイヤーまで掘り下げて徹底的に解説してみようと思います(祈)†】以前霊団が降らせたインスピレーション【処刑遊びをした】について、既にブログも書いていますが(過去ブログはコチラ→ t.co/Oy1SF7L4Sa

僕はこれまで霊団から、天皇一族の悪の正体について本当にたくさんの情報を受け取らせて頂いていますが、現在はその情報を元に、過去ブログでは書かなかった“さらなる理解”に到達するに至っています。今回は、天皇一族が【処刑遊び】と称して、奴隷の女の子を“遊び”で強姦殺人する様子を、→

→僕にできる限りのパワーを込めて、徹底的に深いレイヤーまで掘り下げて解説をしてみたいと思います。まず、奴隷の女の子たち(赤ちゃん)は年に1~2人のペースでコンスタントに盗まれ、幼い時から天皇一族(明仁、徳仁、文仁、悠仁)にレイプされながら順次成長し、→

→12~13歳で殺害の時期を迎えます。(アナログ絵111)この、年に1~2回行われる「奴隷の女の子の殺処分」ですが、これは間違いなく天皇一族男子にとってお楽しみの【お祭り的行事】であるはずです。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

大好物である「女の子の死肉」を得るための、そして何より「強姦殺人」を徹底的に楽しみ尽くすための待ち遠しいイベントであるはずです。なのでこの【処刑遊び(奴隷の女の子の殺処分)】のイベントには、天皇一族(明仁、徳仁、文仁、悠仁)は間違いなく喜んで全員参加という事になります。

そして地下の部屋から殺す予定の女の子をひとり連れてきます。他の女の子たちは「お姉ちゃんを連れて行かないで!お姉ちゃんを殺さないで!」と泣き叫ぶはずですが、幼い奴隷の女の子たちの悲痛な叫びを一切無視して、天皇一族男子は笑みを浮かべながらひとりの女の子を「処刑場」→

→要するに四肢切断する部屋へと連れて行きます。そこで天皇一族男子4人は全員集合し、アナログ絵110に描いたような、人間の所業とは思えない四肢切断を実行に移す訳ですが、インスピレーション「四肢切断するの楽しいよ」にもありますように→

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

→天皇一族男子(明仁、徳仁、文仁、悠仁)は、恐怖に泣き叫ぶ女の子の手足を、麻酔も使用せずに電動のこぎりで切断する、その蛮行が楽しくて楽しくて仕方ないのです。「この遊びができるのは俺たちぐらいのもんだ」そういう思いがあるのでしょう。この悪魔4人に取り囲まれて、→

→誰も助けてくれる人もなく、いくら泣き叫んで懇願しても聞いてもらえず、悪魔4人は喜びながら笑いながら自分の手足を切ってくる…この奴隷の女の子の心境、そして絶望はどれほどのものでしょうか。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

女の子を恐怖と悲しみと絶望の底に叩き落とす事に最大級の喜びを感じる天皇一族男子(明仁、徳仁、文仁、悠仁)は、間違いなく【人間ではない】と言い切る事ができます。そして四肢切断が終わり、撮影等の作業を経ていよいよ強姦殺人へと移る訳ですが、皆さま…改めて【処刑遊び】という言葉…→

→この深い言葉の意味をじっくりとお考え頂きたいのです。宜しいですか?【遊び】ですよ。女の子を殺すのが、処刑するのが【遊び】なのですよ。明仁(あきひと)徳仁(なるひと)文仁(ふみひと)悠仁(ひさひと)は、奴隷の女の子を【遊び殺す】のです。

えー、これから書く内容は、霊団からのインスピレーションに基いたものではありませんが、何しろ【処刑遊び】ですから、間違いなくこういう蛮行であるはずだ、という相当の自信をもって深いレイヤーまで書かせて頂きます。まず、四肢切断姿の奴隷の女の子を強姦殺人するにあたり、→

→悪魔4人は【レイプ】【胸を揉む】【首を絞める】【ナイフで刺す】の4つのパートに分かれ、順次ローテーションしながら、ひたすらに、ひたすらに、それこそ1日中【処刑遊び】を行うものと思われます。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

※明仁(あきひと)はレイプより殺害そのものに快楽のベクトルがシフトしていますので(年1~2回の女の子の殺害だけでは頻度が足りずに満足できず、その分、子猫も高頻度に殺していますので)首を絞める、ナイフで刺す、この2パートをメインに処刑遊びをしている事が予測されます。

まず、四肢切断姿の女の子の「首の絞め方」ですが、手、もしくはロープで(たぶんロープでしょう)首を絞めます。その間、女の子は他の男子にレイプされ、胸を揉まれている状態ですよ。その状態で女の子の首を力いっぱい締め上げます。奴隷の女の子は呼吸ができずに悶え苦しみます。

その苦しむ様子を見て悦に浸りながらさらにレイプは続けられます。さらに僕の予測ですが、首を絞められて呼吸ができずにいる女の子の顔や身体に「ビンタ」もしているのではないかと予測します。女の子が苦痛に顔を歪め、泣き叫ぶ様子がこの悪魔たちはたまらなく好きなのですから、→

→当然考えられる限りの暴行、暴力を女の子に対して加えている事でしょう。そしていよいよ女の子の顔が青ざめ、呼吸が今にも止まる、今にも死に至る…その1歩手前で“フッ”とロープを緩めます。女の子はギリギリのところで命を取り留め再び呼吸を取り戻します。

そして悪魔男子4人は4つのパートをローテーションして、新たな男子が再び女の子の首を力いっぱい絞め始めます…。皆さま、お分かりになりますよね?【処刑遊び】ですよ。女の子の生命を【オモチャ】【遊び道具】にしているのですよ。簡単には殺さないのです。徹底的に遊び倒すのです。

そしてもうひとつ「ナイフで刺す」方法ですが、要するに女の子を殺しそうで殺さない状態にさせて、泣かせて怯えさせて遊んでいる訳ですから、その刺し方は「死なない程度に浅く刺す」という刺し方になるでしょう。レイプされ、胸を揉まれ、首を絞められている女の子の身体(例えば肩などを)→

→ナイフで刺します。そして出血させます。が、大出血まではさせません。目的は女の子に痛みを与え、恐怖で泣かせる事ですから、致命傷になるような刺し方はせず、同じ傷口をネチネチと何度も刺し、肉をえぐって痛みを与え、泣き叫ばさせる、という感じでしょう。

心臓を刺してトドメを刺すのは【処刑遊び】の最後の最後です。この悪魔4人にとっては、女の子が泣き叫んでくれないと面白くない、レイプのし甲斐がない訳ですから、時間をかけてじっくりと、身体のあらゆる部分を刺して傷をつけ、痛みに悶絶させ、その状態でレイプを続けるのです。

それが悪魔4人には楽しくて仕方ないのです。とにかく簡単には殺しません【処刑遊び】1日中かけて、じっくり!たっぷり!レイプしまくり遊びまくり、強姦殺人を隅から隅まで徹底的に堪能しまくるのです。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

えー、実は以前トランス時に、奴隷の女の子が明仁(あきひと)に眼球をくり抜かれるイメージも霊視に拝しているのです。何しろ【処刑遊び】ですから、ひょっとしたら本当に女の子の眼もナイフでくり抜いて遊んでいるのかも知れません。もう一度言います、コイツらは人間ではありません。

以前受け取らせて頂いたインスピレーション「何の良心の呵責もない」が、改めて胸に突き刺さります。明仁(あきひと)徳仁(なるひと)文仁(ふみひと)悠仁(ひさひと)は、奴隷の女の子を全く人間扱いしていないのです。女の子の人格、存在を一切認めず、オモチャとして遊び殺しているのです。

本当に霊団が降らせた【地球ワースト1】の意味もしみじみと感じさせられますが、ここでひとつ、霊的知識から見地を述べさせて頂きますが、奴隷の女の子たちは、初潮を迎えた状態でレイプされますので当然「妊娠」もさせられています。そして僕たち人間は【受胎の瞬間】に人間としての個的存在を→

→獲得します。つまり、母親のおなかから生まれ落ちた日がその人間の生命の誕生の日ではなく、精子と卵子が結合した瞬間が、その人間の生命の誕生の瞬間であるという事です。おなかの中の赤ちゃんは、その時点で立派に“人間”なのです。つまり“堕胎”は殺人という事になります。

そして天皇一族男子4人は、これまで150~200人の奴隷の女の子を殺してきていると霊団から情報を得ていますが、例えばこの悪魔4人が、これまでの人生で合計200人の女の子を処刑遊びで強姦殺人してきたとしましょう。するとその殺した女の子のおなかの中には間違いなく赤ちゃんが→

→いた訳ですから、この悪魔4人は、その赤ちゃんをも殺しているという事になる訳です。つまり200人×2で、400人を殺しているという事になります。盗んだ奴隷の女の子たちも日本国民です。天皇一族(明仁、徳仁、文仁、悠仁)は、国民を笑いながら遊びで殺しまくっているのです。

殺すのが楽しくて仕方ないのです。そして救い難い事に【人食人種】殺した女の子の死肉が大好物で、その肉を食べ続けるためにコンスタントに、能動的に、積極的に女の子を強姦殺人するのです。以前トランス時に、電子ロックのついた冷凍庫の扉が開かれ、防寒服を着た宮内庁職員が様々なタイプの肉を→

→冷凍庫内に運び込んでいる映像も拝した事があります。つまり天皇一族は、大好物の人肉を切らさないように、毎日食べ続けられるように邸内地下の冷凍庫内に常時冷凍保存しているという事です。つまり日々の食糧、人肉を確保するために高頻度に女の子を殺し続けているという事です。

奴隷の女の子たちは“家畜扱い”という事です。はい、皆さま、この悪魔4人(明仁、徳仁、文仁、悠仁)が【処刑遊び】と称して女の子を遊びで強姦殺人しまくる、その様子を僕にできる限りのパワーを込めて徹底解説させて頂きました。いかがだったでしょうか。

宜しいですか?【殺し】が【遊び】なのです。この悪魔4人にとって奴隷の女の子は【人間】ではないのです【オモチャ】なのです。特に徳仁(なるひと)は、ヨーロッパ方向から盗んだ金髪の奴隷の女の子を『ブタ』と呼んでいます。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

この1エピソードからも、天皇一族が女の子たちを全く人間扱いしていない事が伺えますね。しかし皆さま、僕たち地上人はひとりの例外もなく【神】から【神性の火花】を賜って個的存在を獲得したのです。つまり僕たち人間は神を共通の親とした霊的同胞、霊的大家族であり、→

→よって僕たちは神の御前において絶対的に平等であり、ある人間がある人間より優れており、神から強姦殺人を認められているなどという事は断じてないという事です。【神の因果律】は完璧な公正をもって機能します。そこにみっともない執行猶予はありません。

たとえ地上の法律が裁かなくとも、神の因果律がこの強姦殺人魔、天皇一族を地獄の底の底へ確実に落とします。その因果律の効果域は地上生活中だけではありません。肉体を脱いで粗雑な低い波長の幽体をまとってから真実の地獄がやってくるのです。

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†

帰幽して肉体を脱ぎ、幽体をまとった天皇一族男子は、その幽体の低い波長と、下層界の低い波長が「波長の法則」によって引かれ合って、自動的に暗黒へ突き落されていくのです。(参考はコチラ→ akito-takizawa.tumblr.com/post/145380268510/

皆さま、僕は2012年12月で帰幽が決定していた男です。地上を離れる事が決まっていたのです。地上学校の卒業証書を既に頂いているのです。修行の果てに、物質界などという理不尽で鈍重で陳腐な世界を離れて、自由で幸福な境涯で生活できるチケットを手に入れていたのです。

しかしその僕をイエス様は【怒涛の連続顕現】で地上に残されました。なぜイエス様は、僕に“怒涛のお願い”をせねばならなかったのでしょう?行動には動機があります。イエス様にはその必要があったのです。イエス様には、僕に地上に残ってどうしてもやって欲しい仕事があったのです。

そしてそれは、この地上で僕にしかできない仕事だったのです。詳しくはコチラ(怒涛の連続顕現の意味→ t.co/Dxj311gew9)イエス様はじめ高級霊の方々が、僕という霊の道具を駆使して、この究極の邪悪である天皇一族を滅亡させるのです。

もう既に【イエス様ハンドリング完全勝利】であり、強姦殺人魔、人食人種である、明仁(あきひと)徳仁(なるひと)文仁(ふみひと)悠仁(ひさひと)の未来は【死刑】か【自殺】以外にありません。たとえこの通りにならなかったとしても、先ほども説明しましたように【神の因果律】は→

→地上生活を越えて霊界生活をも包摂して機能しますので、地上で罰を浴びずに済んでも帰幽後に真実の地獄が待っているという事になります。逃げ道などありません。この宇宙は【神の身体】です。僕たちは今この瞬間、神の御胸に抱かれて存在しているのですから、神の因果律の効果範囲外の世界→

→などというものは存在しません。女の子を遊びで殺しまくる明仁(あきひと)徳仁(なるひと)文仁(ふみひと)悠仁(ひさひと)は、100%地獄に落ちます。それ以外の未来はないのです。今回のブログでは、この悪魔4人が【処刑遊び】と称していかに奴隷の女の子にヒドイ蛮行を繰り返して→

→いるかについて、僕なりに徹底的に解説させて頂きました。インスピレーション「現時点で究極のバカ」とも霊団は仰っています。天皇一族男子は、3千余年の人類史上に残る究極の恥晒し一族として燦然と名を残す事になります。つまり人類史上最大のバカという事です。

【イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)】により、人類の恥、地球のガンである、明仁(あきひと)徳仁(なるひと)文仁(ふみひと)悠仁(ひさひと)は滅亡する事になります。そして霊団が僕という霊媒を使用して交霊会を執り行います。霊団が僕を使用する準備はとっくに!とっくに!→

→整っているのです。さぁ人類の恥を消滅させ、霊的仕事を行いましょう。日本に新時代の霊言を降らせましょう。その霊言が皆さまの人生のお役に立つ事を、僕、たきざわ彰人は祈らずにはいられません(祈)†

日本の天皇一族、明仁、文仁、徳仁、悠仁は【強姦殺人魔】です。「死刑」にしましょう(祈)†